« 2010年終了 | トップページ | ソレイユ…ピンチです »

2010年10月19日 (火)

放牧チームとガリーの近況

マリーンズがパ・リーグクライマックスシリーズ優勝しました。
なんと崖っぷちに強いチームなんだろうか…タイガースとえら違いですやん…

てなわけで放牧チームとガリーの近況です。

◇トライアンフマーチ◇
10/19 NF早来
『厩舎周りで20分の曳き運動を行っています。
「引き続き軽めの曳き運動を行っています。さすがに体型の崩れはありますが、脚元の状態は落ち着いていますので、今後も焦らずに取り組んでいきます」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ◇
10/18 NF空港
『曳き運動を行っています。
「運動を制限する中でも変にうるさくなることはなく、状態はいい意味で安定していますね。今しばらくは現状程度の運動を行いつつ脚元の安定を促していくことになりますが、辛抱強く進めてマシン運動やトレッドミルの開始につなげていきたいと思います」(空港担当者)』

◇インペリアルマーチ◇
10/19 グリーンW
『周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、ハロン17秒ぐらいの調教を行っていますが、乗り進めていってもやはり全体的に緩さを感じます。乗り手にもそのあたりを意識しながら乗るように指示していますから、しばらくはじっくりと取り組みたいと思います」(GW担当者)』

◇フレールジャック◇
10/19 山元TC
『周回でダク調整を行っています。
「乗り出して1週間は常歩運動のみにとどめて様子を見ていましたが、良くも悪くも患部の状態に変化はないので先週末から馬場に入り、ダクを踏ませています。2000mほどの距離を乗っていて、ごく軽い内容です。今後も少しずつ動かしながら様子を見て、調整内容を決めていきたいと考えていきます」(山元担当者)』

◇カテンゲッチ◇
10/19 宇治田原
『坂路コースでハロン17〜19秒のキャンター1本を行っています。また週2日は終いハロン15秒のキャンター2本の調整を行っています。
「順調ですね。体調も良好なことから坂路でハロン15秒の時計まで進めています。鮫島師も『だいぶ調整が進んできましたね』とおっしゃっていましたよ」(牧場担当者)』

☆ガリアーノ☆
10/17 池添厩舎
『17日の京都競馬では後方をじっくり追走。3角手前でマクりにかかるが、前もペースが上がって思うように行けず、そのまま13着。
「前半ペースが速かったせいか、3コーナー手前からマクることができませんでした。下りを使える得意の京都で期待していたのですが、展開ひとつでこうも違うのかと…。馬体は減っていましたが、以前京都で3着に来たときと同じ体重ですし、それほど気になりませんでした。こんな馬じゃないのに、申し訳ありません」(松山騎手)

「京都なら下り坂を使ってジワジワと伸びてくれるのに、今日はまったく行けませんでした。時計が速かったこともありますが、休み明けにもかかわらず馬体重が減りすぎていたことも一因なのかもしれません。ちょっと体調が本物ではない可能性もありますから、状態をよく見て放牧に出すことも考えます」(池添師)

この馬らしいマクリを期待しましたが、今日は展開も向かず脚を使うことができませんでした。適正体重とはいえ、休み明けで減りすぎていた馬体も影響したのかもしれません。このあとは体調をよく見て再度放牧に出すことも検討しています。』

ボクコメント(__;)

ガリー…在厩わずか10日で、また放牧かいな…どないなっとんの

近況に書いてないけどソレイユも蹄が痛い〜いうて、何もせんまま、また放牧に出る予定だし…これまたどないなっとんの

フレールも『良くも悪くも変化無し…』て…言い方はマイルドですが良くなってないやんっちゅうことでしょ…年内デビューは絶望的かな?…もっと早く処置して欲しかったなぁ。


去年の今頃は出走ラッシュで楽しかったけど、今年はなんだか流れが悪いです。

うーん( ̄〜 ̄;)

最後の砦キャトルくんになんとか頑張ってもらわねば。

ではまた(・ω・)ノ

« 2010年終了 | トップページ | ソレイユ…ピンチです »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

タテジマファミリーも崖っぷちに強いといいですね( ̄ロ ̄;)

よしさん

ファミリーはともかく、タテジマは崖っぷちに弱いですぅぅ(-ω-)ハァ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年終了 | トップページ | ソレイユ…ピンチです »