« ダービーを予想してみた | トップページ | ガリー結果 »

2011年6月 3日 (金)

今週の近況っす

一昨日昨日は東京出張!
競馬以外で東京なんて久しぶりでした。

もともとの明るさをしらないから、節電モードがよくわかりませんでしたが、オフィスにいくとエントランスや廊下が真っ暗で、逆に昼間に気づかされましたね。

これから夏にかけてさらに大変ですが、東北のことを考えたら、みんなで力をあわせなきゃですね!

てなわけで遅ればせながら今週の近況です


◇キャトルマン◇
5/31 エンパワーメントF
『周回コースでキャンター調整を行っています。

「先週も調教師が来場して状態を確認していきましたし、今週も来場される予定です。体がいくらか戻ってきて上向いているのは間違いありませんが、まだ良くなってきている最中なので坂路入りは行わずに周回コースのみでじっくり動かしています。脚元、トモや背腰の肉付きを見ながら坂路入りのタイミングを決めていくつもりです」(牧場担当者)』

◇トライアンフマーチ◇
5/31 NF早来
『屋外周回コース2400mと屋内坂路でハロン16〜18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週と同様に周回コースと坂路を適度に織り交ぜながらじっくり動かしています。ひと頃はお腹周りがボテッとしていて緩みが見られましたが、一定の運動負荷をかけてきたことで体に引き締まりも出てきて、徐々に理想の形へと近づいてきていますよ。脚元との兼ね合いもあるのでしばらくは今のメニューを基調に動かしていきますが、焦りは禁物。復帰に向けて今は地道に土台を固めていきたいと思っています」(早来担当者)』

◇ガリアーノ◇
6/1 栗田徹厩舎
『1日は美浦南Wコースで追い切りました。
(72秒4−56秒3−40秒6−13秒2)

「先週いっぱいの様子を見ても問題なかったので今朝時計を出しました。柴山ジョッキーを背にウッドチップへ入って3頭のいちばん後ろから追いかける形を取ったのですが、相変わらず動きはいいんです。最内を通ったこともありますが、勢いが一番良かったですし、先着を果たしていますからね。ジョッキーも“500万下クラスは勝てる馬”と言ってくれているように持っているものはあるはずなのですが、やはり気持ちが影響しているのだと思います。ただ、これまではどこか頼りなかったり、フワフワするようなことが目立っていましたが、前走でブリンカーを着けた効果なのか普段からうるさくなってきました。ただ、それは手を煩わせるほどの悪いうるささではなく、前向きさも含めて元気が出てきたということでしょうから、それほど悪いようには捉えていないんです。明確な前進材料があるわけではありませんが、徐々にいいほうへ変わる要素は出てきているので、何とかしたいという気持ちが強いですね。今のところ新潟開催中に次走へ向かえればと思っていますし、今週でも対応は可能だと思っています。ダート戦を中心に考えるつもりで、想定などを見て状況次第で最終的にどうするかを決める予定です」(栗田徹師)』
ガリーその2
6/2 栗田徹厩舎
『「想定を見たところ若手騎手限定戦が相手関係などもより良さそうに見えましたので、ここへ向かうことにしました。瞬時にギアが上がるタイプでもないですし、ここ2戦の内容から考えてもダートに変わるのは悪くないはずです。このレースで技術的にも上位と思える伊藤工真ジョッキーを押させることができたのもプラス材料ですし、レースで前進を見せて欲しいと思っています。あとは距離延長を考慮した最終調整をして土曜日のレースへ向かいます」(栗田徹師)

4日の新潟競馬(4歳上500万下・若手騎手限定・ダ1800m)に伊藤工騎手で出走いたします。』

◇カドデュソレイユ◇
6/1 古賀慎厩舎
『1日は美浦坂路で追い切りました。
(51秒8−37秒9−25秒2−13秒0)

「先週末より坂路で時計を出していますが、特にこれと言った問題もなく順調に進められていますよ。日曜日はキャリアメイクと一緒に坂路へ入り、今朝も一緒に時計を出しました。さすがに経験馬ですからキャリアに合わせるような形で、最後は少し控えました。その分時計は13秒台ですが、動きは良かったと思います。コンディション的にも問題はありませんから、出走の態勢はいつでも整うと思っています。理想的なのは広いコースで伸び伸びと走れることでしょうから、可能ならば今週のマイル戦を考えています。ただし、優先出走権がないので状況次第になります。そのような微妙な立場なのにも関わらずウィリアムズに声かけをしたところ、調整してくれるとのことでした。準備はできていますので、入れば今週、ダメだった場合は来週の新潟を中心に考えるつもりです」(古賀慎師)
出走可能な状況であれば、5日の東京競馬(4歳上500万下・ダ1600m)にウィリアムズ騎手で出走を予定しています。除外対象の場合は来週の競馬へスライドする予定です。』

ソレイユその2
6/2 古賀慎厩舎
『5日の東京競馬(4歳上500万下・ダ1600m)にウィリアムズ騎手で出走いたします。』

◇インペリアルマーチ◇
5/31 NFしがらき
『周回コースと坂路でハロン18〜20秒程度のキャンター調整を行っています。

「特に次走の予定が立っていない状況なので、引き続きじっくりと軽めに乗り込んで体調を整えています。大型馬なのであまり緩めないように注意しながら進めていきます」(NFしがらき担当者)』

◇フレールジャック◇
5/31 NFしがらき周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週こちらに移動後、馬体を確認して今週から普通に乗り出しています。大きな疲れはなさそうですし、気持ちの面でもテンションが上がりすぎるようなところはないので、順調に調整できそうです。こちらで軽く体を動かしていって、このまま異常がないようならラジオNIKKEI賞を目指して帰厩する予定です」(NFしがらき担当者)』

◇カテンゲッチ◇
5/31 NF空港
『30日にNF空港を出発しました。6月1日に宇治田原優駿ステーブルへ到着する予定です。移動までは屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本を行い、週3回は角馬場でフラットワークを取り入れていました。

「角馬場でのフラットワークを織り交ぜながらでしたが、確実に乗り込みを重ねることができていました。日によっては速めのところも乗っていたように調子は良好ですし、今後は栗東近郊の牧場で乗っていくことになりました」(空港担当者)』

◇アダムスピーク◇
5/31 NF
『空港現在は900m屋内坂路コースをハロン15〜16秒で2本元気に駆け上がっており、週2回は角馬場でフラットワークを20分程度こなしています。体力的にも余裕があり、調教後の息の入りも全く問題ありません。以前よりもカイバ喰いが安定してきており、馬体にも実が入ってきました。』

◇プレレフア◇
5/31 NF空港
『現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン17秒で1本元気に駆け上がっており、残りの3日は角馬場でのフラットワークと周回コースでのスローキャンター調整を併用して進めています。気性的にはまだ幼い一面が残りますが、徐々に解消されてきています。今後も脚元の状態に注意しながら進めていきます。』

ぼくこめんと

引退したカルカソンヌの名前がマイホースのリストから消えてしまった。

淋しいなぁ

てなわけで今週はガリーとソレイユが出走します。

ガリーはダートに戻っての1戦になります。

放置される以前のガリーはダートでは大崩れしなかったから、ちょっと楽しみです。

ソレイユは順調に続戦できたことがなにより。
叩き2戦目での上積みにきたいですね。

二歳馬たちも順調にデビューに向けて調整中です。

今週はこんなかんじ!

« ダービーを予想してみた | トップページ | ガリー結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

まいどです。
タテジマファミリーが続々と出走ですね。ぽん吉はやはりトライアンフマーチが気になります。もしかしたら安田記念に出てたかもなんて思うと、競走馬のケガって大変な事なんやと改めて実感しました。
明日土曜日は幼稚園の父親参観paper
実はお笑い芸人、ダ○○ンの片方の芸人さんのチビちゃんと同じクラス、更にシャン○ーハッ○の帽子被ってる芸人さんのチビちゃんは隣のクラスです◎
明日はどちらも来るかな…?ちなみに入園式はこの2人&奥様の4ショットが見れました(笑)
日曜日はまたまた仕事despairパドック見て教えてね。先週は師匠がぽん吉の推したウィンバリアシオンをぶった斬ったから、ぽん吉もそれに負けてウィンバリアシオンを外したら見事に2着ゴ~~ルインdashちなみに7番ベルシャザール軸で3連複買いました。
やはり初志貫徹を胸に秘め、馬券買いたいと思いますpaper
タテジマさんのお勧めは何?アパパネではおもろないよ
ぽん吉は54kgリアルインパクトと、7歳せん馬ライブコンサートですpaper

ぽん吉さん

どうもっす!

タテジマはウイン全くノーマーク…

トライアンフは順調ならば秋に帰ってくるかもです。
屈腱炎からの復活だから、以前の破壊力が戻るかどうかは心配ですが、それでも元気にターフに戻ってくれたら嬉しいですね!

安田記念は多分あの馬が本命だヨー!
8枠の馬も怖いジョー!

参観日頑張ってね(^.^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダービーを予想してみた | トップページ | ガリー結果 »