« 今週の近況 2月その3 | トップページ | 今週の近況 3月その1 »

2012年2月23日 (木)

今週の近況 2月その4

こんばんはsmile

今週の近況ですが、またも脱落者が出てしまいました。

キャトルマンが兄マーチに続き裂蹄に…
今のところ様子見状態ぽいので、同じ裂蹄で長期休養を余儀なくされてる兄マーチに比べるとましっぽいのですが…年齢的にも長期休養を余儀なくされることになると…ヤバいことに
(;・∀・)

とにかく症状が軽いことを祈るばかりです。


そして、フレールくんまでもが種子骨部分の靱帯が少し傷んでいるとのことで、北海道に放牧に出されることになってしまいました。
まぁ、フレールくんに関しては、いずれにしても春は全休くらいの覚悟はしていたので、これもいい休養期間ととらえて、立て直してる間に馬体も成長してくれたらいいですねぇ。
精神的にもね(笑)


てなわけでクラブコメントです。

◆キャトルマン◆

2/21 NF天栄
■トレッドミル調整を行っています。

「これまでコンスタントに乗ってきましたが、時期的なところもあるのか以前から見られる蹄の不安が出ていて、左の内側を裂蹄して出血もしています。
しっかりケアをしていけば乗れなくはないのですが、負担がかかりすぎると落ち着きにくくなる部分でもあるので現在はトレッドミルで様子を見ています。
今のところ普段はトレッドミルにして、速いところだけしっかり乗るという形でメリハリをつけた調整をしていければと考えているところです」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆

2/21 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「蹄のこともありますので本格的な調教へ移行するにはまだだいぶかかるでしょうし、乗り手分の負担を軽減するように騎乗調教はまだ控えて、現在はトレッドミルで軽めのキャンターペースで動かすまでにとどめています。
この時期はどうしても蹄の発育に時間を要してしまいがちな環境ですから、慌てないことが何より大事になりますね」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

2/23 音無厩舎
■22日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒6−41秒3−28秒8−15秒1)

23日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路で馬なり程度にサラッと時計を出していますが、重くなった馬場を考えてもそれなりに動けていたと思いますし、状態は悪くないでしょう。
脚元の皮膚も悪化することはないですし、再来週のレースに向けて順調に進めていけると思います。
出馬状況は何とも言えない部分がありますが、来週のレースで除外権を取れるような場合は、特別登録だけさせてもらう可能性もあります」
(音無師)

3月10日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

2/21 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「この中間、左前脚の球節回りがムクんでいたので念のために検査を行ったところ、種子骨部分の靱帯が少し傷んでいることが分かりました。歩様に見せるわけではありませんが、先週お伝えした腰からトモにかけての疲れも気になっているので、ここは無理せず一度時間をかけて立て直した方が今後のためにもいいように思います。
友道調教師とも相談をしましたが、近々北海道に戻して2、3ヶ月ゆっくりさせることを検討しているところです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

2/22 石坂厩舎
■22日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒3−40秒2−27秒6−14秒4)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
攻め駆けする相手を追走しながらだったので、終いは少し時計を要しましたが、今朝の重い馬場で4ハロン54秒3なら全体の時計は合格点と言えます。
1週前でビッシリと負荷をかけられたことは収穫ですし、来週は終い重点にやりたいですね。
先週末の雪で馬場が凍ったこともあって、トモ脚の繋の部分がちょっと皮膚荒れしているので、しっかりとケアをして調整を続けていきます」
(大井助手)

3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆プレレフア◆

2/21 NFしがらき
■坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週から坂路調教を開始しました。ソエの状態は安定していますし、歩様も問題ありません。馬体に張りがあっていい雰囲気ですから、引き続き脚元の状態を見ながら徐々にペースを上げて行ければと思っています」
(NFしがらき担当者)

« 今週の近況 2月その3 | トップページ | 今週の近況 3月その1 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 2月その3 | トップページ | 今週の近況 3月その1 »