« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

休養馬の近況2010年3月30日

ここ数日、冬に逆戻りしたかのようなさぶさです。昨日は雪が降ったところも…
この寒さで咲かけた桜の開花も足踏みしています。

なんだかまだお花見って感じではないですね!

それでは休養馬たちの近況です

クラブコメント
(転載はクラブの許可をいただいています)

◇カルカソンヌ
『ウォーキングマシンでの運動を行っています。
「この1週間もマシンで動かしながら様子を見てきましたが、体調に問題はなく、動きも少しずつシャキシャキしてきた感じですね。運動量が少なめでも馬体が増えすぎることはありませんし、これなら近いうちに乗り運動を開始できるかもしれません。馬体重は525キロです」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っています。
「こちらでは競馬で減った体を戻すこと、気持ちを落ち着かせることに主眼を置いた調整を行っています。毎日乗れているように馬体に不安はありませんが、キャンター時にカリカリしたところを見せ、見た目にも馬体が若干寂しく映るので、やや控えめのペースで乗っています。馬体が増え、カリカリしたところがなくなり次第、登坂本数を3本にするなど、帰厩へ向けた本格的な乗り込みを開始したいと思います」(牧場担当者)』

☆カドデュソレイユ
『周回と坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。
「坂路工事が終了し、今週より坂路調教を行えるようになりました。周回コースも併用して、前脚の負担を軽減できるようにしながら乗っていくようにしています。できるだけ早く送り出せるように調教のピッチを上げていきたいところですが、今焦って進めることでぶり返してしまっては元も子もありませんので、今後も慎重に見ながらペースアップのタイミングを図っていきます」(山元担当者)』

☆インペリアルマーチ
『周回で軽めのキャンター調整を行っています。
「先週に続いて今週も周回コースで軽めのキャンターをじっくりと乗っています。状態面はそれほど変わりがなく、歩様はまだひと息です。現時点ではいつごろの復帰が可能とは言いにいくい状況ですし、しっかりケアしながら良化を促し、少しでも早くトレセンへ送り出せるように取り組んでいきたいと思います」(山元担当者)』

ぼくこめんと

カルカソンヌは順調に回復しているみたいでいいのですが、三歳馬二頭が相変わらずの足踏み状態…どちらも復帰の目処がたたず…焦らない…焦らないと日々念仏のように唱えるタテジマです。

タテジマといえば、本家タテジマ、我らが阪神タイガースが開幕から今日までで3勝1敗!
このペースを守れば優勝だぞっ!

しかしタイガース、城島、ブラゼル、桜井と恐怖の下位打線ですね!ほんと頼もしい限りです!
これで現在スランプ中の鳥谷、金本、新井のクリーンアップに当りが出てくれば…ウヒャー!つおいかも!

ではまた( ^_^)/
次は今週出走のキャトルマンと兄ちゃんマーチの近況ですよ!

2010年3月24日 (水)

今週の近況2010年3月24日

先週ひいた風邪からようやく復活しつつあるタテジマです。

ほんと季節の変わり目気を付けなきゃですね!

てなわけで今週の近況です。

◇トライアンフマーチ
『24日は栗東芝コースで追い切りました。
「短期のリフレッシュ明けで馬体はフレッシュな状態ですし、今朝の追い切りも順調にこなしました。ただ、雨が降って上滑りする馬場だったので少し走りづらそうにしていましたから、レースは良馬場でやりたいですね。目標の安田記念に向けて、ここで賞金を加算していい形でつなげていきたいので、きっちり仕上げてレースに臨みたいと思います」(岸本助手)
4月4日の中山競馬(ダービー卿CT・芝1600m)に岩田騎手で出走を予定しています。』

◇カルカソンヌ
『ウォーキングマシンでの運動を行っています。
「引き続きマシン調整を行っています。当初の4週間前後の見込みからは少し時間が経ってしまっていますが、無理をさせるわけにはいきませんし、まだ先週マシンで動かし始めたばかりなので、もう少々は様子を見て、状態面を第一に進めていくつもりです」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。
「運動を行っているようにレース後の極端な疲れは見せていませんが、来場後の馬体重の計測では444キロでもう少しふっくらさせたい状態です。また、調教師から聞いていたとおり若干テンションが高くなっています。今後も状態を確認しながら、リラックスをさせつつ進めていきたいと思います」(牧場担当者)』

☆カドデュソレイユ
『周回でハロン16〜17秒のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。
「先週の調教内容を引き続き乗っていますが、馬の状態は平行線です。3歳の未出走馬ですし、ある程度緩めることなく動かしていかなければいけません。負担がかかりすぎない程度に乗っていますが、深管部分に疲れが溜まりやすいのは相変わらずです。体質的にもパンとしてくるのはもう少し先になるのでしょうが、しっかりケアして少しでも早いタイミングで送り出せるようにしていきたいと思っています」(山元担当者)』

☆インペリアルマーチ
『周回で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り運動を開始してから常歩、ダクと少しずつ進めていて、今週からキャンターを始めています。移動当初より状態はいくらかいいものの、歩様はまだひと息ですね。キャンターの動きを見ていても右トモが気になります。ほんとうに良くするには時間をかける必要がありそうです」(山元担当者)』

◆キャトルマン
『24日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒8−53秒4−39秒3−12秒3)。
「前脚への不安を考えて坂路で追い切ることが多いのですが、今朝は長めから負荷をかけて心肺機能を鍛える目的でフラットのポリトラックコースで追い切りました。先週の時点で動きは悪くなかったですし、今朝の動きを見ていても、競馬へ向かう態勢は整ってきました。当初は3週目あたりを考えていましたが、やりすぎて体に負担がかかるのは得策ではありません。今週末と来週の動きに問題なければ、来週の競馬へ向かうつもりです。ズルいところがある馬ですし、ビッシリ乗ってきてくれる柴山ジョッキーで向かおうと考えています」(斎藤師)
4月3日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。』

ぼくこめんと
現在入厩中の馬はどちらも来週出走しそうです。兄ちゃんマーチは予定どおりダービー卿へ出走のようです!ダービー卿へは同じクラブのフィフスペトルくんも出走を予定しています。同じクラブとはいえ、ここは譲れないところですね。ガンバレ兄ちゃん!


一方、休養馬はというと、元気だけど放牧にでたガリー以外はまだまだかかりそうな気配…なかでも弟マーチの長期休養宣言ともとれる発言は気になるところです。春出れないなら、もう秋復活を目指してゆっくりしっかり回復させて欲しいです。

ゆっくりといえば、カドデュソレイユくん…ちょっと焦りを感じるコメントですが、タイムリミットはわかりますが、無理矢理入厩、無理矢理出走、で即休養っていうのが一番いらないパターンですから!焦らず実力発揮できる体勢になってから入厩にして下さいね!

今週はこんな感じでっす

ではまた( ^_^)/

2010年3月18日 (木)

あぁ風邪引いた…

昨晩から風邪で熱がでています…

なので今週の近況更新はお休みします。

兄ちゃんマーチが帰厩したはずですよ!

ではまた来週!

2010年3月14日 (日)

阪神競馬観戦記2010年3月14日

今日は阪神8レースにガリーが出走!応援に行ってきました。

お天気は絶好の競馬日和
桜のつぼみもかなりふっくらしていましたよ。

ガリーの前に5レース新馬戦も見たのでちょっと書きます。

その新馬戦にはトゥザグローリーとゴルトブリッツというクラブの良血二頭がでていました。
ゴルトブリッツはわざわざ関東から藤沢師も来ていましたよ!期待の表れですねヾ(=^▽^=)ノ
でも、負けちゃいました。馬体もだいたい仕上がってるようにみえたんですけどね。

一方、トゥザグローリーは見た感じ太め残り。ま、太めいうてもうちの黒王弟マーチくんほどじゃないけどね!
気になったのはパドック途中でかなりテンションあがり、絶叫!
体大きいからか、屋根に反響するのか、ホント絶叫でしたsweat01
その後馬場入場のときもずっと絶叫していました!

こりゃきついな…勝てば能力だな…って思ったらあっさり勝っちゃいました!

道中もそんなうまくレース運んだって感じでもなかったですから、さすがに良血って感じですね!

でも、弟マーチほどではないけどね…ええ、親バカですよ。

弟マーチくんとの比較はともかく、敵はピサくん、ルーラーくん、キングダムくんというにはちょいとあれかな…

てなわけで8レース
今日のマイ主役ガリーの登場

パドックでまず目についたのは、初の赤メンコ!
メンコつけるのは初めてですね!

メンコの効果かどうかはわかりませんが、前走に比べ明らかに厩務員さんに甘えるような仕草は少なかったです。
舌レロレロしてるのは相変わらずですが、以前よりカリカリした感じがありませんでした。

馬体もフックラしてましたし今日はやってくれるんじゃないかと思いました。


レースはスタート後、結構押して押してでしたが、いつもより前目のポジションにつけました。

そのままたんたんとレースは進み、直線での末脚炸裂を期待。もしや勝つかなくらいに思ったんですが、まさかの末脚不発…いや、全く伸びる気配なし…

レクチャーいわく、もたれてまともに追えなかったということでした…

今日の負けはここがこうだから負けというところがなく、ここっちゅう見所もなくだったので結構ショックでした…レクチャーいわく、ハミを替えてみることも視野にいれてるっぽかったです。でも、あんまし痛いことはしてあげて欲しくないなぁ…

勝ちは勝ちで嬉しいけど、勝ってしまうと地獄の900万条件…ここで勝ち負け期待できるいうことは準オープンで走れる実力があるっちゅうわけで、今のガリーくんにはとてもじゃないけどその力は…だったら現級でちょこまか楽しませてくれるほうがいいんですが…と思う今日この頃です。

ではまた( ^_^)/

2010年3月11日 (木)

今週の近況2010年3月第2週

ここんとこ冬に逆戻りしたかのような寒さですね。でも桜のつぼみも着々と成長。今週はフィリーズレビューもあるし、桜咲く春はもうすぐですね!

てなわけで今週の近況です。
まずはクラブコメント!

◇トライアンフマーチ
『周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週こちらに到着後、馬体を確認して週末から調教を開始しました。乗り出して間もないので周回コースで軽くキャンター程度ですが、特別心配な点もありませんし、いいリフレッシュ期間になるように、体を緩めず乗り込んでいきます」(GW担当者)』

◇カルカソンヌ
『曳き運動を行っています。
「この中間も曳き運動を行っています。今のところ極端に体が増えることはありませんが、引き続き適度な運動時間を確保し、新陳代謝を促していきたいと思います」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『10日は栗東坂路で追い切りました(57秒7−41秒6−27秒0−13秒2)。
「今朝は坂路で追い切りました。雨で馬場がかなり悪くなっていましたし、中1週が続くことになるので、無理をせず馬なり程度ですが、いい行きっぷりで好調を持続しています。馬っぷりも相変わらず良く、疲れた感じはまったくありません。大きく前進した前走と同じ条件ですし、徐々に体調も上向いていますので、前走以上の結果を期待したいですね」(池添師)

14日の阪神競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に池添騎手で出走いたします。』

◆キャトルマン
『10日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「山元での調教過程からすると少し早いタイミングですが、脚元への負担を考えてこちらで乗り込んでいくことにしました。帰厩後の様子を見ながら動かしていきますので、具体的な目標は調教を進めていく中で設定していきたいと考えています」(斎藤師)』

☆カドデュソレイユ
『 周回でハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。
「先週末に速いところを行った際、再び深管に疲れが見られました。乗ることに関してはまったく問題ありませんが、まだ万全ではないようなのでもう少しの間は様子を見ていく必要がありそうです。しっかりレーザー治療などを行って回復を促していきます」(山元担当者)』

☆インペリアルマーチ
『 ウォーキングマシン調整を行っています。
「右トモをはじめとして疲れが出ましたが、日にちが経つにつれて少しずつ良化しています。しかし、現段階でまだ乗り出す状態ではないのでマシン運動のみにとどめています。定期的に獣医師にチェックしてもらって、乗っていけそうという診断が出たら徐々に動かしていこうと考えています」(山元担当者)』

ぼくコメント

今週も、実質活動中のお馬はガリーくんのみという寂しいタテジマファミリー…
でも、そのガリーくんが今週出走です!
前走は最後の直線のみやる気を見せたガリーくん。それでも掲示板確保でした。今回はたたき3走目です。
前走まではやたら「かかる」ってコメントがきになりましたが、今回はそれはなく「いい行きっぷり」となりました。ま、ビミョーな違いですけどね…(笑)。とにかく、調子も良さげですし最初からやる気みせてくれれば馬券圏内…あわよくば優勝狙えるかも!ですね

一方、不安度が週を重ねるごとに増してきたのがソレイユくん…一向に上向いて来ません…少しペースを上げただけでお疲れですか…これはかなーり厳しーい気配がしてきました。
これがタキオンのリスクなのでしょうか…タイムリミットまで残り5ヶ月…現在お疲れ状態…はたして間に合うかっ!


(クラブコメント転載はキャロットクラブの許可をいただいています)

2010年3月 5日 (金)

二歳馬馬名決定!

遅ればせながら、二歳馬たちの馬名がきまりましたので発表します!

☆彡ハルーワソングの08

「フレールジャック」
(Frere Jacques 世界各地で歌われているフランスの民謡)


ハナランマンの08

「カテンゲッチ」
(katengetchi 「花天月地」。空には花が咲き誇り、月光がくまなく地上を照らす)

ボクコメント

ハルーワソングの08はフレールジャック!気持ち某ダービー二着馬とかぶり気味ですが、なかなかにかっこよい名前をつけてもらいましたね!

ちなみにこの民謡ってどんな曲なんでしょうね。僕は聞いたことないけど、意外と耳にしたことある曲だったりするのかな?

あのエルコンドルパサーも、名前聞いて全くピンと来なかったけど、日本語曲名とかメロディー聞いたら超有名な曲だったしね。

で、問題はハナランマンの08くんの名前。

花天月地!と超綺麗な名前をつけていただきました!

