« 10月25日京都競馬観戦記(前編) | トップページ | マイホース近況10月29日 »

2009年10月28日 (水)

10月25日京都競馬観戦記(後編)

いよいよ菊花賞。

パドックに選ばれし18頭が続々とでてきます。さすがにG1だけあって、どの馬も素晴らしい出来。


マーチも素晴らしい馬体でした!神戸新聞杯の時は生では見ていませんが、元々ふっくらムチムチのマーチだけにテレビではスカッとしすぎのように見えました。

でも、今回はふっくら感も戻り、ケヅヤ、張りとも抜群!ただ、終始尻尾をグルングルン振り回しています。
イライラしていたり、入れ込んでいるという感じではないんですが、とにかく尻尾をグルングルングルングルン。どういう意思表示なんでしょうね?


入れ込みやイライラということでは、アンライバルドは終始チャカチャカ。かなりの入れ込みでした。
そしてリーチザクラウンもとにかく発汗が目立ちました。ゼッケンや股ぐらがアワアワでした。
豊が騎乗した瞬間立ち上がってましたしね。

あぁ、こりゃいくらなんでも厳しいなと思いました。人気を背負った二頭だけに波乱の予感…。


そしてパドック最後の周回、吉川晃司さん騎乗の誘導馬を先頭に地下馬道に向かう優駿16頭…ええ、16頭です。リーチとアンライは先に消えて行きましたから。

ダッシュで馬場に戻り、人の間をぬってぬって…以外とゴールにかなり近い所の前から二列目くらいまでいけました。


そして、本馬場入場!
この距離の返し馬は1コーナーの方へ駆けて行くので目の前に馬が来ることはあんまりないですが、それでもG1菊花賞!ただでさえテンション上がるのに自分の馬が出るとなればなおさらです!
聞きなれてるはずの関西G1入場曲でもゾワッと来るものがありました!


『うわぁ、もし勝ったらどうしよう!えらいこっちゃ♪えらいこっちゃ!!』

なんてアホなことを考えながらドキドキしたまま時間が過ぎいよいよ第70回菊花賞競争のスタート!。


マーチはポンと綺麗なスタートから押さえ気味にポジションを下げて行きます。
『よしっ!ええ感じ!』

って思ったのはここまで。
最初のコーナー…幸四郎の動きがなんかおかしい…ひっかかったのかな…

『あれっ!立ち上がってるやん!』

一瞬凍りつきました。故障かと思いました。これまじで!

しかしマーチのスピードは落ちません。その後も何度も立ち上がる幸四郎…これは故障じゃない…もしや…

以前レクチャーで聞いた、スタンドに驚きという言葉を思いだし、注目して4コーナーを見ていると…

目に飛び込んで来たのは、天を仰ぎ、首を左右にイヤイヤをするマーチと、振り落とされまいと立ち上がって必死でなんとかしようとする幸四郎の姿でした。

『m(;∇;)mやってしもうた!』

こりゃ終わったな…思いました。

ほんと肝心な時にやらかしてしまいましたね。
ここんとこずっとお利口に走ってたからすっかり忘れていましたよ。マーチのやんちゃ坊主っぷりを…


それとも逆にお利口すぎて、ここで行かなきゃって勘違いしたのかな…ディープのように(笑)…いや、それはないか。


テンションだだ下がりのまま、ボケ〜ッとレースをながめていました。
マーチは後ろから二番目をポツンとついてまわっていました。


そして4コーナーから直線へ。マーチは外に出すのではなく内を狙っているようでした。

淀ならではの内ラチよりも内に入れ追い出すマーチ!
『うそやろ!ぶつかるて!』

またまたヒヤリとしましたが、でも、一瞬鋭く伸びるマーチ。前の馬を一気に交わしなんとか馬場に戻ってきました。

『前半あれだけロスして、まだ伸びるってか!』

正直ちょっとびっくりしました。
まぁ、ディープインパクトなら33秒の末脚繰り出してまとめて差しきるんでしょうが、そこはマーチですから(笑)
結果は9着。でも、なんか満足感の残るレースでした。


親バカですが、マーチの底力を感じさせる一戦でした。
皐月賞二着はダテじゃないです。

菊花賞の結果は、リーチザクラウンのおかげでスタミナ勝負になったのか、ダンスインザダーク産駒のワンツーとなりました。
同時に、5着に負けてしまいましたが、リーチザクラウンの強さにも感服しました。底知れないですね。
アンライバルドついては今回はなんか不運なレースとなりましたね。


そんなこんなで今年のクラシックは幕を閉じました。
皐月賞、ダービー、菊花賞とマーチと共に歩いた三冠ロード。一生の思い出ができました。


クラシックに対する見方もかなり変わりました。やはりクラシックなんですよね♪
一生に一度しか出られないクラシック。
そこに出るためにはどんだけの夢や思いがつまってるか…


偶然、この日の9Rにナリタクリスタルが出走していましたが、未勝利戦でこの馬にハナ差で勝ったところから始まったんですよね♪
これがクラシックなんですよね。


というわけで、マーチを応援してくれたみなさん。
厩舎関係者のみなさん。
クラブのみなさん。
僕の三冠ロードをバックアップしてくれたみなさん。

そして頑張ってくれたトライアンフマーチくん。

本当にありがとうございました。

夢の続きは2歳馬、1歳馬へと受け継がれていきます。


パドックのマーチです

« 10月25日京都競馬観戦記(前編) | トップページ | マイホース近況10月29日 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

全馬折り合いに苦労していたみたいでしたね!

リーチは距離が長すぎたらしいです。

マーチは……です。(笑)


>よしさん


……に入る言葉はなんでしょう

1.アホ?
2.憎めないやつ
3.底知れない強さを見た
4.なにしてんねん幸四郎
5.大爆笑

さぁ正解は!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090989/31967544

この記事へのトラックバック一覧です: 10月25日京都競馬観戦記(後編):

« 10月25日京都競馬観戦記(前編) | トップページ | マイホース近況10月29日 »