« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

近況です…

何この結末…( ̄ロ ̄;)

いや、今日のタイガースのことです
矢野の引退試合を勝利でかざるはずが…

村田の無情の一発で、矢野出られず…しかもマジックも消える…
もう踏んだり蹴ったりです
(。・ω・。)

くそボールをサクッと振った村田を責める気はありません。あぁやっちゃったみたいな顔してましたし。
ハマの選手たちも、ある意味流してくれていた様に見えたし…

一言

ちっ…吉本め…


てなわけでホーシン状態(゜U。)のまま近況どうぞ

◇キャトルマン
9/29 斎藤厩舎
『29日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒1−53秒2−39秒2−13秒3)。
「馬の雰囲気はいいですし、今週の競馬も視野に入れて今朝追い切りを行いました。前半で前の馬との差が大きくなったために最後少し遅れた分は仕方ないところなのですが、4コーナーを回って直線に向いた時に若干モタれるような格好を見せていました。跨った助手にも感想を聞いたところ、トモが若干流れるような走りだったと言っていましたね。時計がかかりパワーを求められる中山のダートはいいなと思っていましたが、より広い東京コースのほうが状態的にも競馬がしやすいように感じます。また現時点の週末の予報があまり良くないようで時計が速くなってしまう可能性もありますので、今週は見送ることにしました。体は550キロと立派ではありますが、数字ほど重々しい感じではありません。もう少しシェイプアップできれば理想的ですが、徐々に良くなるタイプなので継続した負荷をかけながら状態を上げていければと考えています」(斎藤師)

明日の状態次第ですが、今のところ10月3日の中山競馬(江戸川特別・ダ1800m)は見送り、10日の東京競馬(3歳上1000万下・ダ2100m)に出走を予定しています。』
でしたが…
9/30 斎藤厩舎
『10月3日の中山競馬(江戸川特別・ダ1800m)は見送りました。10月10日の東京競馬(3歳上1000万下・ダ2100m)に出走を予定しています。』
となりましたsweat01

◇トライアンフマーチ
9/28 NF早来
『厩舎周りで20分の曳き運動を行っています。
「曳き運動の時間を朝と夕の2回に増やしています。変わらず脚元の状態は安定していますし、回数を増やしたことで気持ちの面でもいい効果がありますね。馬体重は500キロです」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
9/28 NF空港
『現在は舎飼にて休養しています。
「慎重に術後の経過観察を行っていますが、患部の状態は安定していますし、特段気になるところはありません。今後も状態を確認しつつ運動の開始につなげていきたいと思います」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
9/28 グリーンF
『坂路コースでハロン18秒のキャンター2本を行っています。また、週2回は坂路コース2本目で15−15を取り入れています。
「放牧当初は阪神開催を目標に進めていましたが、気性面を考えもう少し安定させた方がよいとの判断からここまで時間を掛けて乗り込んでいます。その甲斐もあって、課題が完全に解消されたわけではないものの、以前よりスピードに乗ってしまえば気にならない程度になってきています。状態に関しては確実にアップしていますし、調教師と相談しつつ、少しでも精神面を安定させて帰厩のタイミングを図っていきます」(牧場担当者)』

◇カドデュソレイユ
9/28 山元TC
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1回は14−14を行っています。
「これまでは速くても15−15程度でしたが、ここ最近は脚元の状態が安定しているので、今週から若干ペースを上げて速いところを始めています。一気に負荷を強めるのは良くないので現在も週に1度の頻度ですが、このまま問題なく調教を重ねていければ徐々に移動を検討していけるようになるでしょう」(山元担当者)』

◇インペリアルマーチ
9/29 音無厩舎
『29日は軽めの調整を行いました。
「この中間は調教の感触も良く、かなり上積みが見込める状態だったのですが、なんとも納得のいかない競馬になってしまいました。敗因がよく分からないのですが、直線はモタれていましたし、もしかしたら苦しいところがあったのかもしれません。いずれにせよ一度放牧に出して立て直し、条件面を見直すなどいろいろと考えていきたいと思います」(音無師)』

30日にグリーンウッドへ放牧に出る予定でました。』

◇フレールジャック
9/28 山元TC
『曳き運動を行っています。
「先週までは患部にチューブを通して水が溜まらないように対処していましたが、だいぶ液が出なくなったので、現在はそのチューブも外して様子を見ています。経過は可もなく不可もなくという感じですので、まだしばらくは無理をしないつもりです。現在は体調をキープすることに主眼を置いて15分ほどの曳き運動にとどめています」(山元担当者)』

◇カテンゲッチ
9/28 宇治田原
『周回コースで軽めのキャンター2400m、坂路コースでハッキング〜ハロン25秒程度のキャンター1本を行っています。
「輸送の疲れは通常の範囲内でしたし、早速乗り運動を開始しています。北海道ではそれなりのペースで乗っていましたが、環境に慣らす必要がありますし、背腰を中心に緩さを感じますのでじっくり進めています」 (牧場担当者)』


ぼくこめんと(゜U。)

なんだ…ゲッチ…もしや牧場を追い出されてきたのか…
なんか今年の秋は暇そうだ…

ではまた(・ω・)ノ

2010年9月28日 (火)

1次募集締め切り

今年のキャロット1次募集が締め切られました。

今年から総応募数とかの公表がなくなりました。
なんでやねーん!

そんな中、1次で満口の馬が公表されました。

僕が応募したうまでは、シンハリーズの09とフェリークの09が満口です。
っちゅうことは抽選っちゅうことです。

シンハリーズは最優先だから希望があるかな。フェリークは母優先と最優先があるからどうでしょうか?
内訳はいらんから総応募数だけでも公表して欲しかったですね。
心構えっちゅうもんがありますので。

僕が候補に考えた馬では
クリソプレーズ、ジェイズジュエリー、ディアデラノビア、クルソラが満口になりました。

落選した時に様子見しようと思っていたフィルドールも満口。

関東で、おっ!っと思った馬ではリッチダンサーがだけが満口になっていました。ワシもやっぱし見る目ないなぁ…

でも、もし、シンハリーズが落ちた場合は関東馬をまじで考えようかな…


そんなこんなで、ピンクパピヨンの09が思いの外あっさり出資確定しました!
他人の意見にすぐフラフラ流されるタテジマとしては、思いの外人気が無い点はとっても気になるところではあります。

でも、タテジマ的にはピンクパピヨンは流れとはいえ真っ先に、最優先よりも先に行くと決めた馬だし、同じシンクリ産駒としては、持ち馬カルちゃんの募集時、その前年落選したトゥリオーニの募集時よりも馬体もいいとおもうし、なのでその子たちとどっこいどっこい以上の活躍を期待できると思っています!

カルと同じ松博先生っちゅうのもいいですね!
先生カルちゃんともどもよろしくお願いします。
ヾ(=^▽^=)ノ

2010年9月26日 (日)

マジック点灯?

我らがタイガースに優勝マジックが点灯しました!

タイガースは今日は試合がなかったのですが、デーゲームで巨人が負けてM9が点灯!

ナイターで中日が負けてM8になりました!

残り9試合。
8勝1敗で優勝だっ!

( ̄ロ ̄;)きっつぅぅ…

2010年9月25日 (土)

弟くん…ぼろ負け…

多くは語るまい…

クラブコメントをどうぞ

『25日の阪神競馬ではスタートでやや遅れたものの、外枠から二の脚を使って好位へ。いい手ごたえで4コーナーを回ったが、追い出すとモタれる仕草を見せて伸びず12着。

「うーん、よく分からないなあ。雰囲気は良かったし、二の脚が速くてスッと前へ行けたのに、いざ追い出してからがさっぱりでした。直線で一瞬はハミを取りかけたんだけど、それにしても伸びてくれなかったですね。あるいは母系が濃く出てきて、少し距離が長いということなのかもしれません」(福永騎手)

「直線モタれていたとはいえ、追い出してからがまったくでしたからね。左回り専用ということもないだろうし、ちょっと敗因が掴みきれません。いずれは距離を詰めるなど条件の工夫も考えなくてはいけないかもしれませんが、現状は体調面に目に見えない不調があるのかもしれませんし、一度放牧に出して立て直したいと思います」(音無師)

前走内容やこの中間の状態からも期待の大きな一戦でしたが、不可解な敗戦になってしまいました。本来のデキなら今日のようなことはないと思われるだけに、立て直してからのレースに改めて期待したいと思います。
このあとは、栗東トレセンで馬の状態を確認してから放牧に出す予定です。


ぼくこめんと
( ̄ロ ̄;)

やはり、語りましょう…
心配された馬体重もマイナス2キロ…やっぱし緩いようにみえましたが、ボテボテではなく全然走れそうな感じでした。

レースはやや出遅れ、ややかかり気味、直線やや口向き悪しでしたがいずれも致命的なものではありませんでした。時計も他のレースに比べて速くなかったってゆうかどちらかいうと遅い方だし。

直線抜け出すかと思っていたのに全く伸びなかったといった感じでした。

完敗です…こんなはずでは…

この開催からレース後のレクチャーが無くなったんですが、キャロットの社員さんもレクチャー無くなっていてホッとしてたんじゃないでしょうか(笑)


でも、ちょっとパドック気付いた点が…
僕はコーナーのところで見ていたんですが、右前脚の繋がカクカクッって二段階に沈むような感じだったんです。
他の馬みてもわからなかった…でもマーチはやはりカクカクッって。

周回重ねてそうでもなくなったんですが、あれはいったいなんなんだろうと…

それが競争に関係あったのか、全く問題ないのかはさっぱりわかりませんが、内心故障するんではないかとかなりビビっていました。
カクカクッはよくあることで、たまたまマーチが繋が長めで深く沈みこむタイプなんで目立つので気付いただけなのかな?
わからん…

まぁとにもかくにもそんなこんなで放牧して出直しっちゅうことです。
てかこれで入厩馬が関東のキャトルくんだけになってしまいました…トホホ…

マーチのレースはともかく、今日は1日秋らしい爽やかな天気で競馬場をのんびり満喫してきました。

パドックわきで宮崎フェアみたいなのしていて、そこで売ってた地鶏炭火焼きを買ってみました。
焼き鳥イメージで買っていた僕は、カパッと開けた瞬間、見た目真っ黒で、なんかグロくて後悔したんですが、おそるおそる食べてみたらコリコリしてて、塩味きいててかなり美味しかったです!
大が千円、小が500円だったんですが、小でもかなり量が入ってて1人で食べるのには多いくらいでした。

その後、フラフラと公園の方にいくと肉まきおにぎりも売っていました。以前から食べてみたいと思っていたので、ワクワクして買ってみたら…こんなもんか…って感じでした。
お肉がやわらかかったらきっともっと美味しかったんだろうな…


そうそう1つショックなことが。
僕はバナナ牛乳とかフルーツ牛乳とかいちご牛乳とか大好きで、阪神競馬場にきたらいつも自販機でかって飲んでたんですが、無くなったんですよ!その自販機がっ!
もう一軒売ってた売店を見に行ったけどやっぱしなかった…
なんでやねーん…ショックやわぁ…(。・ω・。)

ではまた(・ω・)ノ

2010年9月24日 (金)

弟くん出走!

明日土曜日、阪神7レースにインペリアルマーチが出走します。

クラブコメント
『23日は軽めの調整を行いました。

「変則開催明けで、20日に坂路で50秒9という時計を出したのが実質的な最終追い切り。水曜日にも15−15程度はやっていますから、雨で馬場が悪くなった今朝は無理せず軽めの調整を行いました。ハミを替えたことも幸いして抑えがきく走りをしてくれていますし、状態は確実に前走以上です。ここはなんとかしないといけないという気持ちですね」(東田助手)

25日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)に福永騎手で出走いたします。』


ぼくこめんと
ヾ(=^▽^=)ノ

新聞でもグリグリグリッと◎が並んでいました!
こりゃ単勝1倍台かもしれないですね。

そして気になるのは明日は何キロで出てくるんだろう?まさか570キロ台なんてことは…

前走は新潟とはいえ上がり33秒台をはじめて出しました。とはいえ後ろからズバッと差されているので、やはり前につけて押し切る作戦にでるのかな?

でも、外枠に入っちゃったからな…

なんてことはいっててはダメですね!
叩き3走目、もう言い訳はできません。500万は通過点だと思い込んでいますので、どんな条件、どんな展開でも能力で勝利をもぎとって欲しいです!

ただし、故障だけはしませんようにね(^.^)b

2010年9月23日 (木)

申込みしちゃいました!

はい、いきなり次回です(笑)

色々と悩みましたが、ついに今日、今年のキャロットクラブ一次募集の申込みをしちゃいました!

何に申し込んだかといいますと…

最優先
シンハリーズの09

一般
ピンクパピヨンの09
フェリークの09

の3頭です。

かなり予算オーバーなんですが、兄マーチ屈腱炎治療中…カルソン骨折治療中…カドデュあんな状態…フレールくんこんな状態…なのでちょっとタテジマファミリーに補強が必要かなと…

お馬選びは次のような感じでした。


いつものごとく
◎関西馬である
◎管囲が19センチ以上
◎馬体重が410キロ以上
◎馬体重が480キロ以下
◎母が15歳以下の時の子

カタログ、DVDで気に入った馬の中で、以上の条件でふるいにかけました

そして残った出資候補は!

シンハリーズの09
フィックルフレンズの09
ジェイズジュエリーの09
ピンクパピヨンの09
ディアデラノビアの09

の5頭でした。

そこにふるいにかかったけど、やはりいいなと思い捨てきれないクルソラの09を候補に復活させ、ソレイユくんで苦労しているタキオン産駒の2頭を1.5次以降の候補にし、全部で4頭が1次候補になりました。


でも、その歩様に惚れ込んで候補に復活させたクルソラの09でしたが、僕がキャロに引きずりこんだうま友がカタログ到着前から『クルソラ一本でいく』と宣言していた状態でして…なのでクルソラの09を最優先にするのはやめることにしていました。

ちなみにDVD見てすごく良かったグッドゲームの09も復活させても良かったのですが、インパクトゲームの人気っぷりから父がウォーエンブレムに替わったとはいえ、どうせ大人気の大抽選会になるのが見え見えだったのでやめました。でもいい馬ですね!

で、この時点で考えていたのが

最優先
ディアデラノビアの09かシンハリーズの09
一般
クルソラの09

最優先が落ちたときの1.5次候補がピンクパピヨンの09、クルソラまで落ちたときの候補がタキオン産って思っていました。


あっさりきまったなと思っていたところが中間発表で大誤算が…
クルソラの09が最優先でも大抽選会になりそうな雰囲気で…ここからが悩み地獄の始まりでした。


クルソラはかなり欲しかったですが、万が一クルソラを最優先で出して、後だしの僕が○でうま友くんが×だったらなんだかなぁ…って状態になるので、この時点でクルソラは断念しました。


この時点での候補は

最優先
シンハリーズの09かディアデラノビアの09
一般
ピンクパピヨンの09

となりました。

でもディアデラノビアとピンクパピヨンは同じシンクリ×サンデー…似たような血統2頭もいらんし…

じゃあピンクパピヨンにかわる一般候補ということでタキオン産駒を考えましたが、もはやピンクパピヨンの方がタキオン産駒よりも良く思えるように脳に刷り込みができていました。DVD見ても僕的にはディアデラノビアよりピンクパピヨンの方がよく見えるくらいの勢いでして…
元々シンクリ産駒は走らなくても馬体だけはよく見せると言われていますが、僕の持ってる同じシンクリ産駒のカルカソンヌの募集時よりも、今回のピンクパピヨンのほうがトモとかの筋肉のつき方が良いように思いました。
カルソンくんと同じ松博厩舎というのも高ポイントでした。しかも中間発表では、まだ200口超えにランクインしてこないので一般でいけそう。

っちゅうことで

まずは
一般ピンクパピヨンの09が決定

この時点でシンクリ産駒ディアデラノビアは一応断念しました。


同時に、突然登場のフェリークの09なんですが、DVD見て一口3万円にしては結構魅力的な感じがしていました。
でも、一口3万円の牝馬だし、父ちゃんファスリエフって誰やねん?って感じなので1次で満口はないだろうと余裕綽々で様子見しようと思っていました。

ところがどっこい、なんとびっくり、最終中間発表で200口超えにランクインしたじゃないですか!
まじかよぅ…思いながらも、どうやら1次申込みでないと無理っぽいので仕方なく行くことに…


この時点で

一般
ピンクパピヨンの09
フェリークの09

が決定しました。

で、最優先候補はシンハリーズの09となってるのですが、実はシンハリーズの09までいくと、結構予算オーバーなんです。なので同じディープインパクト産駒クリソプレーズの09を候補にひっぱりあげて悩んでみたり、タキオン産駒2頭とも悩んでみたり、友達にクルソラごめんって言おうか悩んでみたり、敢えて抽選厳しいディアデラノビアにしようか悩んでみたり、いっそ関東馬と悩んでみたり…悩みはエンドレス。


でも、悩んでるなかで最優先にはどんな馬を候補にするべきか考えて直したとき、ふと、トライアンフマーチと共に歩いた感動と興奮の牡馬クラシックロードを思い出しました。
あれは楽しかったな…本気で震えたな…あの夢をもう一度味わいたいな…やっぱし最優先はその夢の可能性を秘めた子にいかなきゃなという結論にいたりました。

ならば三冠馬ディープインパクトの子が夢を追いかけるのに一番近いのではないか…
ディープ産駒より見かけのいい馬は他にいるけど、もし筋肉の質そのものを父ちゃんディープインパクトから遺伝していたら見かけ以上に走る可能性はあるんじゃないか…

なんて妄想に突入し

関西のディープインパクト産駒の牡馬2頭のうち、結局は姿形の好きなほうを!
ということで、最優先はシンハリーズの09に決めました。

後は諦めたうまたちがなぜやめたのかという納得できる言い訳を探せばロジックは完成。

クルソラの09
怪物的な一発の可能性を秘めてると思うけど父ちゃんダイワメジャーだし、さんざん苦労してきた超大型馬になりそうだし、みた感じ多分適性はマイル…マイル王かぁ…いかん…自爆しそう。
とにかく、うま友くんには是非とも当てて欲しいな!そしたら自分の馬のように一緒に応援できるから!


ディアデラノビアの09
正直、文句のつけようもないけど、唯一の僕のひっかかった点がお尻の位置。僕の経験上、距離が延びていいタイプではない。近いところでいえばアンライバルドもヴィクトワールもおケツの位置が高かったもんね…いや、両方皐月賞やんか…またまた自爆やん…


もう、自爆するだけなのでむりくり言い訳を考えるのはやめよう…

ひとこと

今回はご縁が無かったということで…

うん、これがいいなっ
(^ω^)


こうして今年の悩む日々は一応、無事終止符むかえたのでした。


追記
一瞬見た関東馬から

データの09
ドゥルセデレーチェの09
リッチダンサーの09
クリームオンリーの09

もしもこの4頭が関西入厩だったら僕の脳は壊れていたに違いない…

てか、セレクトセールでリーチが落札する級って、やはりよく見えるのね(^.^)b

ではまた(・ω・)ノ

愛馬たちの近況

今週はインペリアルが出走予定です!で、本日追い切り予定なので、インペリアル以外の近況です

◇キャトルマン◇
『22日は美浦南Pコースで追い切りました。
(66秒3−52秒1−37秒9−13秒0)
「先週いっぱい時間をかけたことで今では歩様の硬さもそれほど気になりませんし、予定通り週末から徐々に時計になるところを出しています。普段は坂路がメインですがブランクがあるので長めから負荷をかけて心肺機能を鍛えるようにポリトラックに入れていますが、動きに重々しさは感じませんし、状態はいいですね。当初は東京のダート2100mあたりを視野に調整していましたが、今の感じであれば中山の最後でも大丈夫かもしれません。週末と来週の感触次第で最終的に決めますが、江戸川特別に向かうことも検討しています」(斎藤師)

状態次第ですが、10月3日の中山競馬(江戸川特別・ダ1800m)に出走を予定しています。』

◇トライアンフマーチ◇
『厩舎周りで15分の曳き運動を行っています。
「引き続き脚元の状態は落ち着いています。舎飼が続いていたことで体型的には崩れてしまっていますが、この馬らしい元気な様子は見せてくれています」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ◇
『17日に左飛節の骨片摘出手術を行い、無事成功しました。現在は舎飼にて休養しています。
「無事手術は成功しました。しばらくは舎飼にて様子を見ていくことになりますが、折を見て、マシンやトレッドミル、曳き運動といった脚元に優しいメニューを取り入れていく予定です」(空港担当者)』

◇ガリアーノ◇
『坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。また、週2回は坂路2本目で15−15を取り入れています。
「坂路1本目の乗りだしの際は多少うるさいところを見せていますが、動かしてしまえば安定感が出てきますし、いい意味で変わりなく調教を進めることができています。動き、息遣いともに余裕が増しており、好調さを実感できます」(牧場担当者)』

◇カドデュソレイユ◇
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。
「いい意味で変わりなく調教を行えています。調教の負荷は平行線ですが焦ってこじらせることは避けたいですし、しばらくは我慢比べですね。比較的大きな馬ですし、力強い走りをする馬なだけに負担もかかりやすいのでしょうから、今後も付き合っていかなければいけません。能力が高いのは1戦だけで十分わかっていますから、ゆっくり馬に合わせていきます」(山元担当者)』

◇フレールジャック◇
『曳き運動を行っています。
「改めてこちらで診断しましたが、トレセンで言われていたような全身麻酔を使って対処をするレベルではないのではないかという結論に至りました。もちろん今後の変化次第では検討しなおす可能性もありますが、現在は常に患部に水が溜まらないような処置をしています。しばらくは曳き運動程度の軽い運動で様子を見ていくことになりそうです」(山元担当者)』

◇カテンゲッチ◇
『22日に宇治田原優駿ステーブルへ移動しました。』


ぼくこめんとヾ(=^▽^=)ノ
更新をさぼっているあいだにキャトルマンが入厩、カテンゲッチが脱北していました!

カテンゲッチは密かにそこそこ期待しているのでデビューが楽しみです!
いきなり打ち砕かれるかも知れませんけどね(笑)ま、元気に走ってさえくれればいいです。

カルソンくんは骨片摘出完了!フレールくんは全身麻酔までは至らないようで良かったです。

でも、打撲してからかれこれ4ヶ月…いや3ヶ月…どっちだったかな?…どちらにしても未だに水が溜まり続けるって…はたしてこんなもんなんでしょうか…なんだかこのままズルズル行きそうな不安も…ズルズル行った挙げ句やはり全身麻酔ってシナリオだけはやめてください。


で、今日ついに2010年度申込みしちゃいました!

申込み馬たちは…
次回発表です(笑)

ではまた(・ω・)ノ

2010年9月10日 (金)

流れ悪いゃ…

点のとれないタイガース…首位陥落です…

それに今週はなんだかんだと忙しい週で、今日はフワフワ感がきつくてしんどかったな…

車検に出していたマイカーが、昨日帰ってきたとおもったら、不具合が見つかったとかで月曜からまたメーカーに送られて入院だと…いったいいくらかかんねん…

それに月末に払わなきゃならなかった支払いをすっかり忘れてて督促されるし…

預かっていた書類提出するの忘れてて超焦るし…

知らぬ間に野良猫のトイレと化していた会社の玄関わきのウンチ対策まで…

てなわけで、もはや、やる気のない今週は、近況に変化のあった二頭のみで。
☆フレールジャック

まずは水曜日の近況
『8日は軽めの調整を行いました。
「左お尻部分に溜まった水は、先週末に抜いて様子を見ています。痛みなどはありませんが、馬がその部分を気にしてこすったりしているので、放っておくのは良くありません。これでまた溜まってくるようなら、切開して根治を目指したほうが早いでしょう。切開すると1週間ほどは運動のみの調整になりますが、大きなペースダウンではありません。今週一杯様子を見て、その状態次第でどうするか決めるつもりです」(友道師)』

っていっていたのに…昨日の更新で…

『「左のお尻部分に溜まった水を完全になくすため、切開して根治を目指そうという方向で話を進めていたのですが、JRA診療所の獣医に再度診てもらったところ、万全を期して全身麻酔をして手術をしたほうがいいのではないかとの話を受けました。いわば安全策なのですが、全身麻酔をするとなるとすぐに運動を再開するのも難しいですし、一度山元トレセンに戻してしっかりと診断してもらうことにしました。2歳夏という時期ですし、だましだまし進めていくより完治は早いはずです」(友道師)
11日に山元トレセンへ放牧に出る予定です。』