いやぁ風流ですな。


…でもね…


漢字ならばかっこいいんだけどね…


ただね…


カナで書くとね…


カテンゲッチ…


なんだかちょっと不思議な感じ…


それとね…


よく、応援するときフルネームで叫ぶと長いから名前の前か後ろだけで叫んだりするでしょ。ディープッ!とかマーチッ!とかみたく

するとね…


カテンッ!もしくはゲッチィ〜!…ってなるでさ…


これ、どっちがいいの?


やっぱしゲッチィィ!?

でもちょっと気持ちサルゲッチュみたいな…


でもね…


カテンッ!…とは、いまいち叫べないでそ…


カテンッ!って叫んで負けたら『そりゃカテンッは勝てんわ…自分でカテンッ言うとるやんっ!』って四方八方からツッコミがはいるんじゃないかと…いや100パー入るにきまっています!


こうなったら、方法はただひとつ。勝ち続けるしかないですねっ!


でも、やっぱり叫ぶならゲッチィィィッ!かな!


とかなんとか書いてると、さぞや気に入らないのかと思うでしょうか、ところがどっこい、かなーりこの名前お気に召してるタテジマでしたsweat01

名付け親の方ありがとうね!


てなわけで、フレールくんと花天月地くんを今後ともよろしくお願いします。

2010年3月 4日 (木)

今週の近況2010年3月第1週

2月は暖かかったのに、3月に入って寒くなりましたね。
てか、タテジマファミリー今週は出走なし。てか、入厩してる元気な子はガリーただ一頭と、こちらもなんだか寒く感じる今週の近況です。

◇トライアンフマーチ
『3日にグリーンウッドへ放牧に出ました。
「先週の競馬は残念な結果でしたが、1400mのスピード戦でも力のあるところは見せてくれました。安田記念を目標にして一度放牧に出し、マイルの重賞を目指す予定です」(平間助手)
短期放牧のあとは、4月4日の中山競馬(ダービー卿CT・芝1600m)を目標にする予定です。』

◇カルカソンヌ
『曳き運動を行っています。
「この中間に抜糸を行い、現在は曳き運動で軽く動かしています。これまで特に不安な点はありませんので、回復を待ちつつ、少しずつ運動をさせていきたいと思います。馬体重は517キロです」(空港担当者)』

◇ガリアーノ
『4日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は流れが向きませんでしたが、やはり広い右回りコースが合っているようですし、このクラスにメドが立つ内容でした。優先出走権を取れたので連闘も考えましたが、無理せず中1週で使おうと思っています。調教でかなり行きたがっているので、ビッシリ攻め馬をせずに間隔を詰めて使っていったほうがいいかもしれませんね」(池添師)
14日の阪神競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。』

◆キャトルマン
『坂路でハロン16〜17秒のキャンター調整を行い、週2回は15−15を行っています。今のところ来週中に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
「順調に調教を行うことができています。この調子で乗っていきたいところなのですが、近々坂路の改修工事を予定しており、坂路を使うことができなくなります。前脚に負担がかかりやすいタイプなので、なるべく坂路で乗っていきたい馬です。調教師と相談して、早めに入れてトレセンで乗ってもらうことになりました」(山元担当者)』

☆カドデュソレイユ
『坂路でハロン16〜17秒のキャンター調整を行い、週2回は15−15を行っています。
「両前脚の深管の状態はまずまずなので、この中間から再度15−15を取り入れています。再開したばかりなので今後も慎重に見ていく必要はありますが、今のところ安定しているのでこのまま進めていきたいですね」(山元担当者)』


☆インペリアルマーチ
2/28『「こちらにきてから改めて状態をチェックしましたが、状態はあまり良くありません。ゴトゴトした感じだけでなく、右トモの歩様が悪く、回復するには時間がかかってしまいそうです。まだ移動してきてから日が浅いですし、引き続きしっかりと様子を見ていきます」(山元担当者)』

3/2
『ウォーキングマシン調整を行っています。
「右トモは局所的に傷めているというより、全体的に良くない感じです。コーナーを逆手前で走っていたし、苦しくなるシーンもありましたから、おそらくレース中に捻ったかミスステップをしてしまったのではないかと思います。現在の状態を見ると回復するのにしばらく時間を要しそうですが、ケアしていくにつれてグンと良くなる可能性もゼロではありません。もうしばらくは様子を見ていくつもりです」(山元担当者)


ボクコメント

休養長引くソレイユくんに続いて…弟くんもなんだか長引きそうな…どうやら今年のタテジマファミリーの春のクラシックは終了となったような気がします。


でもまだ東京遠征を諦めたわけじゃありません!
兄ちゃんマーチがいます。
次走はマイラーズカップ予定って聞いていましたが、ダービー…いや、ダービー卿ですね!

次こそビシッと決めてもらって、府中マイルの大舞台に連れていってもらいましょう!


(クラブコメント転載はキャロットクラブの許可をいただいてます)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »