« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

キターッ!

タイガースも金本、城島、鳥谷、ブラゼルのホームランの競演でがっちり首位キープ!

そして、今日、キャロットクラブの2010年年度募集のカタログ&DVDが届きました!

毎年ちょいちょい表紙がかっこよくなってるような。

今年も予算は毎月2万のうま貯金の24万!でも、去年15万しか使わなかったから少しオーバーでもいいかな?

いい子と巡り合いたいですね(^ω^)
これからしばらくDVDとにらめっこの嬉し楽し悩ましい日々が続きます!

ではまたヾ(=^▽^=)ノ

2010年8月28日 (土)

二着でしたっ…

我らが黒王、弟くんが新潟9レース、古町特別に出走しました。
兄ちゃんが屈腱炎で無念の戦線離脱…治療に励んでいる兄ちゃんの為にも何とか頑張って欲しいところです。
新潟なんか行けるわけもないので、もちろんお家でテレビ観戦でした。


この猛暑でちっとは絞れているかなと期待して注目の馬体重をみると…な、な、なんと!プラス10キロの562キロ…

なんてこった…まじかよ…思いました。

パドック解説の人は全然太め感ないとか言ってましたが、でも、562キロというの先入観もあって、おいおい、ほんまかいなぁと思いました。

とわいえ、数秒しかみれていないし、それに解説者の人は手先の軽さや繋ぎの柔さを強調して誉めてくれていました。だから解説者の見解を信じることにしました。

馬体増はよりいっそう黒王化したということか。

そして、レース
好スタートから先団を追走する形、その後、今回は、かかるではなく騎手が前に前に行かそうとする感じで、3、4コーナーでは3番手に上がっていました。

ただ、そんなに手応えいいわけでもなく…はたして伸びるのか?と思いました。

直線に入って弟くんは弾けるでもなく、でも、沈むでもなくじわりじわりと伸びていました。
途中、内の馬が鞭で急に外へよれてきたのにはビビりましたが、幸い不利はありませんでした。


その後一旦は先頭にたちましたが、外からかわされクビ差の二着でゴール。


あぁ惜しいぃ…


今日のプラス10キロがどう出たのかわかりませんが、僕の目には、道中やっぱり動きがちょっと重苦しく見えました。反応もよろしくなかったですし。やはり黒王化の影響はあったかも知れません。


でも、キャリアもまだまだ4戦です。てゆうか、戦前から、新馬の時の7、8分っていわれてたわけですしね。
それに、前走は勝ち馬から1.6秒差の8着だったのに今回はクビ差な訳ですし、馬場は違えど2秒近く時計も縮めたわけですから収穫はありでしょう。


ほんと、馬体だけみたら、こんなところでうろちょろする馬じゃないと思うんだけどなぁ…
今はとにかく本格化してくれるのを待ちましょう!


とりあえず馬体重が馬体重だけに無事に帰厩してくれますように。


しかしまぁ、同じ二着でもガリーの時はあんなに嬉しかったのに、今日はなんかモヤモヤ…いかんですよね。喜んであげなきゃね。


てゆうのも、やはり惜しいなぁ…8万馬券かぁ…マーチが1着だったらなぁ…総額10万コースだったのになぁ…
そうやすやすとは神様が許してくれませんね…

あっ!もしかして、この負け僕のせい?
m(_ _;)m ゴメン!!

2010年8月26日 (木)

在厩くん

あ〜ぁ…タイガース1日で首位陥落ですよ…あんなにボロ勝ちしたのにな…
今更ながら、野球は奥が深いね…


ではでは在厩馬たちの近況です(^ω^)

☆フレールジャック☆
『26日は軽めの調整を行いました。
「グリーンウッドで気になっていたという左トモは、水が溜まっていることもありませんし、特に気になりません。今朝は坂路を1本上がって様子を見ました。来週からゲート練習をしていく予定です」(友道師)』

★インペリアルマーチ★
『25日は栗東坂路で追い切りました(ラップ:13秒1−エラー−エラー−エラー)。
「時計はエラーになってしまいましたが、52〜3秒は出ていると思いますし、道中の動きも上々でした。フォームの伸びなども先週以上で、ひと追いごとに良化しているのは間違いありません。新馬の頃の一番良かった状態を知っているだけにまだ物足りなさはありますが、当時の7〜8分までは戻ってきている手ごたえはありますね。能力的にはこのクラスで走っていては困る馬ですから、良化途上でもなんとかしてほしいのが本音ですよ」(東田助手)
28日の新潟競馬(古町特別・芝1600m)に松岡騎手で出走をいたします。』


ぼくこめんと(@゚▽゚@)

今週から在厩くんに、ルーキー、フレール仲間入りです(^ω^)

ま、長ぁぁぁぁぁぁぁいことグリーンWにいたからゲートくらいサクッとクリアしてくれるでしょ!


そして黒王こと弟マーチが今週出走です(^ω^)
でも、新馬の頃の7〜8分て…あのボテボテだった頃の7〜8分ていうことは理想像のいったい何分の仕上がりなのやら…
ちょいと不安は残るコメントですね…
でもまぁ個人的には理想の8割仕上がればこのクラスや900万は余裕で勝てると思っています。いわゆる馬っぷりが違いますから。

ヽ(´▽`)/ナンテネッ


とにかく期待してるよ!がんばれ黒王!

ではまたヾ(=^▽^=)ノ

2010年8月24日 (火)

休養くん

我らがタイガース4連敗で首位陥落ですよ…

ピッチャーがいないよ、ピッチャーが!
ブラゼルにも明らかに疲れが見えるし…やばいっす

てなわけで休養くんたちの近況です


☆フレールジャック☆
『25日に栗東トレセンへ入厩する予定です。
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「水が溜まった左側のお尻部分から水を抜く治療を行いましたが、痛みがあるわけではないのでそのまま緩めずに調教を行っています。ビシビシと速い調教を行ったわけではありませんが、コンスタントに15−15を乗り込んできてトレセンでの調教に耐えうる体力はついてきていますし、暑さのピークを越えての入厩でいいタイミングだと思います。期待の大きな馬ですし、とにかく順調に行って欲しいですね」(GW担当者)』

◇カドデュソレイユ
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。
「先週と同様に週に1回のペースで15−15を乗っています。しかし、相変わらず右前脚に負担がかかりやすいところがあり、まだ強気に攻めていく状態にまではなっていません。球節の張りがもう少し落ち着いてくれば、帰厩に向けてさらにピッチを上げていくつもりです」(山元担当者)』

◆トライアンフマーチ◆
『舎飼にて休養を行っています。
「細胞の移植手術後、特に問題なく厩舎で過ごしています。今はしっかりと休ませることが大切な時期ですし、気持ちに余裕を持たせてゆったりと過ごさせてあげたいですね」(早来担当者)』

◆カルカソンヌ◆
『トレッドミルでの運動を行っています。
「ツメの状態が安定しており、トレッドミルでの運動は難なくこなすことができています。まずはツメが伸びるのを待って、次の段階に進めることになるでしょう」(空港担当者)』

◆ガリアーノ◆
『坂路でハロン18〜20秒のキャンター2本を基調に、週1回は15−15を行っています。
「順調に調教をこなしてくれています。まだまだ暑い日が続くと思うので、この中間は速めの本数を1本にとどめていますが、馬の状態は確実に右肩上がりですし、この調子で進めていきます」(牧場担当者)』

○キャトルマン○
『坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「じっくりと乗り込んでいて、特にこれといった問題もなく調教を進めることができています。大型馬ですし、休養の期間が長いので仕上げるにはもうしばらく時間を要するでしょう。今後の進み具合にもよりますが、秋の東京開催あたりでの復帰を目標にできればと考えています」(山元担当者)』

ぼくこめんと(@゚▽゚@)

ついにフレールくんが入厩です(^ω^)
まだ、ゲート試験とかやることはいっぱいあるけど順調ならば阪神か京都でデビューかな?
どうか、無事に!

早くにグリーンWにきてたけどケツ打撲で少し遅れましたが、おかげでデビューに立ち合えそうです!
まさか意表ついて関東デビューとかやめてよね。


チーム山元は相変わらず代わり映えせんコメント…

チーム北海道は代わり映えしなくていいです。代わり映えしたら困ります。

ガリーは順調そうでなにより。こちらは100パー阪神開催で出てくるでしょ。

休養くんたちはこんな感じです(^ω^)
ではまたヾ(=^▽^=)ノ

2010年8月18日 (水)

価格表キターッ!

キャロットクラブの2010年度募集の価格表が届きました!
東西も振り分けられています。

これで関東入厩予定の41頭は自動的に出資候補から脱落しました〜
(^_^)/~サヨナラ〜


ちなみに価格は一口25000円から150000円まで


一口100000以上のお馬は

関東馬
キューの09(父ディープインパクト 牡)
150000円

グレイトフィーヴァーの09(父ディープインパクト 牡)
125000円

データの09(父ディープインパクト 牡)
150000円

ペニーホイッスルの09(父キングカメハメハ 牡)
100000円

ファインセラの09(父キングカメハメハ 牡)
150000円

リッチダンサーの09(父Hawk Wing 牡)
100000円

関西馬
クリソプレーズの09(父ディープインパクト 牡)
125000円

シンハリーズの09(父ディープインパクト 牡)
150000円

ジェイズジュエリーの09(父アグネスタキオン 牡)
125000円

ガヴィオラの09(父アグネスタキオン 牡)
125000円

ピングパピヨンの09(父シンボリクリスエス 牡)
125000円

ディアデラノビアの09(父シンボリクリスエス 牡)
150000円

アドマイヤセラヴィの09(父シンボリクリスエス 牡)
100000円

アドマイヤサンデーの09(父ジャングルポケット 牝)
100000円

こんなところです。

この中からクラシックに駒を進める子がいるのかな?それとも、お手頃価格の子の中に掘り出し物がいるのかな?

思いの外安かったのがトゥザヴィクトリーの09(父シンボリクリスエス)の牝馬。一口75000円。75000円は決して安くはないですが、兄トゥザグローリーは父キングカメハメハで一口300000円でしたからね!確か初子はセレクトセールでなんと6億円でしたもんね。それを思えば…


しかし、価格表が来ると、やはり気分的にかなり盛り上がってきますね!
はやくDVDでご対面したいです!


ちなみに僕のお馬の弟妹たちは、カルちゃんの妹が関西で募集されます。
父はフジキセキ。一口40000円です(^ω^)候補に入れておこう。

ではまた(・ε・)/

今週の近況

我らがタイガースはガッチリ首位をキープ!
しかし8番バッター林ちゃんがホームラン2発とは、なんとも恐ろしい打線じゃ…

そんなこんなで近況でっす。

☆フレールジャック☆
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「先週気になったトモの状態は、翌日には戻ったので、すぐに乗り出しています。馬房内でもカイバ桶にお尻をこすりつけたりしていますし、どうも以前ぶつけた箇所にまた少し水が溜まっているようです。もしひどくなるようならまた抜きますが、痛みなどがあるわけではないので様子を見ながらペースを落とさずに乗り進めていきます」(GW担当者)』

☆カテンゲッチ☆
『この中間も順調に調教を積んでいます。現在は500m周回ダートコースを軽めのキャンターで4周した後、900m屋内坂路コースをハロン15〜16秒で1本元気に駆け上がっています。坂路調教と併行して砂の深いダートコースで乗り込んでいることで動きにはより力強さが出てきており、馬体のハリも一段と良化しています。今後も現在のペースでしっかり乗り込み、入厩に向けじっくり進めていきます。』

★カドデュソレイユ★
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。
「この中間から週に1回のペースで15−15前後の調教を取り入れています。このまま順調にペースアップしていければと思っていたのですが、調教の負荷を強くした分だけ、負担が掛かりやすい箇所である右前脚の球節部分に張りが見られますね。強めのところを始めたばかりで影響が出ているのかもしれませんし、今後の状態の変化をよく見て調教の内容を変えていきます」(山元担当者)』

★インペリアルマーチ★
『18日は栗東坂路で追い切りました(51秒4−エラー−25秒3−13秒0)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。相手を追いかけたので最後は少し遅れましたが、単走でやるのとは違ってだいぶ気合いが乗ってきた感じがします。先週と比べてもだいぶストライドが伸びるようになってきて、徐々にいい頃の走りに近づいている印象ですね。今朝のひと追いでさらに気持ち、体ともに引き締まってくるはずです。あくまで馬の状態を優先しますが、この分なら来週の競馬にいい状態で向かえると思いますよ」(東田助手)
今のところ、28日の新潟競馬(古町特別・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。』

◇トライアンフマーチ◇
『舎飼にて休養を行っています。
「この中間に胸部からとって培養した細胞の移植を行いました。しばらくは引き続き舎飼で様子を見ていくことになります。厩舎ではできるだけリラックスできるように心がけています」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ◇
『トレッドミルでの運動を行っています。
「左トモに発症した裂蹄は微細なもので歩様にも出ていませんが、念のためトレッドミルでの運動のみとしています。これ以上割れないように注意しつつ、まずはツメを伸ばしたいと思います。馬体重は538キロです」(空港担当者)』

◇ガリアーノ◇
『坂路でハロン18〜20秒のキャンター2本を基調に、週2回は15−15を行っています。
「暑さに堪えた様子もなく元気いっぱいですが、いつも一生懸命に走ってくれる馬で3本の調教を続けると仕上がりすぎてしまう可能性があるので、この中間は2本の登坂にとどめています。秋競馬までもう少し時間があるので、タイミングを図ってペースを上げていこうと思っています」(牧場担当者)』

◆キャトルマン◆
『坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「脚元などに問題はなく、順調に調教を行えています。15−15からもう少し速いところをコンスタントに乗ってもへこたれる様子を見せないのはいいことです。秋競馬を目指していますが、まだすぐに競馬というイメージを抱ける状態にまでは至っていません。大型馬でもありますし、仕上げに少し時間を要することを考えると、上手くいけば中山開催中にトレセンに戻り、競馬はそれ以降という形になるかもしれませんね」(山元担当者)』


ぼくこめんと

屈腱炎で静養中の兄マーチくんの移植手術が行われたようです。
しかし、胸から細胞とるんですね!僕はてっきり屈腱からだと思ってました!
ちょっとビックリです。

闘病生活は、まだまだ始まったばかり…頑張るんだぞ!イライラしちゃダメだぞ!

二歳たちも順調なようです。でも、ソレイユくん、カイバ桶にお尻をこすりつけたりしていますって(笑)。どうしても寛平師匠の『かいぃぃの』を想像してしまいます。そういうキャラをめざすのか!(@゚▽゚@)


カルちゃんの裂蹄もかるくて良かったです(^ω^)

今週はこんな感じ!

ではまた(・ε・)/

2010年8月13日 (金)

今週の近況

いやぁ…夏風邪ひいてしまいました。

最初今日はえらい咳がでるなと思ってから、3日間くらい、37度後半をキープ。ようやく熱も平熱近くまで下がりました。

てなわけで今週の近況は手抜きバージョン!

◎フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「暑さの影響で多少疲れが出たのか、今朝は少しトモが流れるような印象を受けたので、常歩のみで調整しました。ただ、跨った感覚的なもので、見ている分には気にならない程度なので、1日でもペースを落としてあげればすぐに回復するでしょう。全体的には引き続き順調に調整できていますから、移動に向けてしっかりと調整していきます」(GW担当者)』

◎カドデュソレイユ
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「じっくり時間を掛けていることで脚元の状態も安定していますし、トモの歩様が悪くなることもありません。このまま順調に行けば、そう遠くなく15−15程度の調教に上げていくことも考えています。まだパンとしきれていない部分はありますが、時間を掛けてあげればデビュー当初よりもっと良くなってくれるはずですし、馬に合わせてじっくり行きたいですね」(山元担当者)』

◎インペリアルマーチ
『12日は栗東坂路で追い切りました(エラー−エラー−エラー−14秒2)。
「先週しっかりと時計を出したので、今朝はあまりやりすぎず、馬なり程度の追い切りに抑えました。時計はエラーでしたが、乗っている感覚ではだいたい55秒ぐらいですね。来週は併せてしっかり追い切るつもりです。ここまでは順調に来ましたし、追うごとにいい頃の状態に戻りつつありますから、引き続き焦らずにじっくり乗り込んでいきます」(東田助手)

28日の新潟競馬(古町特別・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。』

◎トライアンフマーチ
『舎飼にて休養を行っています。
「引き続き舎飼で様子を見ています。治療初期の段階でしっかりと安静にさせたほうが、その後の経過が良いという傾向がありますので、まずは完全舎飼で休養させたいと思います」(早来担当者)』

◎カルカソンヌ
『軽い裂蹄を発症したため、ウォーキングマシンにペースを落として様子を見ています。
「ハロン15秒のキャンターを継続していましたが、軽い裂蹄を発症してしまいました。しばらく様子を見て、このまま進めるか、少し楽をさせるか検討したいと思います」(空港担当者)』

◎ガリアーノ
『坂路でハロン18〜20秒のキャンター2〜3本の調整を行っています。また、週1日は坂路で15−15を行っています。
「暑い日が続いていますが、体調は安定しています。速めを行った後の歩様も問題ありませんし、順調に調教を課すことができています。今後もこの調子で負荷をかけていきたいですね」(牧場担当者)』

◎キャトルマン
『坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「予定どおりこの中間から15−15の調教を開始しています。その後も脚元、体調ともに不安なく来れているのはいいことです。今のところ秋の競馬を目標にしていますので、このままじっくりと乗り込んでいきます」(山元担当者)』


ぼくこめんと

まぁこんな感じですわぁ

以上!

ではまた(・ε・)/

2010年8月 4日 (水)

休養馬たち

あぁタイガース…早くも首位陥落…
今日は敵地でしかも球審がやつだったっちゅうことで…まぁ仕方がないっす。明日から出直しですね!
ほんと審判Sと審判Kの両巨頭だけは…まじでなんとかならんもんか…


そんなぼやきはおいといて
休養馬たちの近況…いや、弟マーチ以外全馬の近況です(汗)

☆フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「速めの調教をやった感触で動くのは分かりましたから、あまりやりすぎないようにメリハリをつけて、普段の調教に加えて集団で軽めの調教を行ったり工夫をして取り組んでいます。ここまでは順調に来ていますし、暑さのピークを過ぎてから移動できるようにしていきたいですね」(GW担当者)』

★カドデュソレイユ
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「先週は週2回のペースで登坂本数を2本にしていましたが、今週は1日おきに2本登るメニューにしています。前脚の球節部分に負担がかかりやすい面は残るのですが、しっかりケアしている分、今のところ問題はありません。ほかではトモがやや気になるときもあったのですが、今のところまずまず安定しています。まだ本格的な調教を行う段階には来ていませんが、今は地道に土台作りをしていって、再びいいパフォーマンスを披露できるようにしていきたいですね」(山元担当者)』

◇トライアンフマーチ
『舎飼にて休養を行っています。
「まずは完全舎飼でしっかり休ませています。今のところストレスでイライラする様子はありませんし、毛ヅヤもいい状態を保てています」(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本を基調に、週2日は坂路でハロン15秒を計時しています。
「週2回の15−15を取り入れているように状態は徐々に上向いています。今後も同様の調整を重ねていくことで更なる良化を引き出していきます」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『坂路で軽めのキャンター2本の調整を行っています。
「レース後の放牧ですが目立った疲れは見せていませんし、軽めの運動を開始しています。調教後の歩様も問題ありませんし、状態を見ながら負荷を強めていきたいと思います」(牧場担当者)』

◆キャトルマン
『坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。
「数週間前にトモに外傷を負って少し気になる時期もありましたが、今はそれも落ち着き、問題なく調教を行うことができています。今後の状態を見ながらですが、早ければ今週中に15−15くらいのところを取り入れることも考えています。脚元への負担がかかりやすい馬ではありますが、だいぶ固まってきていることもあり、乗っていく中で不安を感じることはそれほどありませんね」(山元担当者)』

ぼくこめんと

今週からガリーもこちらに仲間入り!

しかし、兄ちゃんマーチのコメントが痛々しい…完全舎飼…走り回りたいだろうに…(涙)…てか、年単位で走れないだろうから…
頑張って兄ちゃん!


他のみんなは秋に向けて順調?な感じです!

さぁ最後の砦、弟マーチくんもこちらの仲間入りするかどうか、明日のコメント更新しだいです…はぁ…

ではまた(・ε・)/

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »