« ジャパンカップを予想してみた! | トップページ | JCDを予想してみた »

2011年12月 1日 (木)

今週の近況 12月その1

いよいよ12月ですねぇ。
関西でもルミナリエや中之島の光のルネサンスなどイルミネーションもはじまります。東北でもイルミネーションあるのかなぁ…あって欲しいなぁ。

てなわけで今週の近況。

今週はタテジマファミリーのディープ産駒2頭が出走します。

まずは土曜日、暮れの阪神開催開幕を飾る重賞鳴尾記念にフレールジャックが出走です!

去年の勝ち馬と2着馬は、あのルーラーくんとダムールくんですよ。

フレールくんも先輩に続け!

といいたいですが、伝統の1戦だけあって相手もたいがい強力。

レッドデイヴィス、トーセンレーヴ、ショウナンマイティになんといってもサダムパテック。(お詫び…トーセンレーヴは出てきませんでしたm(__)m)

ここでこのメンバーに勝てるようなら、もう本物でしょう。坂路がイマイチ走らん子だから、もしや坂が苦手なのでは?という不安もありますが何とか撃破してくれることを期待してます!

てか、また土曜日雨予報…良馬場でしたかったなぁ。

そして日曜日は、いよいよアダムスピークがデビュー!

期待は大きいですが、石坂厩舎は初めてだから特徴がわからないですが、まぁわりかし時計だしたのは今週だけだし、新馬戦仕様な仕上げっぽい気も…

それにジェラルドくんも参戦っちゅーのがね…

ジェラルドくんは、去年の募集で、最終候補にまで残してたんだけど、当時、ソレイユくんの脚元があれだったんで、ちょっぴりタキオン産駒てのがひっかかったのと、ネットとかではアンチが多く、現にフレールですら2次まで残った友道厩舎ということで、1次が落ちた時の候補としたために縁がなかった子なんですよね。
そのジェラルドくんと1次で最優先で申し込みしたアダムスくんがいきなり激突ですよ。これまた何か因縁を感じます

これまでPOG本や今週の競馬ブックの扱いの大きさはジェラルドくんの圧勝ですが、競馬はやってみないとね!

ここを勝てばクラシックロードが待ってる!

かもしれない(≧▼≦)

石坂師のコメントもアゲポヨな感じだし、なんとかがんばってほしいところです。


クラブコメント
【許可を得て転載しています】


◆キャトルマン◆

11/30 斎藤厩舎
■『30日は軽めの調整を行いました。

「調教では結構息づかいが荒くてスタンドから馬場で走っているキャトルマンの息が聞こえるくらいだったのですが、レースでは支障がなかったようです。もちろんいいことですから、ノドのケアを引き続き行いつつレースへ向かっていけるように調整していきます。肉体面を見てもガクッと来た様子はありませんから、このまま問題なければ予定どおり来週の競馬を目指していくつもりです」(斎藤師)

12月10日の中山競馬(3歳上1000万下・ダ2400m)に出走を予定しています。』

◆トライアンフマーチ◆

12/1 角居厩舎
■『11月30日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒2−40秒7−26秒5−13秒2)

12月1日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路でサッと時計を出しました。追い切ったというほどではなく、脚慣らし程度です。脚元に不安があるようなら中間はプール調教で体を動かしていこうと思っていたのですが、予想以上にスッキリと落ち着いた状態なので、乗りながら調整できるのは大きいですね。使ってさらに状態は上向いていますので、重賞でも楽しみですよ」(角居師)

17日の阪神競馬(阪神C・芝1400m)に川田騎手で出走を予定しています。』

◆インペリアルマーチ◆

11/29 NFしがらき
■『軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、あごの部分にないら(おできのようなもの)が出てしまいました。すぐに膿は出て、今は問題ありませんから、今週後半から騎乗調教を開始します。大きな疲れもなさそうですし、様子を見ながら乗り進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)』

◆フレールジャック◆

11/30 友道厩舎
■『30日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒0−39秒4−26秒5−13秒5)

「今日は坂路で最終追い切りを行ったのですが、少し馬場が緩かったこともあってか、最後に苦しがってモタれてしまいました。その分時計もかかっていますが、元々坂路は動かないタイプですし、気配自体は悪くないので心配はいらないでしょう。このひと追いで良化する部分もあるでしょうし、今回は1800m戦と実績のある距離。自分の競馬が出来れば前走のようなことはないでしょう。先々のことを考えても、ここはキッチリと賞金を加算しておきたいですね」(友道師)

12月3日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)に福永騎手で出走いたします。』

◆アダムスピーク◆

11/30 石坂厩舎
■『30日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒6−39秒5−25秒9−12秒7)

「馬場のきれいな前半の時間帯に追い切ったということもありますが、ラスト1ハロンは併せた相手を完全に突き放してしまいましたし、反応、追ってからの伸び、共に非常に優秀でした。ビシッと仕上げたわけではありませんが、デビュー戦を迎えるにあたっては万全の状態と言っていいでしょう。初めての実戦ですから、結果に関してはやってみないと分かりませんが、先々まで期待している馬ですから、いいレースをして欲しいですね。馬体重は先週の段階で480キロぐらいなので、470キロ台での出走になると思います」(石坂師)

12月4日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)にルメール騎手で出走いたします。』

◆プレレフア◆

11/30 松田博厩舎
■『30日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は追い出したときにスッと動けず、モタモタしているうちに前がふさがってしまった感じでしたね。終いの脚はしっかりしているけれど、反応が鈍いのは経験不足という所もあるんだと思います。レース後、思ったほどソエの影響はなく、火曜日から乗り出しています。ちょっとピリピリしたところも見せるようになってきていますし、これで走る方に気持ちが向いてくれればもっとやれるはず。今週一杯ぐらいはソエも含めて馬体をよく確認して、問題ないようならもう一戦させたいですね」(松田博師)』


1歳馬近況

◇ガヴィオラの10◇

11/30 NF空港
馬体重:448kg
■『この中間も順調に調教を積んでおり、現在は角馬場でのフラットワークとトレッドミルでのキャンター調整を併用しています。まだ全体的にパワー不足な印象で前のめりに走る傾向にありますので、基礎体力の強化を図りつつ進めていきます。ディープインパクト産駒らしくピリッとした気性の持ち主で、動きからも機敏さが伝わります。脚元や体調面に不安はなく、カイバ喰いも良好です。』

◇ラフィントレイルの10◇

11/30 NF早来
馬体重:461kg
■『現在はウォーキングマシンで1時間の運動と、屋内周回コースをハロン20秒程度のキャンターで2400mの調教を行っています。環境に慣れてきたこともあってか、以前に見せていた力みながら走る面が減って、落ち着いて調教に取り組めるようになってきました。いい傾向にありますので当面は体力をつけることと、気持ちにゆとりを持たせることに重点を置いてじっくりと乗り込んでいきます。』

« ジャパンカップを予想してみた! | トップページ | JCDを予想してみた »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャパンカップを予想してみた! | トップページ | JCDを予想してみた »