結局放牧かいな…
ケツをぶつけてから3ヶ月半…いったいなんだったんだ…


そんなとこは序の口で…


今日、カルカソンヌの近況が突然更新されました。


『トレッドミルでの運動を継続していましたが、左飛節に腫れが見られたことからレントゲン検査を行った結果、骨折していることが判明しました。
「ツメに負担がかからないようにトレッドミルで運動を継続してきましたが、飛節の骨折が判明しました。骨折の場所からして運動中のものではなく、どこかにぶつけてしまった可能性が高いと思われます。来週あたりにもう1度レントゲン検査を行い、その結果を見てから手術を行うか、あるいは自然治癒を待つか判断する予定です。能力があり復帰を楽しみにしていただけに、ここで休ませなければならないのはとても残念ですが、この休養期間でまだ不安が残るツメの状態も改善してくればと思います」(空港担当者)』

…なんじゃそりゃ…
骨折からようやく復活と喜んでいたら裂蹄…復活伸びたなと思っていたら骨折…もはやショックを受ける気力もないや…

あぁ…つかん…(/_\;)

2010年9月 3日 (金)

矢野引退

今日は月末の甲子園の試合の発売日!
必死のパッチで無事3試合ゲットできました!

とうかれていたら、よしさんからのショックなコメント…

矢野引退!

もしかすると…とは思っていましたが、やはり来たかって感じでした。

去年から怪我に故障に…ほとんど活躍ができませんでした。
そしてとどめの城島の加入…

同い年の金本、下柳がまだまだ頑張っていますが、狩野もいるし、いざとなれば浅井もいる…1軍レギュラーに戻るのは難しくなっていました。

でも、抑えで球児がいるように、コンビで抑え捕手として出てほしい希望はありましたが。こればっかしはプロの世界なので仕方がないですね。

2003年、2005年の優勝の中心選手だった矢野。JFKの活躍も、下柳の最多勝もきっと矢野がいたからですね。

矢野が活躍してた頃はちょうど、やたらめったら甲子園に通っていた頃なので、色んな思い出がありますが、1番印象に残っているのが2003年の優勝した年、確か9月の今時分かな?横浜戦で放ったライナーでバックスクリーンに飛び込む逆転サヨナラ2ランホームラン!

ちょうど3塁アルプスで見ていたのですが、打った瞬間は打球が低くて…あぁって思ったっけ…それがまっすぐグングングングン伸びて…まさにミラクルなホームランでした。

それに85年以来の優勝が近づく中での逆転サヨナラホームランだったので、球場全体、異常なくらい、ものすごい盛り上がりで…矢野も飛び跳ねてベースを回ってたっけ。
いまでもはっきり覚えています。


それに矢野といえばなんと言っても、試合に勝った瞬間、投手へ近づくときの爽やかな笑顔がとっても大好きでした!


優勝争いしているから、引退試合があるかどうかわからないけど、月末の試合はあの頃の矢野仕様のレプリカジャージで応援に行くよ!
…着ることができたらね…太ったから…


今後はタイガースのコーチ、そしていつかは監督になって欲しいな!
本当にお疲れ様でした!

最後に
(^O^)/
かっとばせー矢野っ アイヤッ♪
かっとばせー矢野っ アイヤッ♪
かっとばせー矢野っ やぁの〜〜〜っ やっあぁっのっ♪
かっとばせー矢野っ!


\(^O^)/
♪湧き立つ大地に 輝る男
猛虎の要 矢野 狙い撃ち

かっとばせー矢野っ!

ヾ(=^▽^=)ノ
39番は永遠だっ!

在厩くん

昨日もタイガース、終わってみれば楽勝で、ガッチリ首位をキープ。
今日からマツダで3連戦…うち2日がなんとデーゲーム…暑いのは両チーム同じだけど…こちらは平均年齢高いから…なんとか乗り切って欲しいですね!

てなわけで在厩馬たち

☆インペリアルマーチ
『1日は軽めの調整を行いました。
「勝ち切れなかったのは残念ですが、時間をかけて乗り込んで復調してきたのは分かりましたし、手ごたえはつかめた内容でしたね。今朝から坂路で乗り出しましたが、レース後の順調度はこれまでで一番と言えるほど、ダメージがなく馬は元気です。せっかく良化しているところですし、このあとはポンポンと行ってほしいですから、しっかり間隔を取って阪神3週目の芝1600mへ向かいたいと思います」(音無師)

25日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)に福永騎手で出走を予定しています。』

☆フレールジャック
『1日は軽めの調整を行いました。
「乗り出してみると、やはり左のお尻部分に水が溜まってきてしまいました。痛みなどはありませんが、馬が気にする素振りを見せるのであまりいい傾向ではありません。厩舎の馬を見てもらっている開業獣医さんは水を抜く対処で大丈夫だろうと言っているのですが、JRAの診療所の獣医の診断は、切開して完全に治したほうがいいと言います。もう少し様子を見て、開業獣医と再度相談してからどうするか検討したいと思います」(友道師)』

ボクコメヾ(=^▽^=)ノ

はい、弟くんにはポンポンどころかポンポンポンポンといって欲しいところです!

フレールくんはまだ水たまりますか…てか馬房で打撲したっちゅうのがたしか5月末…3ヶ月以上たって秋競馬目前で切開しようかだって…切開するなら3ヶ月の間に、はよしとけっちゅうねん…

まぁ時間はまだまだあるから許してあげよう…
(`へ´)

ではまた(・ω・)ノ

2010年9月 1日 (水)

休養くん

タイガース、今日も打線大爆発でガッチリ首位キープ!

でも、今日はちょっとショックなことが…

今日は雨で流れた試合のファンクラブ先行発売だったんですよね。日程は9月末、あわよくば胴上げの可能性もある試合です!

なのになのに、朝の10時頃まではちゃんと覚えていたのに、次に思い出したのが夕方6時…当然売り切れ…トホホですよ…
通常発売は忘れないようにしなきゃ…


過去2003年、2005年と甲子園で胴上げ見てるタテジマが行かないと優勝できませんよっ!
誰かチケットくれ〜!


てなわけで休養馬たちの近況です。

☆カテンゲッチ☆
『現在は500m周回ダートコースを軽めのキャンターで4周した後、900m屋内坂路コースをハロン15〜16秒で2本駆け上がっています。この中間から登坂本数を2本に増やしましたが堪えた様子はなく、馬体のハリは一段と良化しています。今後も着実にペースアップすることで態勢を整えていきます。』

☆カドデュソレイユ☆
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。
「先週までと同様の調教メニューを行っていますが、脚元の状態もいい意味で平行線ですし、順調に乗れていると言えます。まだ速いところは週に1回のペースですし、今後も慎重に状態の変化を見ながら速いところを2回の頻度にしたり、ペースを上げていけるようにしていければと考えています」(山元担当者)』

☆トライアンフマーチ☆
『舎飼にて休養を行っています。
「患部の状態は特に変わりなく落ち着いています。舎飼が続いてさすがに元気が余っている様子を見せ始めていますので、ストレスを溜めないように心がけていきます。馬体重は504キロです」(早来担当者)』

☆カルカソンヌ☆
『トレッドミルでの運動を行っています。
「ツメの状態は割れた部分が広がることはなく、安定して見せています。ただし、乗り運動を行うには早いかな、という状況です。もうしばらくは現状程度の調整でツメが伸びるのを待つことになります。馬体重は538キロです」(空港担当者)』

☆ガリアーノ☆
『坂路でハロン18〜20秒のキャンター2本を基調に、週1〜2回は15−15を行っています。
「テンションが上がりやすく、仕上がりやすい馬なので意識的に本数を減らすなどして対処していますが、今のところ精神面は安定しています。厳しい暑さが続きますが、カイバ喰いは相変わらずしっかりとしており、暑さ負けした感じはありません。今後もいつ声がかかってもいいようにしっかりと乗り込んでいきます」(牧場担当者)』

☆キャトルマン
『坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週2回は15−15を行っています。
「いい意味で変わりなく乗り込めており、順調です。どこかが気になるというわけではありませんが、大型馬ですし、ほんとうにいい状態にするまでにはもう少し乗り込みが必要でしょう。また、暑い気候もあまり良くないように思えますし、もう少し涼しくなってから具体的な話をしていければ理想的だと思っています」(山元担当者)』


ボクコメヾ(=^▽^=)ノ

みんながんばれ〜!

ではまた(・ω・)ノ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »