« カドくん結果! | トップページ | ガリーくんも出走決定! »

2011年5月19日 (木)

毎度!今週の近況でっせ〜

今週はオークス、そして来週はいよいよ日本ダービー!春競馬もいよいよクライマックスが近づいてきましたね。

ちゅーわけで、本屋さんにはPOG本も並びはじめました。
うちのアダムスピークくんとプレレフアくんはどんな評価をされてるのかな?
ほかのキャロっ子たちの評価はどんなかな?
よそにはどんなライバルがいるのかな?

その前に、どの本を買おうか…サラッと立ち読みしたら、2枚くらいページをめくったらいきなりアダムスピークくんの写真が載ってた赤いやつか、やはり毎年買ってるDVDのついたギャロップのやつか…はたまた黒いやつか…そういえば青いやつはまだ無かったな…
これもこの時期ならではの楽しみですね!


てなわけで近況どうぞ
【クラブコメントは転載許可を得ています】


◇キャトルマン◇
5/17  エンパワーメントF
『周回でキャンター調整を行っています。

「これまでは周回コースと坂路を併用して乗り込んでいましたが、先週調教師ともチェックしてもらった際に“ややトモが寂しく見えるから少し坂路での調教を控えましょう”ということになりました。あくまでもどこかに不安があるということではなく、悪くしないための軽減なので大きな心配は要りません。コースでは普通キャンター程度ですがじっくり乗っています」(牧場担当者)』

◇トライアンフマーチ◇
5/17  NF早来
『屋外周回コース2400mでハロン18秒のキャンター調整と屋内坂路でハロン16秒のキャンター調整を行っています。

「引き続きじっくりと乗り込みを行っていますが、雰囲気は変わらずいいですし、体も少しずついいものになってきました。お休みが長い分だけ体は中年太りというような感じでしたが、お腹回りも少しずつ引き締まり、乗り込み量を増やしていることでトモの状態も徐々に上がってきたような気がします。脚元の不安があった馬ですから一気に負荷を強めることはできませんので、これからも慎重に進めなければいけませんが、いい流れの中で乗れているのは確かですよ。馬体重は498キロです」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ◇
5/18  松田博厩舎
『18日は栗東Pコースで追い切りました。

「先週に引き続き、脚元に負担のかかりにくいPコースで終い重点に追い切りました。カイバ喰いはいいし、体調面に関しては文句ありませんね。1回使って動ける体つきになってきていますし、距離、コースともに条件は合っているから、能力的にもここは期待したいところ。鞍上がこの馬に乗っていたのは2歳から3歳始めの頃だけど、持ち味は分かっているだろうし、あれこれ言う必要もないでしょう」(松田博師)

21日の京都競馬(4歳上500万下・芝2400m)に岩田騎手で出走を予定しています。』

◇ガリアーノ◇
5/18  栗田徹厩舎
『18日は美浦南Wコースで追い切りました。
(66秒1−52秒0−39秒6−13秒4)

「今朝の追い切りも先週と同様にウッドチップで行いました。少し離れた馬を追いかける形だったのですが、レース前などに見せていたズルさというか集中力が切れるような面を見せることはなく、仕掛けてからの反応もあったし、最後まで気持ちを見せてグッと伸びてくれましたよ。チークピーシズを着用していますが、そういった馬具の効果はありますし、一度使った上積みの分もあるのでしょう。今のところ今週か来週あたりの競馬を視野に入れているのですが、想定を見て今週にするか、来週あたりにするかをよく考えさせてください」(栗田徹師)』

◇カドデュソレイユ◇
5/17  ミホ分場
『17日にミホ分場へリフレッシュ放牧に出ました。

「精神面のリフレッシュをメインとして本日こちらへ放牧に出てきました。具体的なことは明日以降の様子を見てから判断していくことになりますが、短期間の放牧と聞いていますので、マシン運動とごく軽めの調整で体調を整えてから再びトレセンへ送り出すような形になるでしょう」(牧場担当者)』

◇インペリアルマーチ◇
5/17  NFしがらき
『周回コースでハロン18〜20秒程度のキャンター調整を行っています。

「周回コース中心に軽く乗っていますが、楽をして気が抜けたのかいくらか疲れが見えてきて、キャンターのトビも小さく感じます。音無調教師とも相談して特に目標は定めずにやっていくことになりましたので、焦らずに疲れを取ってあげたいと思います」(NFしがらき担当者)』

◇フレールジャック◇
5/18  友道厩舎
『18日は栗東坂路で追い切りました。
(60秒0−43秒8−28秒6−14秒1)

「今日は前半ゆっくり入って、終いを伸ばすイメージだったのですが、馬場が悪い時間帯だったと言うこともあり、予定よりも全体的に時計がかかってしまいました。とは言っても調子が悪いと言うわけではなく、時計以上に動きはしっかりとしていましたし、全体的な雰囲気は一度使ったことで少しずつ良化していますね。福永騎手が乗れないのは残念ですが、鞍上に岩田騎手を迎えられますので、そのあたりも心強い点です。前走の末脚を考えても期待してレースへ送り出したいと思います」(友道師)

22日の京都競馬(3歳500万下・芝1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。』

◇カテンゲッチ◇
5/17  NF空港
『屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本を行っています。また、週3回は角馬場でフラットワークを取り入れています。

「動きや息遣いを見ていても徐々に良化してきていましたので、坂路での調教ペースを少しずつ速めています。カイバ喰いも安定していますね。馬体重は495キロです」(空港担当者)』


ぼくこめんと
(≧∇≦)ノ彡

今週はカルとフレールが出走予定!もしかしたらガリーも参戦するかもしれません!

カルは休養前の900万での掲示板常連だった実力からすると、あっさり勝ってくれてもおかしくないですよね。
鞍上もデビューから何戦か乗ってくれてた岩田騎手です!
たしかカルにとっても、タテジマファミリーにとっても初勝利だった3年前の1月の未勝利戦に乗ってくれてたのも岩田騎手でしたね。なんか楽しみが膨らみますね!

そして、その岩田騎手が福永騎手にかわりフレールにも乗ってくれることになりました!

デビュー戦では、ちょっと非凡な才能を繰り出したフレールくん。
時計も優秀で、なんと初出走の1800mの勝ち時計としては歴代2位の時計だそうで、レース後のグリーンチャンネルの番組の先週の結果分析でも、タイムランクAとなっていました。タイムランクは馬場の補正も入れるのでAってなかなかでないんですよ!

これは2戦目も期待しちゃいますね!
サクッと勝って、中山で重賞挑戦といきたいものですね。

ただ、ちょっと調教時計があれなのが気になりますが、そこはまぁ中1週だし…。

デビュー戦が一世一代の大駆けだったのか、それともG1を夢見れる器なのか、果たしてどちらかドキドキしますね。

ガリーはまだ条件もさっぱりわからないから…
マイルか千八あたりの芝をためしてほしいなぁ


今週はこんな感じで。

ではまた(⌒▽⌒)ノ"

« カドくん結果! | トップページ | ガリーくんも出走決定! »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カドくん結果! | トップページ | ガリーくんも出走決定! »