« タテジマファミリー2011の蹄跡 | トップページ | 新年 »

2011年12月29日 (木)

タテジマ的年度代表馬

今年は競馬界にもいろんなことがありました。
大震災による開催中止。
ヴィクトワールピサドバイワールドカップ優勝。
三冠馬誕生。
皇帝ルドルフ、短距離王バクシンオーが亡くなる。
夢馬券WIN5発売。
タテジマファミリー重賞制覇。

などなど暗いこと、明るいこといろんなことがあった2011でした。
そんな2011年を振り返り、今年も独断と偏見によるタテジマアワード年度代表馬を発表します。

◆最優秀2歳牡馬
アルフレード

主な勝ち鞍:朝日杯フューチュリティステークス

タテジマコメント
■ほんとはね、ほんとはね、ラジニケ勝ちの愛馬アダムスピークといいたいとこなんだけど、タイレコードでG1勝たれちゃ仕方ない。
どちらも無事に春を迎えて欲しいですね。クラシックでの対決が楽しみです!
負けないぞ(`・ω・´)

◆最優秀2歳牝馬
ジョワドヴィーヴル

主な勝ち鞍:阪神ジュベナイルフィリーズ

タテジマコメント
■引退した姉ブエナビスタの分も来年は頑張って欲しいですね。


最優秀3歳牡馬
オルフェーヴル

主な勝ち鞍:三冠、有馬記念

タテジマコメント
■有馬記念で現役最強を証明。もはや多くは語るまい。怪物です。

◆最優秀3歳牝馬
アヴェンチュラ

主な勝ち鞍:秋華賞

タテジマコメント
■桜花賞はマルセリーナ、オークスはエリンコートでしたが、女王杯であのスノーフェアリーに続く2着に入ったアヴェンチュラがやっぱり強いと思います。はやくケガから復活してほしいですね。


最優秀4歳以上牡馬
ヴィクトワールピサ

主な勝ち鞍:ドバイワールドカップ

タテジマコメント
■この部門は春天ヒルノダムール、宝塚アーネストリー、秋天トーセンジョーダンが勝って本来ならばJCも2着したトーセンになる…もしくはトランセンドというところでしょうが、ここはタテジマアワードらしく、日本馬初世界ナンバーワンとなった偉業に敬意を表してヴィクトワールで。大震災で沈んだ日本に元気を与えてくれました。
でも、有馬記念後引退が発表されました。お疲れ様。夢を元気をありがとう!

◆最優秀4歳以上牝馬
ブエナビスタ

主な勝ち鞍:ジャパンカップ

タテジマコメント
■G1、6勝の歴史的名牝とブエナビスタも有馬記念をもって引退しました。
昨年のJCの雪辱を晴らした今年のJCは感動的でしたね。昨年のいまいち釈然としない降着がなければG1、7勝ですよ。JC連覇ですよ。ホントに偉大な牝馬です。
有馬のあとの引退式、照明の加減でしょうけど、真っ黒な瞳になんか涙が浮かんでるように見えました。
お疲れ様でした。

最優秀短距離馬
リアルインパクト

主な勝ち鞍:安田記念

タテジマコメント
■この部門は宮記念キンシャサノキセキ、スプリンターSカレンチャン、マイチャンエイシンアポロンが勝ちました。本来ならサマースプリントも優勝したカレンチャンになるのかも知れないけど、タテジマアワード的には史上初3歳馬にして安田記念制覇という歴史的快挙を重くみました。ダービーをスルーし安田記念参戦という関係者の英断に拍手です。今後のマイル適性の3歳馬の使い方が変わるかも知れませんしね。

◆最優秀ダートホース
トランセンド

主な勝ち鞍:フェブラリーS、マイルチャンピオンシップ南部杯、ジャパンカップダート

タテジマコメント
■この部門にはスマートファルコンっていう、中央馬なのに中央で見たことない最強の王者がいるんだけど、そちらも考えましたが、やっぱりドバイワールドカップ、ヴィクトワールに続く2着っていうのが大きいです。

最優秀障害ホース

マジェスティバイオ

主な勝ち鞍:中山大障害

タテジマコメント
◆今年の春の名物レース中山グランドジャンプは大震災の影響で7月に行われましたね。その中山グランドジャンプはマイネルネオスが勝ちました。マジェスティバイオは東京ジャンプS春秋制覇しましたが、中山の大障害でも強さを見せてくれました。

てなわけで、タテジマ年度代表馬は!



……


………


ジャジャーン!


(≧▼≦)
フレールジャックです!

主な勝ち鞍…


え?なんじゃそりゃ、違うやろて?


はい、そうです
オルフェーヴルですよ。
そりゃそうでしょ。

フレールくんは軽くひねられてしまいましたよ(笑)。

オルフェーヴルはディープインパクト以来の史上7頭目の三冠馬。
何が凄いて、とにかくフットワークが凄いです。あと騎手のGOサインへの反応が凄い。
本当に強いです。

初めて見たのはシンザン記念でした。パドックで見て『あぁ、いい馬だなぁ』とは思いましたがまさかここまでの怪物とは思いませんでした。

レースを重ねるごとにさらにどんどん強くなって行きましたね。

有馬記念で最強世代と言われた古馬陣を蹴散らし、名実ともに現役最強となりました。
ここから先はルドルフ、ディープなど過去の歴史的最強馬の幻影と比較される身。でも比較される資格があると思いますよ。来年は凱旋門賞挑戦と言われてますので、なんとか歴史を塗り替えて欲しいですね!


ちなみに最優秀タテジマファミリーは、ここはホントにフレールジャックです。
タテジマファミリー初重賞制覇となるラジニケ賞制覇。そして、クラシック菊花賞出走で夢を見せてくれました。
オルフェーヴルとも2回一緒に走りましたよ(笑)


てな感じで、タテジマアワード2011はこんな感じでどうでっしゃろ。
来年も楽しい競馬を見せてほしいですね。

サラブレッドから元気を
(⌒▽⌒)ノ"

« タテジマファミリー2011の蹄跡 | トップページ | 新年 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

朝早くからコメントありがとうございました。

間違いなくオルフェーブルでしょうね!

本来なら喪に入るので挨拶は控えるべきなのですが、変わらず新年の挨拶等はするつもりなので、よろしくお願いします。

いえいえ。

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タテジマファミリー2011の蹄跡 | トップページ | 新年 »