« 今日の結果 | トップページ | 今週の近況でっせ! »

2011年6月 9日 (木)

今週の近況でおま!

イェーイ阪神連勝ですよ!

てなわけで早速近況どうぞ
【クラブコメントは転載許可を得ています】

◇キャトルマン◇
6/7 エンパワーメントF
『周回コースでキャンター調整を行っています。

「体はいくらかふっくらしてきていますし、徐々にいいほうへ変わってきているのですが、先週来場した斎藤誠調教師と相談して坂路入りはもう少し控えて、コースでの調教で下地を作ることに専念しています。格好から負担がかかりやすそうに見える脚元の状態はいい意味で安定していますし、肉付き以外はこれという不安はありませんよ」(牧場担当者)』

◇トライアンフマーチ◇
6/7 NF早来
『屋外周回コース2400mと屋内坂路でハロン16〜18秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週も下地作りのために普通キャンター程度の調教をじっくりと行っています。脚元の不安がぶり返す兆候もありませんし、順調なのですが、油断はできませんから、このあともしっかりと進めていって次のステップへ移行していければと考えています」(早来担当者)』

◇ガリアーノ◇
6/8 榊原S
『「先週はよく頑張ってくれました。集中力の維持がポイントの馬ですから、早めに動いていく形でペースが落ち着いたタイミングで気を抜かせなかったことが最後までしぶとく走れた要因だったでしょう。能力的にはこのクラスで上位争いをしてもおかしくないと思っていただけに今後につながる走りをさせてあげられて良かったです。ただ、しっかり走ったことでさすがに疲れはありますし、続けて使ってきたあとなので、ここは環境を変えてリフレッシュさせてあげたいと思います。少しでもわかっている人に見てもらったほうがいいと思いますし、入厩前に見てもらった榊原ステーブルに再度お願いすることにしました。まずは疲れの抜け具合とその後の状態を見て検討していき、可能ならば新潟開催を考えていくつもりです」(栗田徹師)

8日に榊原ステーブルへリフレッシュ放牧に出ました。』

◇カドデュソレイユ◇
6/8 ミッドウェイF
『「先週は勝ち負けになるだろうと思っていただけに本当に申しわけありませんでした。改めて獣医師とも話をしたのですが、スコープで中を覗いても異常は見られなかったし、舌がハミを越したというより舌を巻き込んだ形になって呼吸がしにくかった可能性がいちばん高いのではないかという結論に至りました。もちろん100%というわけではないのでしょうが、それくらいしか考えられないですからね。幸いにも、ノドや脚元に異常はないし、まともに走れていない分疲れも見せていませんから、次へ向けての調整はしやすいはずです。本日いったん放牧に出してミッドウェイでも改めてチェックしてもらうことになりましたが、問題なければ夏競馬を考えていくつもりです。1000万下クラスからの降級組もいるので最初のうちは混んだりレベルが高くなる可能性も十分ありますから、そのあたりの状況と馬の状態を見ながら具体的なことを決めていきます」(古賀慎師)

8日にミッドウェイファームへリフレッシュ放牧に出ました。』

◇インペリアルマーチ◇
6/7 NFしがらき
『周回コースと坂路でハロン18〜20秒程度のキャンター調整を行っています。

「引き続き軽めに乗り込み、トレッドミルも交えて調整しています。疲れはだいぶ抜けてきていますが、まずはしっかりと楽をさせてあげることを考えて調整していきます」(NFしがらき担当者)』

◇フレールジャック◇
6/7 NFしがらき
『周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週の帰厩が決まりましたので、今朝は終いだけサッと伸ばすような調教を行って最終調整をしました。デビュー前のフレッシュな感じこそありませんが、使ってきて走りはずいぶんしっかりしましたよ。重賞でどれだけの競馬ができるか楽しみです」(NFしがらき担当者)

8日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。』

フレールその2
6/9 友道厩舎
『9日は軽めの調整を行いました。

「水曜日に帰厩して、今朝は軽めの調教を行いました。短い放牧でしたが、こちらにいた時に比べれば気持ちの面でリフレッシュされているのを感じますし、馬も元気いっぱいです。これなら目標に向けて順調に進めて行けそうです」(大江助手)

7月3日の中山競馬(ラジオNIKKEI賞・芝1800m)を目標にしています。』

◇カテンゲッチ◇
6/8 宇治田原
『周回コースで軽めのキャンター2400mと坂路でハッキングを行っています。

「輸送の疲れが出てしまったのか、到着直後はボロが緩くなっていたのですが、徐々に状態は落ち着いており、今では普通に調教を進めることができています。昨日は坂路でハロン17秒前後まで取り入れていますが、その後の経過も問題ないですし、少しずつペースを上げていけそうですね」(牧場担当者)』

ぼくこめんと

ラジオNIKKEIに出走予定のフレールが帰厩しました。

断念ダービーとも言われるラジニケは結構なメンツが集まることが予想されます。去年はグローリーくんも出てましたね。
今年もダービーはじめG1路線組からの参戦があるかもなので、厳しい戦いが予想されます。ここが正念場です!

まずは、ハンデキャッパーが何キロを背負わせるかに興味津々。いうてもまだまだ500万勝ち上がったばかりの馬ですから、きっと何キロか軽くでしょう!

小回り中山で、新馬戦で見せたあの瞬発力が炸裂すればもしかしたら何とかなるかも知れない…

打倒リアルインパクトくんといえるようになりたいなっ。
無理かな?どうかな?
楽しみですね!


一方、リーチがかかりそうなカテンゲッチくん。

なんとか7月くらいには出走態勢が整ってくれないことには…

阪神で行われた新馬戦、まだまだ、仕上がり途上てな感じで、パドックでも結構入れ込んでいたっけ…

それでも絶好のスタートから直線まで見せ場十分でした。

お忘れかも知れませんが、その時の勝ち馬が、後に桜花賞を征し、オークスでも1番人気で追い込んできた、あのマルセリーナだったんですよ!

そら、カテンわい!

ちなみに二着馬は先週なんと牝馬にしてユニコーンSを優勝してしまいました!


話戻して、ゲッチくん、レース後は、これはすぐに勝ち上がってくれると思ったっけ…それなのにレース後に骨折が判明…今に至ってしまいました。

タイムリミットは8月
奇跡の脱出劇の伝説をもつお母さんの血を受け継いでるから、かならずや逆境を跳ね返し勝ち上がってくれると信じています!

今週はこんな感じで!

« 今日の結果 | トップページ | 今週の近況でっせ! »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の結果 | トップページ | 今週の近況でっせ! »