« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

今週の近況

サッカー、惜しくも日本負けちゃいましたね。
開催前はきっと1勝もできないんちゃうかとか言ってたのに、予想に反して快進撃を続けていくと、今度はかりにもグループ1位通過してきたパラグアイに対して勝てるんちゃうか…言いだす始末…困ったもんですねにわかファンって…ええ、僕のことです(^ω^)

とにかく日本代表は頑張ってくれました!胸を張って帰って来てほしいですね!
PKはずしちゃってへこんでた選手も堂々と帰って来てほしいです。そこまでどれだけ頑張ったかみんな見てましたよ!


てなわけで近況行きます。
クラブコメント

☆フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「打撲した左のお尻部分については引き続き治療していますが、乗り進める分には問題ないので、他の2歳馬と同様のメニューをこなしています。ゲート練習も特に問題ありませんし、乗り込みは順調ですね。ディープインパクト産駒らしくコンパクトな馬体ですが、ここにきてしっかり幅が出てきて逞しくなっていますよ」
(GW担当者)』

☆カテンゲッチ
空港牧場
『現在は400m周回コースを軽めのキャンターで4周した後、900m屋内坂路コースを毎日ハロン16〜17秒で1本元気に駆け上がっています。ややうるさいところを見せ始めていますので、周回コースで軽くガス抜きをしてから坂路へ入れています。乗り味は相変わらずいいので、精神的なプレッシャーをかけすぎないように注意して進めていきます。』

★カドデュソレイユ
『坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。

「先週まではダク程度の軽めの運動を行っていましたが、この中間から坂路での調教を開始しています。脚元は完全にスッキリしたとは言い切れませんし、右前脚の球節に負担がかかりやすいところも残りますので、今後もしっかりケアしていきたいと思います」
(山元担当者)』

★インペリアルマーチ
『30日は栗東坂路で追い切りました(51秒6−38秒1−26秒0−13秒5)。

「終い13秒を切れなかったのはやや不満でしたが、全体の時計がこれだけ出ているので十分でしょう。もともと坂路ではそれほど動かないタイプですから、直前にビッシリやってこの時計ならいい状態でレースに向かえるはずです。かなり行きっぷりがいいのでマイルはプラスに出ると思いますし、当たりの柔らかい福永騎手の手腕も楽しみです」
(音無師)

「今朝は一杯に追ってほしいとの指示でした。前半はかかるほどの行きっぷりで抑えがきかないぐらいでしたが、ビッシリやれたのは良かったと思います。体はほぼできてきましたし、あとは久々の分うまくレースに気持ちを持っていければ大丈夫でしょう」
(福永騎手)

7月4日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)に福永騎手で出走を予定しています。』

◇トライアンフマーチ
『屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コース1本でハロン16秒のキャンターを行っています。
「元気一杯に運動できています。さすがにこの程度の時計なら軽々と出せますね。踏み込みにも力強さがありますし、いいリフレッシュができていると思います。馬体重は490キロです」
(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋外坂路コースでハロン17秒のキャンター2本を行っています。

「負荷を高めてからも脚元等に不安はなく、スムーズに調整を行うことができています。今週からハロン16秒のペースを取り入れていく予定です」
(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『30日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週の出走状況を見ていると、ダート1800mは番組数が多いので中1週でも使える可能性があるようです。その点を踏まえて今週使えるように調整をしてきて、今朝はCWコースで追い切りました。休み明けを1度使った上積みもありますし、できれば間隔をあけずに使っていってあげたいですね。今回は乗り慣れた松山騎手に乗ってもらいます。コースで追い切っている限りではかかって行くような感じもありませんし、なんとか攻め馬の良さを実戦で見せてもらいたいですね」
(池添師)

7月3日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1800m)もしくは4日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に松山騎手で出走を予定しています。』

◆キャトルマン
『坂路でハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。

「じっくり動かしていることで連戦の疲れは徐々に抜けてきているように感じますね。現在は16−16くらいをベースに2本登るメニューをコンスタントに行っています。まだ急にピッチを上げていくタイミングではありませんが、様子を見ながら少しずつ運動の負荷をかけていきたいですね」
(山元担当者)』


ぼくこめんと

今週は弟マーチが出走予定と思ってたらなんとガリーまで出走表明!

できらば日曜日でお願いできませんか?

ま、でも土曜日なら最終レースだけど日曜日なら7レース…そして8レースに弟くん出走…これはこれでなんだか忙しいな…もし、ガリーが勝ったら弟マーチのパドックが見れないもんな…

でも、土日連闘はきついからやっぱり日曜日がいいな…
さぁてどうなるかな!

ちなみに弟マーチも、ガリーの土日とも出走Aだったから自ら回避しない限り出られます。

今週末は忙しくなりそう!
ユキチャンうちわを忘れずに持っていかなきゃ…

ではまた(・ε・)/

2010年6月27日 (日)

ヅカ記念結果

今日は宝塚記念に行ってきました!

天気は曇り。湿度がめっちゃ高く暑い暑い…人も多い多い…
あまりに暑くて汗がダラダラダラダラ……全く競馬をする気になれない…とりあえずビールを飲んだらさらにダラダラダラダラ。
ちょっと脱水症状のようなプチ熱中症のような感じになっちゃってしんどくなってしばいばした…

とりあえず、お水やお茶で水分補給して、扇子を買おうとターフィーショップへ。そこで見つけたのがユキチャンうちわ!
さらに水分補給してうちわでパタパタパタパタしてたら、復活してきました!
ヤバかった…汗ダラダラの時のビールは危険みたいですよ!

暑い中、一瞬だけ冷えた瞬間がありました…
喫煙ルームで一服していたら、超大柄の女装したオッサンが、すぐ隣に来てしまったブル!その距離30センチも無いっす!まさにリアルイワさんだっちゃぶる!ヒーハー!
タテジマボーイheartといわれちゃかなわんのですぐに退散しましたよ。
入れ代わりに新発売タバコのキャンペーンの綺麗なお姉さんが入ってこようとして、目が合ってニッコリ笑ってくれましたが、そのまま退散。誘惑より恐怖が勝っちゃぶる…ヒーハー!

そして、いよいよメイン宝塚記念。

昨日予想していたから、すでに8頭だてのレースでした(笑)

パドックみて、取り立てて追加する馬もなく、何かを削らなねばということで、まずは残すものを残そうと。

ぱっと見て目についた馬はフォゲッタブル、ジャガーメイル、ブエナビスタの3頭。ブエナは初めてこりゃいいなって思いました。次にナカヤマフェスタ、そしてアーネストリー。

セイウンワンダーはやはり中1週のせいかいつもの迫力がなかったし、ネヴァブションは上の5頭を削ってまではって感じでした。

てなわけで、この5頭で行きたかったですが、どうしてもロジユニヴァースを買いたかったもので、結局、馬単、三連複6頭ボックスを買いました。


結果はご存知のとおり、
優勝ナカヤマフェスタ
2着ブエナビスタ
3着アーネストリー
4着ドリームジャーニー
5着ネヴァブション

ということで見事、馬単、三連複ともに的中しました!

ドリームジャーニーの追い込みには相当ビビりました。一頓挫あったのに、ここまで来るとはやっぱり力ありますよね。


優勝したナカヤマフェスタ。今の4歳は弱いといわれ続けていましたが、一矢報いた感じです。
ナカヤマフェスタやロジユニヴァースを買ったのもマーチとともに見続けてた世代だから、やっぱり頑張って欲しかったのでナカヤマフェスタが抜け出したときは本当に嬉しかったです。

続く11レースも馬単的中!しかも思いがけない高配当に大はしゃぎ!

続く最終は的中目前でハナ差交わされ1着3着…惜しくも3連続万馬券的中は夢と消えました。
ま、そんなとこが起こっていれば、とんでもないしっぺ返しがあるでしょうから命拾いしたのかもね(笑)


レース後、パドックで倉科カナさんとラムジさんとトークショーとライブがありました。
倉科て誰?って思ってたけど、顔見たら一発でわかりました。
前のNHKの朝の連ドラうぇるかめのヒロインの女優さんじゃないですか!
めちゃくちゃ可愛かったですよ!これまじで!

ラムジさんも、ラムジて誰…思ってましたが、JRAのCMソング歌ってる人でした!
当たり前かも知れませんが歌うまいうまい!結構感動しました!

帰り道トークショーのMCやってた綺麗なお姉さんがすぐ隣を歩いていたので、後をつけてるぽん吉さんがいないかと思い振り返ってみましたがわかりませんでした。

そんなこんなで楽しい宝塚記念でした!
ま、こうして楽しく過ごせたのも、しんどいときに買ったユキチャンうちわで復活したお陰です。
大事にしなきゃ!

ではまた(・ε・)/

2010年6月26日 (土)

塚記念

いよいよ今日からサッカーも決勝トーナメント!

そして明日は上半期最後のG1ヅカ記念!

残念ながら今日はひどい雨…明日はやんでくれたとしても良馬場は望めそうにもありません。

てなことも含めてちょっと予想してみましょ
①イコピコ
切れ味信条な馬だけに小回りとこの馬場では…パス

②アーネストリー
プチ伝説の新馬戦勝ち馬。ここに来て重賞連勝。

③ネヴァブション
ご存知中山巧者。怖い!

④スマートギア
ピンと来ないなぁ…パス

⑤ナムラクレセント
うーん(-ω-)…パス

⑥セイウンワンダー
実力はあります。心配は中1週…買いたい

⑦マイネルアンサー
…パス

⑧ブエナビスタ
現役最強クラス…道悪は未知数…でもどない考えても強いよね…はずすのは大冒険

⑨ロジユニヴァース
ご存知ダービー馬。道悪の強さは最強クラス。しかも鞍上アンカツ!ここで買わねばどこで買う!

⑩ジャガーメイル
天皇賞馬。よしさんの伝説の目黒記念二着馬。道悪もこなすでしょ…買い

⑪トップカミング
ピンと来まへん…パス

⑫メイショウベルーガ
イメージ的には京都で追い込み…パス

⑬フォゲッタブル
有馬記念だけ走れれば…買い

⑭マキハタサイボーグ
この成績じゃねえ…パス

⑯アクシオン
金杯までは良かったんだけどなぁ…パス

⑰ナカヤマフェスタ
あの道悪ダービーで追い込んできた馬。休み明け快勝してるし…怖い…

⑱ドリームジャーニー
グランプリ連覇中。強いけど…球節炎からの放牧明け…調教パターンもいつもと違うし…今回は様子見か…


てなわけでいまんとこ②③⑥⑧⑨⑩⑬⑰
後はパドック見て、軸を決めて流すか…数頭削ってボックス買いか…

後はその場の雰囲気です (笑)

2010年6月23日 (水)

近況だよ

今日帰ってきてスカパーを見ようとつけてみると…

全く映らない…
Σ(゚ロ゚;)ナニ-!!

どのチャンネルもうつらない…

あっ!

っと思い出し、ベランダを見てみると…

建物のプチ改修でベランダに足場が組まれていたのでした…
ガ━━((゚Д゚;))━━ン

くっそー(ノд<。)゜。

てなわけで週明けまでスカパーを封印されたタテジマでした…競馬もサッカーも野球も見れないよ〜


ショックを隠せないまま近況をどうぞ。


☆フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「打撲した左のお尻部分の状態は乗っているぶんには影響はありません。触った感じ少し水が溜まることがありますので、様子を見ながら乗り進めています。完治はしていないものの、歩様などは問題ないので心配しなくていいでしょう。体はふっくら見せていていい状態なので、引き続きじっくり乗り込んでいきます」
(GW担当者)』

★カドデュソレイユ
『周回でダク調整を行っています。

「今週から乗り運動を開始していて、今朝は馬場でダク調整を行っています。脚元が気になっての放牧ですし、動かしながらも極端な負担をかけないように注意しながら乗っていきたいと思います」
(山元担当者)』

★インペリアルマーチ
『23日は栗東坂路で追い切りました(53秒1−39秒1−26秒6−13秒6)。

「来週の競馬ですし、今朝は馬場が悪かったので、無理せず単走で追い切りました。荒れた馬場で終いはかかりましたが、もともと坂路ではそれほど時計が出るタイプではありませんし、後半の時間帯だったことを考えればこれで十分でしょう」
(音無師)

「跨った感じはまだ少し太い印象を受けましたが、このひと追いで絞れてくると思いますよ。動き自体はいいですし、来週しっかりやればいい状態でレースに臨めると思います」
(福永騎手)

7月4日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)に福永騎手で出走を予定しています。』

◇トライアンフマーチ
『屋外周回コースでハロン19秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コース1本でハロン17秒のキャンターを行っています。
「帰ってきてから日は浅いですが、それほど疲れを感じさせる様子はありませんので、さっそく通常のメニューで調教を行っています。軽めながらもさすがの動きを見せていますよ」
(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋外坂路コースでハロン17秒のキャンター2本を行っています。

「この中間から登坂本数を2本に増やしましたが、堪えた様子はなく、元気いっぱいにキャンターを行うことができています。この分なら今後も順調に負荷を強めていくことができそうです」
(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『23日は軽めの調整を行いました。

「勝負どころからうまくマクッていったと思って見ていたのですが、最後は思ったほど伸びてくれませんでした。ちょっと乗り難しいところがあるので、初めてレースでこの馬に乗る新人ジョッキーもそのあたりが気になったのかもしれませんね。レース後の状態は変わりないですし、使って次はさらに良くなると思いますが、次走までどれくらい間隔が必要か現時点で分かりません。7週も8週もあけないといけないとなると調子を維持するのも難しいですし、想定などを見てからどうするか決めたいと思います」
(池添師)』

◆キャトルマン
『坂路でハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。

「まだ疲れは完全に癒えきっていないのですが、大柄で気性もややノンビリしている馬ですから、緩まないように注意しながら動かしています。現在はまだ速いところをドンドン乗れる状態ではないので、普通キャンターを2本登るメニューを行っています。多少馬体が立派に見えるのは仕方ありませんが、極端に太くなり過ぎないようにしていきたいですね」
(山元担当者)』


ぼくこめんと

カルちゃんが少しずつ調教のペースが上がってきました!!
まだまだ焦りは禁物ですし、また、焦る必要も全くないですが、やっぱり早く会いたいですね(^ω^)

一方、フレールくん軽くぶつけただけか思っていましたが、思ったよりも水がどうした…というコメントが長引いていますね…ま、秋デビューでも十分なので、しっかり治してもらいたいです。

ではまた(・ε・)/

2010年6月20日 (日)

ガリアーノ結果

今日はガリーの応援に仁川に行ってきました。

到着したのはちょうどお昼。見たかった新馬戦はレースには間に合いましたが、パドックはみれませんでした。

その新馬戦、なぜ注目していたかといいますと、アヴェンチュラがデビューするからです。
アヴェンチュラというとアドマイヤサンデーの08…そうです。去年の募集で僕が1位指名して、見事落選したお馬です。

レースは道中中段につけ、直線楽々と先頭にたち、そのまま後続を引き離して勝利。危なげない見事な勝利でした。
運良く当たった出資者のみなさんおめでとうございます…

…いいなぁ…

僕もPOGでちゃんと指名したから応援しますよ!

…でも、いいなぁ…


気分を変えてガリーの話題。

パドックのガリーはふっくらしたように見えましたが、マイナス体重…

見た感じちゃんと仕上がってるように見えました。踏み込みとかもよく見えましたし。
ハミが気に食わないのか終始舌をレロレロ…ま、これはいつものことです。でも、休み明けだからか、ここ最近ではない感じで、かなーりのんびり周回していました。


レースは後方追走、向こう正面から徐々に仕掛けてポジションアップ。


『おっとどうなるか!』

って思いましたが、もはやここまで、口向きの悪さを全開に見せ、ジョッキーも後ろを振り返りながら他馬の邪魔をしないようにするのでいっぱいいっぱい…

不完全燃焼のまま、見せ場なく11着に終わってしまいました。

そういえば、前走池添騎手をもってしても、口向きが悪くて…と言っていただけに、新人ジョッキーではまだまだ制御が難しいですよね…


レクチャーでも、どうしたらいいんでしょうね…みたいな…芝使ってみるかぁ…みたいな…


ペリエみたいなコワイ系のジョッキーに乗ってもらうとか、暴れん坊大王の兄マーチが着けて真面目に走るようになったバッテンつけてみるとか…

でもそんなことは厩舎の人が真っ先に考えてるでしょうしね…

ま、真面目にさえ走ってくれるば、入着する実力はあると思いますから長い目で見ていきましょう。


パドックでのガリーです


2010年6月18日 (金)

在厩馬たち

アルゼンチン対韓国は、僕の応援しているマラドーナ率いるアルゼンチンが圧勝しました!

これで決勝トーナメントでもマラドーナの雄叫びが見れそうです!

でも、今日は韓国、なんだか迫力がなかったですね…調子悪かったのかな?

てなわけで在厩馬の近況です!

☆インペリアルマーチ☆
『17日は栗東坂路で追い切りました(54秒4−40秒0−26秒2−エラー)。

「帰厩間もないですし、まだ速い時計は出したくなかったので、単走で追い切りました。ジョッキーがうまく抑えてくれて、ちょうどいい具合で追い切りができましたね。しばらく休んでいたのでまだ緩い感じはしますが、あと2週ありますし、しっかりと乗り込んで仕上げていきたいと思います。鞍上は変更になりますが、当たりが柔らかい福永騎手が合いそうだと思って依頼しました」
(音無師)

「追い切りに跨りました。水曜日に跨った印象だともっとハミを噛んでガーッと行ってしまいそうだったのですが、今朝は意外とうまく折り合いましたし、速い追い切りのほうが乗りやすいですね。これからもこうやって前半力まないように覚えさせていけば、レースでも折り合いに不安なく走れるようになるでしょう。いかにもマイルは合いそうですし、久々でも楽しみですね」
(福永騎手)

7月4日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)に福永騎手で出走を予定しています。』

◇ガリアーノ◇
『16日は栗東CWコースで追い切りました。

「京都の最終週に使うつもりでしっかり間隔をあけて帰厩させて調整してきたので、先週の除外は残念でした。ただ、1週延びたおかげで今週もしっかりやれましたし、ここ最近の調教ではあまりガーッと行きたがるところを見せず、前半から折り合えているのがいいですね。今朝はジョッキーを乗せて追い切りましたが、うまくコントロールして終いを伸ばせましたし、全体の時計も80秒を切るぐらいで非常にいい状態で競馬に臨めそうです。特別登録もしていましたが、降級馬と一緒のレースになるので、少しでもアドバンテージがあるように3キロ減が利く平場のレースに向かう予定です」
(池添師)

20日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に川須騎手で出走いたします。』


ボボボボクコメント

今週はガリーの復帰戦!
この開催からクラスが再編成されます。メンバー知らないからどんだけ降級馬が混じってるのかはわかりませんが、調教もよさそうだし、3キロ減でなんとか頑張ってほしいですね…てか…新人ジョッキーやん…大丈夫なん?
目標!5着以内!


弟マーチくんも復帰に向けて頑張ってます。
前の予定じゃその11日の1800だったけど、1週間早まったマイル戦になりましたね。
でも、早々とジョッキー決まるあたりはさすがです。
兄ちゃんに少しでも、追いつけるよう頑張ってほしいですね!

夢はもちろんG1の舞台で兄弟揃い踏みです。


ちなみにタテジマファミリーで降級した子はカルちゃんだけでした!ま、兄マーチはコツコツ稼いでたし、ガリーは500万だから降級する余地がないんですけどね。

ではまた(・ε・)/

2010年6月15日 (火)

牧場の馬たち

ワールドカップ、日本代表やってくれましたね!野球派なので、直前までなんの興味もなかったですが、いざ始まってしまうと、スカパーでどっぷり見ているタテジマです。たしかオリンピックもそうだったな。

ちなみに応援している国はアルゼンチン!マラドーナ監督最高!カメラもしょっちゅうマラドーナを映してくれるので見てて面白い面白い!

てなわけで牧場チームの近況です。
※クラブコメントは許可を得て転載さしてもろてまっせ!

☆フレールジャック
『坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「打撲した左のお尻部分はほぼ気にならない程度にまで回復しています。中で炎症を起こすようなこともありませんし、痛みなどもありませんから、気にせず乗り込んでいます。少し楽をさせたこともあって、馬体がふっくらとして張りが出ているのはいい傾向ですね。このまま順調に進めていけそうです」
(GW担当者)』

☆カテンゲッチ
『この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースをハロン15〜16秒で1本元気に駆け上がっており、週2回は登坂回数を2本に増やしています。また、週3回は1000m周回ダートコースでの調教もこなしています。柔らかみのある動きでトビが大きいので、ハロン15秒の調教でも遅く感じるほどです。継続した調教で馬体が引き締まってきており、体調面にも不安はありません。』

★カドデュソレイユ
『ウォーキングマシン調整を行っています。

「先週末に帰ってきました。脚元に疲れがあるということでしたので、こちらでも慎重に様子を見ています。左前脚の球節に腫れが見られますが、右前にも疲れを感じますので、落ち着くまでは楽をさせて疲れを癒してから再度乗っていければと考えています」
(山元担当者)』

◇トライアンフマーチ
『屋外周回コースでハロン19秒程度のキャンター2000mの運動を行っています。

「昨日まではマシンで様子を見ていましたが、本日から乗り出しています。春はよく頑張ってくれましたし、こちらではできるだけ疲れをとって、リフレッシュさせたいと思います。馬体重は483キロです」
(早来担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋外坂路コースでハロン17秒のキャンター1本を行っています。

「じわじわと負荷を高めていますが、脚元は問題ないですし、順調に乗り込めていますよ。能力は間違いない馬ですから、時間をしっかりかけてでも復帰までこの調子で進めていきたいですね」
(空港担当者)』

◆キャトルマン
『坂路でハロン16秒程度のキャンター調整を行っています。

「これまでと同じく坂路での調教を行っていますが、現在はハロン16秒くらいのところまで乗っています。まだ疲れは残りますが、少しずつ進められているのはいいことでしょう。脚元は負担がかかりやすい格好をしていますが、安定しています」
(山元担当者)』

ボクコメント
フレールくん、ぶつけたオケツもようやく治ってきたようですね。
どこでデビューするのかなっ!

久々登場ゲッチューも順調そのもの。

カルちん、キャトルマンも一歩一歩前進しています。

兄マーチくんも、どうやら安田記念の激戦の影響は大丈夫そうな感じ。良かったです。


ソレイユくんはやはりちょっと心配ですね…とりあえず焦らずゆっくりゆっくりですね!

今週はこんな感じでした!

ではまた(・ε・)/

2010年6月11日 (金)

今週の近況

後れ馳せながら今週の近況です。

でも、今週はもう週末なので在厩馬だけね!


カドデュソレイユ
コメントその1
『9日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒6−52秒5−39秒3−13秒8)。

「初戦でビッシリと追われましたから、その後にガタっと来てもおかしくなかったのですが、肉体的には持ちこたえることができていますし、気持ちの面でもいい意味でピリッとして歩きもシャキシャキしています。一度競馬を経験した上積みが感じられますね。脚元を含めて肉体面の疲れを心配してデビュー戦の最終調整は坂路でサラッと整えるような追い切りに終始しましたが、今回は大丈夫だろうと踏んでウッドチップで長めから追い切りました。それでも不安が完全になくなったわけではないので、オーバーワークにならないようにやや控えめの内容にとどめています。動きはしっかりしているし、いい状態でレースに送り出せると思います。前回ではキラリと光るものを見せてくれて、今後の期待も大きい馬ですが、まだキャリア2戦目ですし、未勝利戦とは訳が違いますからね。今回が試金石になると思いますから、あくまでもチャレンジするつもりで競馬に向かいます。あとは予定どおり出走できるかどうかでしょう。想定を見る限り、1600mは数頭除外で済みそうな状況ですが、前日にある同クラスの1400mがかなり溢れかえっているので、こちらに回ってくる陣営も多いでしょう。抽選を無事に突破してほしいですね」
(古賀慎師)

13日の東京競馬(3歳500万下・ダ1600m)に内田騎手で出走を予定しています。』

だったんですが…

コメントその2
『「あとは体調を整えてレース本番に向かえればと思っていましたが、今朝脚元をチェックしたところ右前脚の球節に若干の熱感と張りが見られました。北海道にいるころから球節部分に負担がかかりやすいところのある馬ですが、今回昇級戦に備えて調教を積んできた分だけ疲れが出てしまったようです。本音を言えば、ごまかして使うこともできるくらいのごく軽度のものなのですが、ここで無理をすると靱帯などにダメージを負ってしまうことにもなりかねません。これから先が非常に楽しみな馬ですし、ここは大事を取らせていただくことにしました。山元トレセンには都合をつけてもらいましたので、明日放牧に出して、しっかりケアして回復を促してもらいます。その後の具体的なことは状態を見ながら検討していくつもりです」
(古賀慎師)

13日の東京競馬(3歳500万下・ダ1600m)は大事をとって見送り、11日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出る予定です。』
( ̄□ ̄;)!!

ガリアーノ
『10日は軽めの調整を行いました。

「帰厩後もひと追いごとに状態が上向いて、水曜日の追い切りでも前半しっかり折り合えていたので、これなら期待できると楽しみにしてましたが、除外になってしまいました。想定からギリギリ出走できないかと思っていたのですが、他のレースを予定していた馬が何頭か回ってきたようです。降級前に勝っておきたいと思ってしっかり調整してきただけに残念です。ただ、もうひと追いできるのはプラスになるはずですし、さらに状態が上向くようにしっかりと乗り込んでいきます」
(池添助手)

13日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1800m)は非抽選除外となりました。このあとは19日の阪神競馬(城崎特別・ダ1800m)を目標にする予定です。』
( ̄^ ̄)

ボクコメント

今週は2頭出走予定で楽しみにしてたんですが…

ガリーは非抽選除外…ま、こればっかりは仕方がありませんよね。
勝って降級したいはみんな同じ思いですからね…


ソレイユくんはやはり脚元が…ということで、放牧に出ることになりました。
レースに出なくて良かったですよ…

すでに勝ち上がってるから、焦ることはないので脚元の治療に専念してほしいですね!
でも、こんな状態でも勝ち上がるんだから元気にさえなればかなりのもの!…だと思う…

いつの日かバトードールくんと並んで走れるようになってもらいたいです!

そうそう兄ちゃんと入れ替わるように弟マーチが今日入厩しました!
こちらもまだまだ脚元気にしながらでしょうけど、怪我しないようにじっくり調教つんでもらいたいです!
復帰戦が楽しみですね(^ω^)

ではまた(・ε・)/

2010年6月10日 (木)

安田記念遠征記その5

レース後レクチャーに参加しましたが、お隣で芝刈りマシーンがウィンウィン爆音響かせ、せっせと働いていたので、全くレクチャーが聞こえませんでした。

なので、翌日、競馬ブックを買ったので、まずは、内田騎手のコメントをみてみました。

正直ショックを受けました

ていうのも、「追い出しも我慢できたし、自分としては完璧な騎乗だった…ただ、追い出してからが思ったほどではなかったし、最後は決め手の差がでてしまった…」

だって…

普通、嘘でも馬は頑張ってくれました言うでしょ…実際マーチはめっちゃ頑張った、頑張り過ぎるくらいに頑張ってくれました…なのに、自分は完璧、負けたのはマーチが弱いからみたいなコメント…

追い出し我慢できたって…思ったほどではって…決め手の差って…

もしも、33、4秒あたりではじけたら日本レコード余裕の更新、1.30秒台でてまうんですけど…29秒台も夢じゃないってか…

大事なマー様を壊す気ですかっ!

あほかこいつは…

と一瞬思いました

でもクラブコメントをみるとかなり違いました。

『6日の東京競馬では好スタートから好位を追走し、勝負どころからスッと先団に取り付け直線で押し切りを図るが、最後は外から交わされ4着。

「いいスタートを切れて、道中はリズムよく走ることができました。3コーナーから4コーナーにかけて馬なりのまま先団との差を詰められました。押していったわけではなく、掛かってもいませんでした。外めの枠と言うことを考えても馬の気を阻害してまで強引に内に入れていくことは得策ではないでしょうし、なにより非常にいい手ごたえで進めることができました。勝ちに行く競馬をした分最後は交わされてしまいましたが、並みの馬ならあそこまで粘ることはできなかったでしょう。結果論になりますが、上位に来た3頭は春の充実度やマイルの実績などがある馬たちですし、この馬自身の現段階での力は出せたと思います。まだこれから成長してくれる部分もあるでしょうから、今後ひとつひとつステップアップしてもっと強くなってくれる馬だと思います」
(内田騎手)


「勝てなかったのは残念ですが、まだ古馬の一線級とのレース経験がそれほどない馬ですからね。今日はキャリアの差もあるでしょう。ここにきてだいぶ行儀よく走れるようになり、安定して力を出せるようになってきました。時間をかけてようやくここまで来た馬で、これからさらに良くなるはずです。現状では力を出せたと思いますが、秋にはさらに上を目指せるように鍛えていきたいですね。このあとは山元トレセンを経由して北海道へ放牧に出す予定です。今の東京は時計が速すぎて馬に負担がかかる馬場なので、レース後の状態をよくチェックして、これまでの疲れを取ってもらいます。春以上の走りをしてもらうための充電のつもりなので、いいお休みになってほしいですね。始動のレースについては牧場での状態を見ながら決めていきます」
(角居師)

春の最大目標である安田記念で勝ちに行く競馬をし、大きな見せ場を作ってくれました。優勝できなかったことは残念ですが、今回の経験は今後さらに上の結果を目指していく本馬には大きなプラスになってくれるでしょう。このあとは競馬場から直接山元トレセンへ放牧に出し、その後ノーザンファームへ移動する予定です。復帰時期は馬の状態を見て決めていくことになります。秋にはさらに成長した姿を披露し、大舞台での好走を期待したいものです。』


ほらね、全然ちがうでしょ?

あほか!言ってごめんね〜
ウチパクだからあそこまで頑張れたのかもね。

とにもかくにも、頑張って感動させてくれたマーチくんは秋までお休み。
激戦の疲れをしっかり癒して、秋に元気に帰ってきて下さい。

秋には誰が乗ってくれるのかな?
このままウチパク騎手かな?また、岩田騎手かな?残念ながらリーチくんが超高速の犠牲となり骨折休養してしまったので、豊騎手も空いてるな。まさか幸四郎か…
僕的には、去年のマイルチャンピオンシップ、マーチで出たかった…とまで言ってくれたスミヨン騎手がいいな。てか来てくれるのかな?

ってちょっと気がはやいですね!

今から秋が楽しみですね(^ω^)

てなわけで、安田記念遠征記これにておしまい!

ではまた(・ε・)/

安田記念遠征記その4

早く書かなきゃ次の週の競馬がはじまっちゃう…

てことで遠征記その4

パドックのマーチくんは、相変わらずテンション高めでした…首を左右に振るたびにヨダレも左右に飛んでいました…

そして、あくまでも個人的な感想ですが、マイラーズカップの時の方が馬体のはり、踏み込みともに良かったような…特に踏み込みがね…気のせいだったのかな…

あと、パドックでは4番のホンコンさんが、えらくゆっくり回るおかげで大渋滞…ショートカットしてくれればいいのに…と思いながらこれ以上マーチくんのテンションが上がらないように祈ってました。

パドックで出来がよく見えたのはスマイルジャックとファリダットでした。勝ち馬なんか何度もヒヒーンって立ち上がっていたのにな…あれが優勝するなんてね…


そんなこんなでパドックが終わり僕はダッシュで馬場へ…ゴールをちょいすぎた辺りのアリーナが確保できたときには、ちょうど先に入ったリーチくんが駆けていくところでした。


いよいよ本馬場入場曲が流れ、各馬が入場してきます!
まだちょっと馴染まないG1入場曲にのせて目の前を次々と駆けていく優駿たち…その中にマーチくんもいます。この瞬間は一口馬主をしていて至福の時ですね!


集合の旗が振られ、ゲートに集まる出走馬。数分後には安田記念の優勝馬が決まっています。

いつものごとく、直前になると不安よりも変な自信がでてくるんですよね!しかも今回は二番人気!勝つところを想像したら、かなり心臓がバクバク、全身ゾワゾワしていました!

スターターのおっちゃんが台にあがり、いよいよファンファーレ。
ダービーの時には気付きませんでしたが、手拍子と歓声が大きなスタンドにこだましてスゴい音です。多分、淀や仁川よりスゴい迫力なんじゃないか?

そんなこんなでゲートイン、どうやらゲート内でまえがきしてるっぽいマーチくん
「おいおい、でおくれるなよっ」という心配をよそにマーチは絶好のスタート!
そこから一旦下げて、脚を溜めて…という僕の思うのとは逆に、先行集団の中でレースを進めるマーチくん。

外枠だから仕方ないか…折り合いはついていたので、ま、無理矢理抑えてかかるよりはましか…と思いました。

レースはエイシンくんが引っ張るよどみない流れ

3コーナーを過ぎてマーチは徐々にポジションアップ。直前に入る手前では早くも3番手!

こりゃ勝つかも!と思いました。

でも、600のハロン棒で時計を見て愕然…ご、56秒て…は、速い…速すぎる…
「ガンバレ!ガンバレ!行っけぇーマーチ!」

必死で応援しました…喉が痛いくらいマーチの名前を呼んでいました。

でも、エイシンくんを競り落としたときには後方に控え、脚をためてた連合が一斉におそいかかってきました。

マーチくんは頑張りました。本当によく頑張りました。でも、あの激ハイペースの中を先行したマーチくんには最後の最後の余力が残っていませんでした、後方待機集団の中から、伸びる外から2頭、内からも1頭に交わされました。それでもズルズル下がらず懸命に踏張るマーチくん。
勝ち馬ショウワモダンから1馬身ちょい差の4着でゴールインでした。

後で時計を調べたら、結局超ハイペースの差し馬の展開。ラスト1ハロン12.4もかかる完全な消耗戦になってしまいました。

その中で先行し、4着に粘りこんだマーチくん。本当に本当によく頑張ったと思います。

ちなみにマーチくんがほぼ先頭にとりついてからのラップは1000m56.3、1200m1.07.6、1400m1.19.3…それぞれその距離での勝ち時計でもおかしくありません。

たらればを言ってしまえば、内枠をとれていれば…残り400、いやせめて直線向くまで溜めていられたなら、あと1秒道中のペースが遅ければ…

でも、それを言っても仕方がありません。結果は結果です。

勝ったのはショウワモダンくん、またまたG1に一歩届かなかったスーパーホーネットくん、上がり最速はファリダットくん、ファリダットくん以上に伸びたように見えたスマイルジャックくん、でも18頭の中で1番強い競馬をしたのはマーチくんだと思います。

夢のG1。
夢はそんなに簡単にはかないません。実力プラス運がバッチリそろわないと届かない…だから夢なんですね!

でも、次に夢をつかめそうな手応えが確実にありましたし、まだまだマーチは成長してくれそうだし、今回は悔しいけど、マーチの頑張りになんだか感動して、満足して、なんか真っ白に燃え尽きた安田記念でした。

勝ち馬ショウワモダンの後藤ジョッキーの涙プラス爆笑インタビューも悔しい気持ちを和ませてくれました。


もうちょいだけ続くよ

2010年6月 9日 (水)

安田記念遠征記その3

内馬場への長い通路を抜けると大きなターフビジョンの裏にでました。

「へえっ、ターフビジョンの裏って、こんな可愛らしい絵が描かれているのかぁ」
なんて思いながら薔薇のいい薫りのトンネルを抜けてさらに奥へ。2コーナーの方までいってみました。


ちょうど芝のマイル戦が行われるところだったので、「マーチはここからスタートするのかぁ」なんての事を想像しながらしばし見物しました。

ただ、僕は草のアレルギーを持ってるので、内馬場にいる間中、くしゃみがとまらなかったのは大誤算でした。鼻炎の薬飲んどくんだった…


内馬場から戻ってきたらお昼前だったので、なんか食べようとあちこち物色…

パスタにいろんなラーメン、ピザ、手作りおにぎりなどなど、阪神や京都ではないお店がたくさん…そんな中で、奮発してペッパーランチでステーキを食べました。競馬場でステーキを食べられるなんてやっぱし東京競馬場ですね!


お昼を食べたあとは競馬場博物館に行きました。
1階は顕彰馬コーナーと安田記念コーナー。ウオッカの優勝カップとかを眺めながら、数時間後には僕達もこれがもらえるのね…来年はここにマーチくんの写真が飾られるのねとか想像していました。


そして、二階に上がろうとしたところで、上から例のギャル集団が降りてきました。はるな愛はいませんでしたが、すれちがう僕との距離約30センチ!再び見とれてしまったタテジマでした…

競馬場博物館の二階はゲート体験や、競馬シミュレーションなど、いろんな体験ができて楽しそうなところでした。
再び1階にもどり、ロビーで可愛いカルガモ親子を眺めながらしばし一服。

これで、東京競馬場探検は終了。だいたい回れたかな?
この間、ギャル集団の他に中国人集団を何度も見かけました…「中国人、日本で競馬とは金もっとるな…」思いましたが、「いやまてよ…そういえば今日は香港から馬が来ているぞ!」恐らくその関係者たちですね…納得納得。


しかし、ここまでわしゃなんぼほど歩いたんだろうか…この時点で結構足にきていました。結構歩いたにしても運動不足を痛快したタテジマでした…
なのでこの後は、ゆっくり競馬をしながら安田記念を待つことにしました。


そして3時をまわり、いよいよリーチザクラウンを先頭に安田記念に出走する各馬がパドックに姿を表しました。


続く

写真館

裏はこんなんでした

内馬場からの眺め

2コーナーの眺め1

2コーナーの眺め2

2コーナーの眺め3

ギレンザビ

2010年6月 8日 (火)

安田記念遠征記その2

いよいよ安田記念当日。
朝ごはんはホテルのバイキング。ウインナー、卵、お魚、水餃子、サラダ、メロン、ヨーグルト、パン、カレーなどなど、朝っぱらからたらふく頂きました。
これがついてて6000円はかなりお得です!


そして、いざ決戦の舞台に出発!
正門前の駅前にあった金色のお馬像を一応ナデナデし、9時半頃には競馬場に到着!
お天気も絶好!去年のダービーとはえらい違いです。
競馬場につくと、まずは昨晩ホテルでせこせこ塗ったお土産&思い出用の記念馬券を購入しました。そして、荷物を預け、身軽になったところで、あとは東京競馬場での1日を楽しむのみです!

早速1レースのパドックに行って馬券を買うも惨敗…先は長いので馬券はおいといて、東京競馬場探険に出ました。


パドックから再び正門の方に行くと、なにやら人目をひくギャルの集団がいました…

「うおぉ!もしや芸能人か?誰や?」って思い近づいてみると、やはり何かの撮影みたい。
そのギャル集団の中で1人バスガイドさんみたいな格好をした、ひときわ綺麗な人を発見!僕は真正面にいたので確実にその人と目が合いました。僕ににっこり微笑んでくれたようにおもいました。

「うおぉぉぉ…ほれてまうやろぉ〜…めっちゃ綺麗lovelyでも、誰だっけ?」

と思った次の瞬間、その人の声を聞けました…一発でわかりました…

「はるな愛やん…てか男やんかぁっ…crying

あれはいかんですよ…反則ですよ…あんなのがこの世にいちゃ…おおにしけんじ恐るべしです…

気をつけなはれやっ!

まわりにいた人も口々に「はんぱねぇ〜」とかいってトータルテンボス風にびびっておりました。

一瞬でもほれてまうやろぉと思った僕は、自分にちょっぴりショックを覚えながら、はるな愛率いるギャル集団について行きたい気持ちを抑え、内馬場の方を探検しにいくことにしました…

続く

有難そうな黄金のうま

2010年6月 7日 (月)

安田記念遠征記その1

安田記念に出るトライアンフマーチを応援するため土日と東京に遠征してきました!

東京競馬場は去年のダービー以来約1年ぶり2度目の遠征です。

前回使って、僕にしては珍しく迷子にならなかった新横浜〜府中本町ルートを選びました。

1日目はお昼前に着いて東京競馬場探検、2日目は競馬三昧と思ってたんですが、朝起きたらなんと9時…とりあえず1日目の探検は諦めぼちぼち出かけることに…なんだかなぁ…


新幹線の新大阪駅に着いて「新横浜まで喫煙席で…」と頼んだら、5分後にでるやつを逃すと、そのあと暫く喫煙席付きは無いよ!と言われ、「じゃあそれで…」と、まさにダッシュで乗り込みました。喫煙者には厳しい時代になったもんだ…しかも、旅の楽しみの弁当も飲み物もなんも買えず…これまたなんだかなぁ…

でも、途中で幻の黄色い新幹線とすれ違いましたよ!

東京競馬場についたら3時過ぎ、早速のメインレースが芝1600。明日のメイン安田記念の前哨戦のつもりでまずは見てみることに。

観戦場所が門から入ってすぐの1コーナーのところだったのですが、真っ正面から馬がコースいっぱいに広がって駆け上がってくるシーンは、いつも行ってる京都や阪神では決して見れないアングルなのでやっぱし感動しました。

そのレースを勝ったのは同じクラブのスピリタスくん。

馬場のど真ん中を通り、上がり33秒台で豪快に差し切りました。
しかも、勝ち時計が、1.31.7!驚愕の時計です。
明日の安田記念はどうなってしまうのか…とりあえずは超高速馬場、そして馬場の真ん中より外が伸びるんだなと思いました。


でも、このスピリタスくんの勝ちの光景が、安田記念のトライアンフマーチくんの活躍を想像させるには十分でした。

「外からトライアンフマーチ!」みたいな…

でも、あまりに時計が速すぎるのでマイルカップみたいに故障馬続出されては困るのでちょっとスローになってほしいなぁとか思ってました。


そんなこんなで、朝からなんも食べていなかったので、東京風の天ぷらうどんを食べました。
相変わらずスゴいお汁の色じゃ…でも食べると普通に美味しいんですよね!


その後はお土産用のトライアンフマーチ名前入りボールペンを買ったり、謎の帆船やアンパンマンの石像を発見したりして、パドック裏の公園で野鳥の巣を見つけて眺めてたり、そこら辺をうろちょろしているうちに、あっという間に5時になってしまいました。


宿は、府中競馬正門前駅から1駅となりの東府中?府中東?あれ?ま、ようはお隣の駅の駅前にあるホテルでした。
少し古い感じですが、競馬場に行くには超便利です。


ホテルに着いてから時間があったのと、1階にあった中華料理が、中華といえばやっぱし王将!の僕にはえらい高価で、夕食探しがてら府中の森公園界隈に向けてぷらぷらお散歩に出かけました。

途中、個室サウナダービーなる謎のお店を発見!これはよしさんとぽん吉さんに報告せねば…
あれは雰囲気からして絶対いやらしいお店のはずだ!
しかし、なぜあんなところにぽつんと…てか個室サウナって何?
でも謎は謎のままにしておこう…


府中の森公園からの帰り道、見つけた何軒かの食堂はなんか地元色が強くて1人では入る勇気がなく、結局モスバーガーで夕食を買いコンビニで新聞とジュースを買ってホテルに帰って食べました。

1日目はこんな感じ

続く

写真館

見事な直線

お汁まっくろ(^ω^)

♪おうまのおやこは


グランドラインへ

なぜアンパンマン?

2010年6月 6日 (日)

速報

安田記念に出走したトライアンフマーチは惜しくも4着でした…

あぁ直線入った瞬間勝ったと思ったよぅ…

燃え尽きました…

2010年6月 4日 (金)

在厩馬たち

いよいよ安田記念が近づいてきましたね!では、早速クラブコメント!


☆カドデュソレイユ
『2日は美浦南Wコースで14−14程度を行いました(43秒4−14秒2)。

「デビュー前はどちらかというとボーっとした印象が強かったのですが、競馬を1度経験したことでピリッとした部分が出てきています。また、脚元も問題なさそうですね。1週間しっかりと様子を見て、少しでも疲れがあるようであれば休ませようと思っていましたが、心身ともに良化している印象がありますので、このまま次の競馬に向かっていくつもりです。今朝は馬場で軽く流しました。元気が良くて少し時計になりましたが、決してオーバーワークになっていませんし、問題ありません。週末にサラッと動かし、来週に追い切って心配ないということを確認できれば4週目の同条件へ向かいます。力があることは前走で証明済みなので、脚元などが固まりきらずにデビューがゆっくりになったことを忘れないようにして今後も進めていきたいと思います」(古賀慎師)

13日の東京競馬(3歳500万下・ダ1600m)に内田騎手で出走を予定しています。』

◇ガリアーノ
『2日は栗東坂路で追い切りました(55秒0−40秒7−27秒2−エラー)。

13日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。』

コメントその2
『3日は軽めの調整を行いました。

「放牧先でしっかりと乗り込んでもらっていたので、帰厩後も特に気になるところはなくすぐに速い追い切りを消化できています。手ごたえにはまだ余裕がありますが、太め感はなく息もできているので、週末、来週とやれば態勢は整うでしょう。相変わらず行きっぷりはいいですが、調教ではそれほどモタれる面は見せていません。なんとか勝って降級を迎えたいですね」(池添師)

13日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。』

◇トライアンフマーチ
『2日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手を先行させて後ろから追走しましたが、馬なりできっちり併入と動きは上々でした。以前と比べると調教で気性の難しいところを出さなくなって、追ってからまっすぐに走るようになっています。能力の高さに精神面が追いついてきた感じがしますね。早めに帰厩させてじっくり調整してきましたが、何の不安もなく、非常にいい状態でレースに送り出せそうです」(角居師)
6日の東京競馬(安田記念・芝1600m)に内田騎手で出走を予定しています。』


(^ω^)ぼくこめんと

安田記念出走予定のトライアンフマーチが最終追い切りが行われました。
コメントからは、万全な態勢が整ったかんじがしますね!

何の不安もなく…の中には精神的なものも入っているのかな?
大暴れした菊花賞から半年ちょっと…僕的にはまだまだやらかしてしまうんじゃないかという不安はあるんですけどね(笑)


そんなこんなで、ここ数日「勝つかも!いやいやそんな甘くないか…でも、やっぱり勝つかも!いやいや…」と自信がでたり、不安になったり(笑)ある意味G1ウィークを大満喫しているタテジマです
(^ω^)


ちょっと残念なのは、出てくれば僕的に一番恐ろしかったセイウンワンダーくんが、やはり賞金で出走できませんでした。正直、よっしゃ!って思う反面、やっぱし出てきてガチンコで戦って欲しかったなぁって残念な気持ちがあります。
ま、ルールですから仕方がないんですけどね…


それはさておき、明日はいよいよ枠順発表!
なんとか2番、4番、6番枠あたりが当たってほしいなぁ…

そして、来週ソレイユくんとガリーが東西で同じ日に出走予定です!こちらも楽しみですね!
しかし、ガリー…勝って降級を迎えたいって…うーん、現実派…(笑)

ではまた( ^_^)/

2010年6月 2日 (水)

休養馬たち

今日は久しぶりに競馬ブック買いました!

普段はコンビニで立ち読みですますことが多いんですけどね…

そりゃ今週号は買いますよ!
記念すべき安田記念だし、それに、ペラッとめくったら、いきなり「混戦割るトライアンフマーチ」って目に飛び込んでくるから!本命扱いやんかぁ!!っていうわけです。

でも、帰ってよくみたら印はそこまでじゃないのよね…

ちなみに印は◎○◎▲▲○!なんですが、でも、関西担当は△△△△▲△とヒモ扱い…
ま、G1でデカデカと名前出るだけでもたいしたもんですよ。マジで!

その兄マーチの近況は後日ということで、今日は休養馬たちの近況です。

※クラブコメント転載はクラブの許可を頂いています。


★フレールジャック
『軽めの調整を行っています。

「打撲した左のお尻部分の腫れに水が溜まっていたので、水を抜く治療を行いました。その後は痛みと腫れが引き、軽めの運動を行っていますが問題なさそうです。今のところ明日から乗り出していく予定です」(GW担当者)』

☆インペリアルマーチ
『周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行い、週2回は14−14を行っています。

11日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。そのあとは7月4日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1600m)もしくは11日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1800m)を目指す予定です。

「順調に乗り込むことができています。負担がかかりやすいトモなどチェックしなければいけないポイントはありますが、現在のところ調教を進めていってもガタッと来ることはありません。来週中に戻したいと厩舎からも言われていますし、少しでもいい状態で引き続けるようにしたいですね」(山元担当者)』

◇カルカソンヌ
『周回ダートコースで軽めのキャンターと屋外坂路コースでハロン18秒のキャンター1本を行っています。

「キャンターを開始したあとも脚元の状態は安定しており、坂路コースでの調教も取り入れることができています。まずはゆっくりとしたペースで様子を見ていきます」(空港担当者)』

◆キャトルマン
『坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「数日はマシン運動にとどめて、その後から少しずつ人が跨っての運動を行っています。今朝は坂路1本を軽く登っていますが、まだ疲れは残っていますので、体調面をよく見ながら調教内容を変えていきます」(山元担当者)』


(^ω^)ぼくこめんと

今週のニュースはなんちゅうても、弟マーチの入厩予定と復帰戦の予定がでたことですね!

先週あたりから14−14をやりだしたので、もしや?と思っていたらいきなり来ましたね!
しかも、復帰戦の日程のオマケつき。

2月のきさらぎ賞から苦節3ヶ月半、ついに復活ですよ!

個人的には1勝してるし、ダービーも終わったこっちゃし、そない焦らんでも…と思わんでもないですが、大丈夫だと判断されたということですね!

馬体が馬体だけに、まだまだ油断はできませんが、まずは嬉しいことです。

\(^O^)/

ではまた( ^_^)/

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »