« 今週の近況 | トップページ | 在厩馬たち »

2010年6月15日 (火)

牧場の馬たち

ワールドカップ、日本代表やってくれましたね!野球派なので、直前までなんの興味もなかったですが、いざ始まってしまうと、スカパーでどっぷり見ているタテジマです。たしかオリンピックもそうだったな。

ちなみに応援している国はアルゼンチン!マラドーナ監督最高!カメラもしょっちゅうマラドーナを映してくれるので見てて面白い面白い!

てなわけで牧場チームの近況です。
※クラブコメントは許可を得て転載さしてもろてまっせ!

☆フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「打撲した左のお尻部分はほぼ気にならない程度にまで回復しています。中で炎症を起こすようなこともありませんし、痛みなどもありませんから、気にせず乗り込んでいます。少し楽をさせたこともあって、馬体がふっくらとして張りが出ているのはいい傾向ですね。このまま順調に進めていけそうです」
(GW担当者)』

☆カテンゲッチ
『この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースをハロン15〜16秒で1本元気に駆け上がっており、週2回は登坂回数を2本に増やしています。また、週3回は1000m周回ダートコースでの調教もこなしています。柔らかみのある動きでトビが大きいので、ハロン15秒の調教でも遅く感じるほどです。継続した調教で馬体が引き締まってきており、体調面にも不安はありません。』

★カドデュソレイユ
『ウォーキングマシン調整を行っています。

「先週末に帰ってきました。脚元に疲れがあるということでしたので、こちらでも慎重に様子を見ています。左前脚の球節に腫れが見られますが、右前にも疲れを感じますので、落ち着くまでは楽をさせて疲れを癒してから再度乗っていければと考えています」
(山元担当者)』

◇トライアンフマーチ
『屋外周回コースでハロン19秒程度のキャンター2000mの運動を行っています。

「昨日まではマシンで様子を見ていましたが、本日から乗り出しています。春はよく頑張ってくれましたし、こちらではできるだけ疲れをとって、リフレッシュさせたいと思います。馬体重は483キロです」
(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋外坂路コースでハロン17秒のキャンター1本を行っています。

「じわじわと負荷を高めていますが、脚元は問題ないですし、順調に乗り込めていますよ。能力は間違いない馬ですから、時間をしっかりかけてでも復帰までこの調子で進めていきたいですね」
(空港担当者)』

◆キャトルマン
『坂路でハロン16秒程度のキャンター調整を行っています。

「これまでと同じく坂路での調教を行っていますが、現在はハロン16秒くらいのところまで乗っています。まだ疲れは残りますが、少しずつ進められているのはいいことでしょう。脚元は負担がかかりやすい格好をしていますが、安定しています」
(山元担当者)』

ボクコメント
フレールくん、ぶつけたオケツもようやく治ってきたようですね。
どこでデビューするのかなっ!

久々登場ゲッチューも順調そのもの。

カルちん、キャトルマンも一歩一歩前進しています。

兄マーチくんも、どうやら安田記念の激戦の影響は大丈夫そうな感じ。良かったです。


ソレイユくんはやはりちょっと心配ですね…とりあえず焦らずゆっくりゆっくりですね!

今週はこんな感じでした!

ではまた(・ε・)/

« 今週の近況 | トップページ | 在厩馬たち »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 | トップページ | 在厩馬たち »