« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

京都競馬観戦記10月31日

4週連発の淀です。
が、スワンメンバーズ…ポイント入れるの忘れました…くっそーannoy2ポイントそんしたよっ!


てなわけで、今日の京都競馬第7レースガリーが出走するので行ってきました。


お天気は快晴!しかし、暑い!明日から11月だというのが嘘のような暑さ…汗だくになりました。
パドックのお馬たちもボタボタ発汗しているのお馬が多かったです。みょうに親近感がわきましたけど。


ちなみにガリーのレースの1つ前の新馬戦。注目のジャポニズムとアドマイヤプリンスが出ていました。
人気はジャポニズムが1倍台でしたが、パドックではそう目立つ感じではありませんでした。一方アドマイヤプリンスはパッと見目につく馬です。ちょうど先週のローズとピサみたいな感じです。

それに今日はジャポニズムかなり入れ込んでいました。何度か鳴いていたし、周回を重ねるごとにニョキニョキナニを出す始末だし…まだまだ競馬に走る気になっていないような…

一方アドマイヤプリンスは最初は踏み込みとか浅かったけど周回を重ねるごとに徐々に歩様も大きくなってきました。

結果はアドマイヤプリンスが勝利。ジャポニズムは三着だったけど直線よれて首をあげるような仕草があったので、あれがなければ二着はあったかな。

僕の印象では、今んとこ先週のローズとピサのレースの方がインパクトありました。

ちなみに馬券はアドマイヤ流しの二着抜けです(泣)


新馬戦が終わりダッシュでパドックに戻りました。

パドックのガリーはというと…やはり舌をベローン…ペロペロやっています。なんでしょ?ハミが気になる?
そして厩務員さんに甘えるような仕草も気になる…

ケヅヤとかはとってもいいです。で、今日パッと見て思ったのが、『あれ?これ体重増えてるでしょ?』でした。電光掲示板で確認するとプラス6キロ。馬体が戻るのはいいことですね。
それに前回ほどカリカリした感じもないですし。

期待大です。

パドックのガリーです。

『ボクガリーデスガ、ヨビマシタ?』


レースはというと、スタートは横一線でしたが、逆にここんとこのイライラがないためかやや二の脚がつかずに後方集団のインを追走となりました。
ちょっと嫌な気がしました。

向こう正面に入ってもそのままの隊列で淡々と流れて行きます。動かない…正確には動けないのです。前…外…後ろ…すべて馬…馬…馬。

『ありゃりゃ…いつもの捲りが出せないよ』

そのまま3コーナー4コーナー…そして直線へ。この間、外の方では色んな動きがありますが、ガリーは動けない。前にも外にも馬…馬。もはや直線インをつくっていうか、馬群に突っ込むしかかりません。

『どうかあいてくれ』

ばてた馬を避けて最内へ…さらにばてた馬を避けてちょい外へ、さらにさらにばてた馬を避けてまたまた最内へ…ってやってるまにゴールでした。

結果は8着。ガリーもよく伸びてはいるんですがねぇ…

後からのタラレバならばなんとでもいえますが、なんか不完全燃焼でしたよコーヘーくん!

ま、騎手は勝負事。ノーガードで打ち合うわけじゃないですから、誰かに不完全燃焼させて、自分は完全燃焼するみたいな世界ですから仕方がないですね。


そんなこんなで、ガリーのレースが終わり、明日のカルちゃんもあるのでちゃっちゃと帰るつもりが、重賞があることに気付き、やっぱり最後までいることにしました。


で、準メインではキャロ馬スピリタスが頑張って二着に来てくれて馬券は当たったけど激安…


メインではキンシャサから行ったにも関わらず…三連単にしたばっかりに切った11番が二着に来て、『なんで馬連で良かったやん…そしたら切らずに…』と頭を抱え…


挙げ句、最終レースでは、前走ガリーがコテンパンにやられたトーセンモナークが今度はコテンパンにやられ、色んな意味で頭を抱えました…


でも、ま、楽しい1日でした。


明日はどうしようかなぁ…お天気荒れるらしいしなぁ…

2009年10月29日 (木)

マイホース近況10月29日

我らがタイガースに城島選手が入団しました。
城島選手といえば忘れもしない2003年。
我らがタイガースが1985年以来実に18年ぶりにセ・リーグを優勝し、挑んだ日本シリーズ!立ちはだかったのが城島率いるダイエーホークスでした。あの時は憎かったぁ…。
その城島選手がタイガースの一員となるとわね♪

いつまでも矢野に頼るわけにもいけないし、かといって狩野じゃまだまだ不安だし…といった問題が一気に解決しちゃいました。
しかも右の大砲!
これで新井も力が抜けて本来の打撃が戻れば…

うひゃひゃひゃひゃ!
(≧∇≦)


てなわけで今週の近況です。

◇トライアンフマーチ

クラブコメント
『28日は軽めの調整を行いました。

「菊花賞はかなり折り合いを欠いてしまい厳しいレースになってしまいました。それでも最後は伸びていたように、改めて素質の高さは感じる内容でした。レース後、様子を見て放牧に出すことも検討していましたが、思った以上に疲れはないようですし、馬体に異常もなく、放牧に出すほどのダメージは感じません。マイルCSの賞金のボーダーラインを見たいこともあって、今のところ在厩で調整していくつもりでいます。出走が叶えばマイルCSも視野に入れています」(角居師)

出否は未定ですが、11月22日の京都競馬(マイルCS・芝1600m)への出走を検討しています。

◇カルカソンヌ

クラブコメント
『28日は軽めの調整を行い、29日は栗東CWコースで追い切りました。
助手 栗CW・良 84.8 - 69.6 - 54.8 - 40.7 - 12.2 一杯に追う

「今朝は長めからしっかり追うようにとの指示でした。トビが大きいので、単走だとスピード感がないように見えるけど、ラストは12秒台前半といい伸びでした。前走よりさらに体調は良くなっているし、いいレースができそうですよ。バテずに脚を使えるタイプだし、そろそろ馬場も荒れて差しも決まってくることを考えても期待できそうだね」(松田博師)

11月1日の京都競馬(高雄特別・芝2400m)に藤岡佑騎手で出走いたします。』

◇ガリアーノ

クラブコメント
『28日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒5−41秒6−27秒5−13秒5)

29日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路で追い切りました。馬場も悪かったし、中1週なので馬なり程度です。この中間も、馬体減りのないように加減しながらの調整ですが、変わらず順調に来ています。この馬なりにはカイバも食べていますし、体調もいい意味で平行線です。ただ、少しテンションが上がりそうな雰囲気なので、間隔をあけすぎて調教ばかりしていてもよくないでしょうから、今週の出走を決めました。この後はひと息入れてあげたいと思っていますので、なんとかいい結果がほしいですね」(池添師)

31日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に松山騎手で出走いたします。』

◆キャトルマン

クラブコメント
『28日は軽めの調教を行いました。

「数戦前はこの馬の良さを出せずに歯痒い思いをしましたが、連闘とブリンカーの刺激によって、ようやくいい走りができるようになってくれました。眼の状態は白濁こそ残るものの悪影響はないようですし、しっかりケアしてあげれば問題ありません。擦ったりしないように眼帯で保護をし、より安全であるように取り組んでいます。特に大きな傷みも感じませんし、このまま問題ないようであればもう1戦するつもりで考えています。あの行きっぷりであれば流れにも乗りやすいでしょうし、次は府中のダート2100mを考えています」(斎藤師)

今後の状態次第ですが、11月7日の東京競馬(3歳上1000万下・ダ2100m)に岩田騎手で出走を予定しています。』

☆カドデュソレイユ

クラブコメント
『屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロン14秒を計時しています。

「引き続きしっかり乗り込んでいることで、より芯がしっかりしてきている印象です。先週お話ししたとおり、あと1〜2週間ほど時間をかけ、さらにいい状態まで持っていくつもりです」(空港担当者)』

☆インペリアルマーチ

クラブコメント
『28日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒9−39秒9−エラー−13秒6)

「先週かなり時計が出たので、今週はあまり無理させないようにしました。54秒ぐらいで行きたかったので予定どおりの追い切りです。併せた相手はあまり攻め駆けしないタイプなので、併せるにはちょうどよかったと思います。先週の時計が速かった分、行きたがってしまわないか心配したのですが、道中はいい意味で遊びがあってリラックスして走れていました。これなら距離ももつでしょう。来週からはジョッキーに乗ってもらって追い切る予定です」(音無師)

11月15日の京都競馬(2歳新馬・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。』

ボクコメント

兄マーチは次なる目標はマイルチャンピオンシップですか!
でも、出走はかなり厳しいでしょうね…

なんとか出れないかなぁ…


カルちゃんは日曜日に出走です…ってゆうか、なんでガリーまで!しかも土曜日に!全然聞いてないですよ!


ただでさえ4週連続の淀…しかもかなり風邪気味…土曜日は爆睡して、そして日曜日に応援にいくぜぃって計画を着々と練ってたのにぃ。


しかも、先週、無謀にも兄マーチとともにお小遣いもかなり消えていったのにぃ…
この期に及んで土日連発で来いとおっしゃる…


いやいやでも、ここんとこ風邪→ちょっと熱→やや復活→競馬場→風邪ぶり返す→ちょっと熱→結構復活→競馬場→やっぱしぶり返す→を繰り返してるからなぁ…
ちなみに今週は昨日微熱でたのよね…一晩寝て熱はひいたけど、鼻水、鼻づばり、と咳がまだまだおさまってないし…

あぁどうしよう…
ほんま、ちょっと考えさせて下さいませ…


マイホース出走ラッシュ…嬉しい悩みですね♪

うひゃひゃひゃひゃ
(; ̄ー ̄A

【クラブコメントはキャロットクラブの許可を得て転載させて頂いてます】

2009年10月28日 (水)

10月25日京都競馬観戦記(後編)

いよいよ菊花賞。

パドックに選ばれし18頭が続々とでてきます。さすがにG1だけあって、どの馬も素晴らしい出来。


マーチも素晴らしい馬体でした!神戸新聞杯の時は生では見ていませんが、元々ふっくらムチムチのマーチだけにテレビではスカッとしすぎのように見えました。

でも、今回はふっくら感も戻り、ケヅヤ、張りとも抜群!ただ、終始尻尾をグルングルン振り回しています。
イライラしていたり、入れ込んでいるという感じではないんですが、とにかく尻尾をグルングルングルングルン。どういう意思表示なんでしょうね?


入れ込みやイライラということでは、アンライバルドは終始チャカチャカ。かなりの入れ込みでした。
そしてリーチザクラウンもとにかく発汗が目立ちました。ゼッケンや股ぐらがアワアワでした。
豊が騎乗した瞬間立ち上がってましたしね。

あぁ、こりゃいくらなんでも厳しいなと思いました。人気を背負った二頭だけに波乱の予感…。


そしてパドック最後の周回、吉川晃司さん騎乗の誘導馬を先頭に地下馬道に向かう優駿16頭…ええ、16頭です。リーチとアンライは先に消えて行きましたから。

ダッシュで馬場に戻り、人の間をぬってぬって…以外とゴールにかなり近い所の前から二列目くらいまでいけました。


そして、本馬場入場!
この距離の返し馬は1コーナーの方へ駆けて行くので目の前に馬が来ることはあんまりないですが、それでもG1菊花賞!ただでさえテンション上がるのに自分の馬が出るとなればなおさらです!
聞きなれてるはずの関西G1入場曲でもゾワッと来るものがありました!


『うわぁ、もし勝ったらどうしよう!えらいこっちゃ♪えらいこっちゃ!!』

なんてアホなことを考えながらドキドキしたまま時間が過ぎいよいよ第70回菊花賞競争のスタート!。


マーチはポンと綺麗なスタートから押さえ気味にポジションを下げて行きます。
『よしっ!ええ感じ!』

って思ったのはここまで。
最初のコーナー…幸四郎の動きがなんかおかしい…ひっかかったのかな…

『あれっ!立ち上がってるやん!』

一瞬凍りつきました。故障かと思いました。これまじで!

しかしマーチのスピードは落ちません。その後も何度も立ち上がる幸四郎…これは故障じゃない…もしや…

以前レクチャーで聞いた、スタンドに驚きという言葉を思いだし、注目して4コーナーを見ていると…

目に飛び込んで来たのは、天を仰ぎ、首を左右にイヤイヤをするマーチと、振り落とされまいと立ち上がって必死でなんとかしようとする幸四郎の姿でした。

『m(;∇;)mやってしもうた!』

こりゃ終わったな…思いました。

ほんと肝心な時にやらかしてしまいましたね。
ここんとこずっとお利口に走ってたからすっかり忘れていましたよ。マーチのやんちゃ坊主っぷりを…


それとも逆にお利口すぎて、ここで行かなきゃって勘違いしたのかな…ディープのように(笑)…いや、それはないか。


テンションだだ下がりのまま、ボケ〜ッとレースをながめていました。
マーチは後ろから二番目をポツンとついてまわっていました。


そして4コーナーから直線へ。マーチは外に出すのではなく内を狙っているようでした。

淀ならではの内ラチよりも内に入れ追い出すマーチ!
『うそやろ!ぶつかるて!』

またまたヒヤリとしましたが、でも、一瞬鋭く伸びるマーチ。前の馬を一気に交わしなんとか馬場に戻ってきました。

『前半あれだけロスして、まだ伸びるってか!』

正直ちょっとびっくりしました。
まぁ、ディープインパクトなら33秒の末脚繰り出してまとめて差しきるんでしょうが、そこはマーチですから(笑)
結果は9着。でも、なんか満足感の残るレースでした。


親バカですが、マーチの底力を感じさせる一戦でした。
皐月賞二着はダテじゃないです。

菊花賞の結果は、リーチザクラウンのおかげでスタミナ勝負になったのか、ダンスインザダーク産駒のワンツーとなりました。
同時に、5着に負けてしまいましたが、リーチザクラウンの強さにも感服しました。底知れないですね。
アンライバルドついては今回はなんか不運なレースとなりましたね。


そんなこんなで今年のクラシックは幕を閉じました。
皐月賞、ダービー、菊花賞とマーチと共に歩いた三冠ロード。一生の思い出ができました。


クラシックに対する見方もかなり変わりました。やはりクラシックなんですよね♪
一生に一度しか出られないクラシック。
そこに出るためにはどんだけの夢や思いがつまってるか…


偶然、この日の9Rにナリタクリスタルが出走していましたが、未勝利戦でこの馬にハナ差で勝ったところから始まったんですよね♪
これがクラシックなんですよね。


というわけで、マーチを応援してくれたみなさん。
厩舎関係者のみなさん。
クラブのみなさん。
僕の三冠ロードをバックアップしてくれたみなさん。

そして頑張ってくれたトライアンフマーチくん。

本当にありがとうございました。

夢の続きは2歳馬、1歳馬へと受け継がれていきます。


パドックのマーチです

2009年10月26日 (月)

10月25日京都競馬観戦記(前編)

昨日は京都6Rにキャトルマンが、11R菊花賞にトライアンフマーチがそれぞれ出走しました。

もちろん競馬場へ応援に行きました。

お天気は曇り空でしたが、雨が降らなかったので良かったです。

競馬場に着いたらちょうど2Rの前でした。
でもやはり菊花賞デー!すでにパドックにも相当の人だかりができていました。
スタンドの方に行ってももはや空席などあるはずもなく…

なので、なんとなく2R3Rを見送り、お昼になると人がいっぱいになりそうなので、少し早いですがお昼にしました。
ちなみにこの日のお昼はカレー!ちなみにこの週4回目のカレーです。やっぱしカレーは美味しいね!


で、競馬は4レースから。
5レースには注目の新馬戦もありました。

注目の二頭のうち、勝ったローズキングダムは、どちらかというと小柄で、こじんまりとまとまった感じでした。それとは対照的に2着のヴィクトワールピサはとても雄大な馬体でした。
レースは文字通りの一騎討ちになりましたが、最後の直線もピッチ走法気味なローズに対してやたらとオオトビなピサ!今日の差は4角の差でしょうね。
ま、どちらも強いですね。
二頭で後続をみるみる離していきましたから。

そんなこんなでキャトルマン出走の第6レース。

パドックで見たキャトルマンは前回見たときよりもケヅヤも馬体の張りもかなり良かったです。のんびりキャトルマンにしては気合いのりの方ももいい感じ。

前回見たのは地方から帰ってきた直後でしたので、連戦の疲れからかかなりくたびれ気味でしたからね。
なんかしぼんでる感じで。

欲をいえば、もう1絞り出来んでもないような感じもしますが、ま、気にすることもないといった感じでした。

パドックのキャトルマンです。


で、レースの方はというと大外なんで最後のゲート入りってのも良かったのか、思いの外の好スタート!

全く追うところもなく、成り行きまかせな感じでポジションを少し下げ、中段後方の位置で1、2コーナーを回っていきました。


そして…


向こう正面中間に向かう手前で…


『キタキタキタキタキタキタァッ!』


期待どおり、前走と同様のロング捲りに突入です!!


今回の捲りは3コーナーに入る手前で早くも逃げていた4番の外にピタリ!そのまま併せの様な形で後続をグングン離していきます!!


4角ではキャトルマンの方が手応えも良かったし、この時点では『よっしゃ!勝った!』思いました。


でも、直線に入り粘る4番!やや、脚の上がり気味に見えるキャトルマン。そしてえらい勢いでグングングングンせまりくる後続馬たち。

この時点ではぶっちゃけ負けた思いました。

でもキャトルマンも粘る粘る!


『粘れキャトルマン!追え岩田!ガンバレ!ガンバレ〜キャトル〜』


必死で叫んでました。

岩田騎手独特のムチに応え必死で頑張るキャトルマン。4番を競り落とし、後続を半馬身くらいしのぎきったところでゴール!


『よっしゃぁ〜!』
(≧ ≦)Ω


久々に大興奮!
やっぱり目の前でマイホースが勝つのは嬉しいのなんの!

この500万あたりのレースでも燃え尽きるくらい嬉しいのは一口馬主の醍醐味ですね。


しかも、この日ままだまだ燃え尽きない!
なんたってメイン菊花賞にトライアンフマーチがでるんですから!

表彰式の様子です。

ちなみにこのレース審議になったんですが、審議の対象がキャトルマンだったとアナウンスされひっくり返りそうになりました(笑)。

その後レクチャーに出て記念撮影。


脱ぎたてほやほや匂いつきゼッケン(笑)


さらに言えば、このキャトルマン。元々は関西馬だったのに、地方から再入厩する際に関東馬になってしまった馬なので、もう生では活躍見れないかなって思ってたんです。
それがこれ!わざわざ関西に遠征してくれて、そして目の前で勝ってくれるなんて感激もひとしおでした。
今回の遠征の理由がスタート直後の直線が少しでも長い方がって理由だったので、今後も京都1900や阪神2000を狙っての遠征もありそうってことで期待できますすね♪


なんだか嬉しさのあまり馬券的にはもうすっかりやる気がなくなり、菊花賞のために早々にパドックを陣取り、適当にチョロチョロっと馬券買ったりしながら菊花賞を待っていました。


そして10レースが始まる頃、パドックの電光掲示板の表示が入れ替わり、菊花賞に出走馬たちの名前が映し出されました。
いよいよクラシック最終章菊花賞のはじまりです。


思いの外長くなったんで、続きはあした!

2009年10月25日 (日)

キャトルマン速報

キャトルマンが見事優勝しました!

2009年10月22日 (木)

菊花賞枠順決まる!

25日に行われる菊花賞の枠順が発表されました。

1.スリーロールス
2.シェーンヴァルト
3.フォゲッタブル
4.トライアンフマーチ
5.アンライバルド
6.イグゼキュティヴ
7.ヤマニンウイスカー
8.アントニオバローズ
9.リーチザクラウン
10.キングバンブー
11.セイクリッドバレー
12.セイウンワンダー
13.キタサンチーフ
14.イコピコ
15.ポルカマズルカ
16.ナカヤマフェスタ
17.アドマイヤメジャー
18.ブレイクランアウト
以上の18頭の優駿たちが淀の3000mに挑みます!

我らがトライアンフマーチは2枠4番という絶好枠に入りました。

2枠4番といえば思い出されますね!
そうですあの皐月賞と同じ枠番です。


問題は連敗がいよいよ大台に迫ろうかという幸四郎くん…いったいどうしたのか…
菊花賞までになんとか勝って、気持ちよく乗ってもらいたいところです。


ちなみにマーチくん今日買った新聞では全くの無印…なーんにもついておりません。

確かに、いくらクラスが上がったからといっても2400mのダービー、神戸新聞杯ともいいところなくの二桁着順…

2000m以下で見せる破壊力はどこへやらですから…

この評価はしかたなしかなぁ…とはいっても、出るからには勝てるチャンスはゼロぢゃない♪

調教だって上がり重点とはいえラスト1F11秒台を馬なりでマークしてるようにかなり調子も上向きみたいです♪


そして、僕はというと、今週淀に行けば3週連続の淀…いやいや、今年の牡馬クラシックロード、マーチとともに完全制覇です。でも、春の中山、府中と違って、気が楽♪

3週連続というだけあって、もう地元みたいなもんですから…とはいっても、お家からなんじゃかんじゃで1時間半くらいはかかるんですけど…でもやっぱりホームみたいなもんですから。


超楽しかった中山。予想以上の大雨と椎間板ヘルニアに苦しんだ府中。さて、三冠第3幕のホーム淀ではいったいどんな思い出ができるのか♪

とにかく精一杯応援してきます!
\(*⌒0⌒)b♪

今週の近況です。

ここんとこ、暖かかったり寒かったりで、案の定風邪をひいてしまいました。

この前、ちょうど神戸新聞杯まえにひいたばかりなのに…

しかーし、今回は週末までには復活できそうです。


それでは今週の近況です。

◇トライアンフマーチ

クラブコメントその1
『12月13日に香港・シャティン競馬場で行われるキャセイパシフィック香港国際競走・香港カップ(芝2000m・1着賞金約1億3,680万円)と、香港ヴァーズ(芝2400m・1着賞金約約9,576万円)への予備登録(登録料無料)を行いました。』


コメントその2
『 21日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週までの感じも良かったですが、今週の追い切りでも終いの切れがあってキビキビしていました。やはり久々のレースを一度使った分の上積みを感じますし、動きに素軽さが出ているようですね。3000mの距離はどの馬にとっても未知数ですし、この馬の場合、馬の後ろについて走るとフワフワしすぎるぐらい楽に走れるタイプなので、むしろ終いに脚が溜められていいかもしれません。あとはこのままいい状態を保ってレースに臨むことを考えて調整していきます」(角居師)』

25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に武幸騎手で出走いたします。』

◇カルカソンヌ

クラブコメント
『21日は軽めの調整を行いました。

「前走は一度使った分、気配も良くなっていたので期待していたのですが、思った以上にスローの上がり勝負になって、この馬には厳しい展開になってしましましたね。ただ、ゲートから行く気を見せるようになったのは収穫だと思いますし、次はもっと動けるようになるでしょう。レース後はカイバ喰いが良すぎるほどで、脚元を含め馬体にも異常はなく元気いっぱいです。次走は未定ですが、いい状態を保ってうまく調整していきたいと思います」(中留調教厩務員)』

◇ガリアーノ

クラブコメント
『21日は軽めの調整を行いました。

「阪神コースでまくっていって好走した前々走のようなレースが、広い京都コースでもできるかどうかがひとつ不安材料でもあったのですが、十分通用することが分かったのは収穫ですね。勝った馬は抜けていましたし、あの結果は仕方ないところかもしれません。レース後、少しずつですがカイバもきっちり食べています。中1週でもプラス体重で出られたので、そういう意味でも次につながるレースになったのではないでしょうか。まだ予定は立っていませんが、馬体の回復度合いを見ながら調整していくつもりです」(川端助手)』

◆キャトルマン

クラブコメント
『21日は美浦坂路で追い切りました。
(53秒0−38秒7−25秒4−12秒7)

「週末の坂路での追い切り時にチップが眼にあたって若干気にするところはありましたが、大きな傷ができているわけではないので心配要りません。念のため獣医にもチェックしてもらいましたが、しっかりケアしていけば問題ないだろうということです。その他の体調面も変わりなくきていて、順調ですね。坂路で追い切りましたが、動きもまずまず。速い時計は出ないタイプですが、この馬なりに動けているので、いい傾向と見ています。あまり慣れさせると効果が薄れてしまいますが、確認の意味も含めてブリンカーを着用したのも良かったのでしょう。本番も着ける予定で、前回のように集中した走りを見せてほしいですね。チャンスは十分あると思っています」(斎藤師)

25日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に岩田騎手で出走いたします。』

☆カドデュソレイユ
『屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロン14秒を計時しています。

「先月末に10月中には態勢を整えられるのではとお話をしましたが、ここ最近の良化具合を見ていると、あと2〜3週間で送り出せるかなという状態です。走ってきそうな雰囲気を感じるだけに、焦らず入念に乗りこみを重ねていきます。馬体重は519キロです」(空港担当者)』

☆インペリアルマーチ

コメントその1
『16日はゲート試験を受け、無事合格しました。

「まったく問題なく合格しました。出は普通ですが、二の脚はなかなかですね。馬場での調教を取り入れるようになってから走りに余裕が出てきましたし、距離ももちそうです。次開催の2〜3週目のデビューが目標になるでしょう」(東田助手)』


コメントその2
『21日は軽めの調整を行いました。今週は明日22日に追い切る予定です。今のところ11月15日の京都競馬(2歳新馬・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。』


ボクコメント

いよいよ来ました菊花賞!マーチも無事にここまできました。しかも菊花賞当日にキャトルマンまで関東から遠征してくれるなんて!
その、マーチくんについては菊花賞なのでちょいと特別扱いで別の記事に…

てか、香港て!
さすがに応援には行けまい…

まぁ凱旋門賞も登録だけはしたからね♪


弟マーチもゲート試験スパッと受かって、デビュー目標も決まりました。鞍上は岩田騎手!。ずっと乗ってもらえるように頑張ってほしいです。

カルちゃんも最初は岩田騎手がずっと乗ってくれてたんですけど…


そんな岩田騎手が、今週はキャトルマンにも乗ってくれます♪
久々に会えるキャトルマン。前走はウチパク騎手が上手く乗ってくれましたが、岩田騎手だって元々園田や姫路でブイブイいわせてた騎手ですからね!

期待度大です。

今週はこんな感じ!
先週に引き続きの二頭出しです。

ガンバレマーチ!
ガンバレキャトルマン!

【クラブコメントはキャロットクラブの許可を得て転載させてもろてまっせ!】

2009年10月17日 (土)

京都競馬観戦記

今日はカルガリーの応援に京都競馬場に行ってきました。

お天気はあいにくの雨…ちょうど競馬場についたくらいが一番降っていました。
普通ならば完全にやる気をそがれるところですが、マイホースが二頭もでるとなりゃ♪です。

あとはやんでくれと祈るばかり。

競馬場に着いたのは、ちょうど5レースに出走する新馬たちがパドックに出てきたところでした。

とりあえず馬頭観音さまにお参りをし、競馬新聞を買ってパドックへ…と思ったけどかなりの雨にターフィーショップに引き返し傘を買ってからパドックへ。

パドックでよく見えた馬3頭と一番人気を絡めて3連単を購入!
見事的中しました♪

『幸先いいぞ!』

って思ったのもつかの間…二千いくらしか配当がないよ
(* ̄∇ ̄*)

とりあえず、うどん代くらいにはなりました。

っちゅうことで、6レースをすっぽかし、お昼ごはん。大好きな肉うどんを汗だくになりながらすすりました。

で、一服をしに外にでてみたら、なにやら移動販売車に行列を発見!雨なのになんだろ…


そういえば…!


行列の正体は、今日明日限定で販売するアイスコルネットでした!

これは、デザート大好き、アイス大好きな僕にとっては並ぶ以外の選択肢はありません。前にテレビで見て以来ぜひ食べてみたいと思ってましたし。
((o(^∇^)o))

んで、並んでゲットしたしろものがこれ!

チョココルネ?あれ?コロネ?…ま、そのマキマキしたパンをさっと揚げて、そこにソフトクリームをつめたものです。

アゲたてパンのサクッとした食感と温かいパンと冷たいバニラソフト!
なんとも不思議な食べ物でしたが、400円もしたから二回目はもういいや…

僕は普通のソフトクリームで十分っす。
( ̄∇ ̄*)ゞ

で、いよいよ7レースダート1900m
まずはガリアーノの出番です。
雨もちょうどあがってくれました。

ガリーは馬体重はプラス2キロ。減らないで良かった〜。近況ではかい食いが悪いとか書いてあったし。

パドックのガリーは、馬体こそ維持しているものの、あちこちキョロキョロ…舌をペロペロ…時々小走りも混ぜて…少しテンションが高め…てか、イライラしている感じに見えました。

『なんとか落ち着いてくれ!』

パドックのガリー

『オヒサシブリデス』


返し馬は馬場に入るなりキャンターに。結構な勢いで走っていきましたsweat01
ま、はやく向こうに行って落ち着いてくれるほうが

でも、スタート直前の輪乗りの時も、やはり同じようにテンション高めでした…
『ひょっとしてかかったりするんじゃないやろか…てか、今日はよく映してくれるなぁ』

そうなんです。今日のガリーは直前オッズでも2番人気!淀のターフビジョンにも何度も何度も映してくれるのです♪

そしてゲートイン。奇数番のだったので先に入ったんですが、相変わらずゲートの中でキョロキョロしています。
(・д・ = ・д・)

そして、最後にグィ〜っと横向きかけたところでスタート!

幸いそんなに出負けはしませんでした。
でも、さっきまでのハイテンションは嘘のように、例のごとくのんびり後方からの追走となりました。

『なんじゃそりゃ!』

2コーナー回るところまでは定位置って感じだったんですが、向こう正面ではやくも動き出すガリー!

グングンポジションを上げていきます…ってあれ…グングングングングングングングン…

『おいおいおい!どこまで上がっていくぅ!!』

3コーナーに入るあたりでは先行集団となりました。
『てか、オースミ邪魔!』
そうなんです。ちょい前を走っていたオースミ。ガリーに並びかけられると一緒になってポジションを上げていったのです。

おかげでガリーは3、4コーナー終始外外を回らされるはめに…

結局、5番手あたりで直線に向きました。

ドビューンと突き抜ける単勝1倍台の13番!

でも、2番手以下とは差はそんなにありません。

心配なのは、ここまでこんだけ脚使ってきて、まだ余力があるのか?ということ。

でも頑張るガリー!じわじわ前との差をつめていきます!

『ガリー頑張れ!させー!させ!ガリアーノ!』

憎きオースミをとらえ、二番手までクビ差まで迫ったところがゴールでした♪

減量の松山騎手が乗ってるとはいえ、二着馬とは内外の差での負けです。1着馬は、問題外!ありゃ強すぎるっ!このクラスにいる馬ではありません。

これでガリーは、ダート3戦1勝3着2回。阪神でも京都でも好走できました。
コーヘー君との相性も良さそうだし、現状でもこのクラスはなんとかなりそう。
さらに成長して、カイバもモリモリ食べられるようになったらもう1つ上でもやってけそうな気がします♪
頑張ったね!ガリー!
満足です。

そんなこんなで、9レース馬券買いましたが豊にやられ、いざ、カルちゃん出走の10レース。鳴滝特別のパドックへ!

ひと夏をこえた芦毛のカルちゃん。まだまだ濃いグレーの馬体です。
前走黒メンコを着けててビックリしましたが、今回は無し。初めて生で見たイエローにリニューアルされた手綱セット?がまだ違和感があります!デビュー以来の白手綱のイメージがまだまだ強いですから(笑)

パドックのカルちゃんもガリーのイライラが伝染したのか少しイライラ気味。
終始首を上げたり下げたり…てか基本、内側にいる厩舎スタッフの方に首を曲げ気味…目も充血気味…
でも、前に阪神で見た発汗アワアワなイラつきっぷりからするとぜんぜんましです。

あと、馬体のハリもいいし、踏み込みも力強い感じなんすが、なんか少し踏み込みが…
今の淀では、もうちょい前にグイッ、後ろへググッって感じが欲しいんですよね♪ま、これは馬の個性だから仕方ないか。それとも…。

パドックのカルちゃん

『キイロノタズナデスヨ!』


そんなこんなでゲートイン!輪乗りでは落ち着いていたし、ガリーに続いての好走を期待していましたsweat01

いよいよスタート。カルちゃんはガリー以上にスタートよろしくないので心配していましたが、今日は見事に出てくれました!

先行馬たちが押して前にいくのとは対象的に、意識的に控える感じで中段後ろに着けました。なんだか綺麗な競馬です。
ちょっとだけ、『もしや、勝ったか!』思いました。

逃げるテンシノなんちゃらの1000m通過が61秒ちょいくらい…わりと縦長だし、平均ちょい遅めなペースかな…
坂の頂上残り800通過…1.28秒くらい……

『やっぱし遅っ!』

まんまとスローにはまっていたようです…

これでもかというくらい典型的な直線瞬発力勝負となってしまいました。

こうなってはスパパパッっと斬れる脚のないカルちゃん大ピンチ!しかも後ろにいるし、大外まわすから上がりぶっちぎり最速をださなきゃ勝てないよ…
(;>_<;)ピ、ピ、ピーンチ!

しかも、直線、カルちゃんうちにささっているのかユウイチ全くムチを使っていない!ようやく右手にムチを持ち変えてビシッと一発いれたのは残り100mのあたりでした…

『あらららら』(-。-;)

レースの上がりが34.0というレースになってしまった今回、カルちゃん自身もおそらく33秒前半の脚を使っているでしょうが、結果は6着
δ(⌒〜⌒ι)

この展開ではこの着順も仕方がありません。
勝つにはおそらく32秒前半くらいの脚が…って無理じゃぁ(笑)

カルちゃん、今はまだ自分でレースが作れない分どうしても展開まかせなところがあるからこういう結果があるのも仕方ないです。
ま、今回の収穫はカルちゃんも嵌まれば33秒台の脚が使えるってわかったことだけでも十分でした。

てゆうか、新聞みたら全部違う騎手!
吉田豊→橋本→アンカツ→コウタ→村田→そしてユウイチ…。確かその前は岩田→岩田→のり→岩田→岩田と安定してたのに、なんですか、この乗り代わりは…
クラシックロードも菊本番を残すのみだし、ぼちぼち誰かに落ち着いてもらいたいものですね♪

ま、今日は二頭とも負けはしましたが自分の力を出しきってよく頑張ったと思います。
((o(*^▼^)o))

で、最終レースもわざと1番人気きったら来てしまって負けて今日の競馬はすべて終了です。


そして来週はいよいよ牡馬クラシック第3段菊花賞!マーチくんが出走予定です。ちょっと参加賞的なにおいもしますが、出るからには勝つ可能性もゼロぢゃない!てか、馬柱に名前がのるって思うだけでもワクワクしますねっ!
o(*'-'*o)(o*'-'*)o

ちなみに最後にモスバーガーのソフトクリームを食べて帰りました。うん、わしゃやっぱしこっちでいいや♪

2009年10月15日 (木)

マイホース達、今週は!

今日から地元の祭がはじまりました!
でも、仕事が切羽つまってさっき帰宅…

祭に仕事してるなんて新入社員の頃以来か…

なんだかなぁ…
(´□`。)°゜。


どうも流れが悪いっす〜


てなわけで今週の緊急だす。

◇トライアンフマーチ

クラブコメント
『14日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで3頭併せをしました。跨った武幸四郎騎手も、1回使って息の入りが良くなっているし、馬体も良化していると言っていました。前走は久々だったこともありますが、調教でも後ろから追いかける追い切りなど少し精神的に追い詰めてしまったところもあって馬自身厳しいところがあったのかもしれません。今回は非常に落ち着いて追い切りをこなしていますし、状態は上向いていると思います。本質的にこの距離が合うかどうかは分からないのですが、多くの馬も同じ条件ですからね。いい状態で本番を迎えられそうですし、楽しみです」(岸本助手)

25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に武幸騎手で出走を予定しています。』

◇カルカソンヌ

クラブコメント
『14日は栗東CWコースで追い切りました。

「単走で追い切りました。飛びが大きい分、動きはモサッと見えるけど、時計は最後も12秒台前半としっかり出ているので、状態も上向いているんでしょう。乗っていたスタッフも、先週末、14日朝とやってみて前走より良くなっていると言っているし、これだけ動ければ上等だと思うよ。広い京都コースなら前走のようなこともないだろうし、一度使った上積みもあるから、いい競馬ができるんじゃないかな」(松田博師)

17日の京都競馬(鳴滝特別・芝2200m)に福永騎手で出走を予定しています。』

◇ガリアーノ

クラブコメント
『14日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒3−40秒1−26秒5−13秒1)

「一度使って少しガス抜きができたかな、と思っていたのですが、やはり普段はやや引っかかるところを見せるので、馬具などで工夫しています。追い切りだとそれほど動くタイプではない分カーッとするわけではないので、それほど心配することもないかもしれません。カイバ喰いが細いのは気になりますが、馬体が細くなっているわけではないので大丈夫でしょう」(池添師)

「追い切りに跨りました。帰厩後初めて乗ったのですが、以前に比べて馬がしっかりしてきましたね。やはり少し行きたがるところは見受けられるのですが、そう行きすぎるというわけでもないので問題ないと思います」(松山騎手)

17日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1800mもしくは1900m)のいずれかに松山騎手で出走を予定しています。

◆キャトルマン

クラブコメント
『14日は軽めの調教を行いました。今週は明日15日に追い切る予定です。

24日の東京競馬(3歳上500万下・ダ2100m)か25日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に出走を予定しています。』

☆カドデュソレイユ

クラブコメント
『屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロン14秒を計時しています。

「時間をかけてじっくり乗り込んできた甲斐もあり、この数週間でさらに馬がしっかりしてきた印象です。もう少々こちらで鍛えて、順調に移動まで進めていきたいですね」(空港担当者)』

☆インペリアルマーチ

クラブコメント
『14日はゲート練習を行いました。

「今朝は坂路からゲート練習をしました。まだ反応は鈍いものの、だいぶ出てくれるようになっていますね。少し早いですが、明日の練習の内容次第では金曜にも試験を受けようと思っています。今のところ精神面もいい状態を保っていますが、早めに受かるに越したことはないですし、その方がじっくり乗り込んでいけるでしょう」(音無師)』

ボクコメント

今週は土曜日の京都でカルガリー揃い踏みの予定です!

しかも、今週、祭で会社休んで5連休!で、帰省するから競馬場には行けないですぅ…

のはずだったのが、1日しか休めない…しかーも、日曜日は休日出勤!ってゆうえらいこっちゃなおかげで、はからずも競馬場に応援に行けるようになりますた!

カルちゃんは初のユーイチとのコンビ!心強い味方を鞍上に迎え、こりゃ楽しみ倍増です。

ガリーは松山騎手とのコンビ!減量効果で前走の再現といきたいですね。

カルガリーとも叩き2走目。どちらも上がり目はあるはずなので期待して応援します。

今週はこんな感じです!


【クラブコメント転載は、キャロットクラブの許可を得て転載しています。】

2009年10月 9日 (金)

申込み結果きました!

あぁ…タイガース負けました…
_| ̄|○

帰りの電車の中…携帯つなぎっぱなしで、逆転を信じて更新押しまくり…。
でも祈り届かず1‐3で敗れましたです…
(>_<。)

これで今年のタイガースの戦いは終わりました…
あぁ心に秋風が吹いています…
(´□`。)°゜。

ショックを隠しきれぬまま、帰宅するとキャロットクラブの封筒が届いていました。


『申込み結果キタァッ!』

タイガース敗北で落ちてたテンションが一気に上がりました!
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


早速封筒を開けてみると!なにやらいっぱい紙が入っています。


『どれや!どれや!』


ペラペラめくっていると
『2009年度募集馬 出資申込結果通知書』
と書かれた紙を発見!


ドキドキしながら『せーのっ!ほいっ!』って掛け声とともに一気に紙を裏返すと…


アドマイヤサンデーの08 申込み結果

『×』

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン


『アドマイヤサンデー落ちとるやん…』


大抽選会はわかっていたから予想はしてたとはいえ、ここんとこマーチ兄弟とか抽選で引き当ててたから、当たるって気持ちのほうが強かったので、再びテンション急降下ですぅ…


しかーし、次の行にはもう一頭の満口馬だった奇跡の馬の子ハナランマンの08の申込結果欄にはしっかり『○』がついていました!

(≧ ≦)Ωヨッシャ!
ちょっとテンション上がりました。


てなわけで、今年の一次申込みは

ハナランマンの08
ハルーワソングの08

の2頭ゲットすることが出来ました。

ま、満足な結果です!


さぁこの後どうしようかなぁ…2次募集考えようかなぁ。


タニノミラージュかピノシェットあたりが1.5次で満口になっていなかったら考えてみようかなぁ。
あぁその前に、まだ一度も見ていない関東馬もちょっとひととおりDVDみておこっと!


いや待てよ…てか、今回出さなくてよくなったアドマイヤサンデー代の125000円もあったらスカパーHDに替えられるやん!

てか、ブルーレイ買えるやん!

おお!どうしよう…まじでどうしようかなぁ。
o(*'-'*o)(o*'-'*)o


タイガース敗北テンションだだ下がりモードから、早くもなんだか楽しいモードに上がりつつあるタテジマくんでした♪
w(*゜o゜*)w

今週の近況でっす

こちらは台風の被害なく!でしたが、全国ではかなりの被害が…被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

そして、昨日1歳馬の結果発送だったみたいですが、今日は来ていませんでした!!
ま、このお天気じゃね。風でピュピュ〜って飛ばされてもかなわんしね♪
明日かな…明後日かな…

てなわけで今週の近況です。


○トライアンフマーチ

クラブコメント
『7日は軽めの調整を行いました。

「今朝は坂路で軽めの調整を行いました。前走の疲れもありませんし、順調に来ていますよ。一度使ったことで気持ちがピリッとしてきた感じで、体調面、精神面ともに上積みはありそうです。状態はまだこれからも上向いてくると思いますが、今度はとにかく3000mという距離。折り合いにそれほど不安のあるタイプではないのでこなせるとは思いますが、未知数の距離なので、そのあたりがどうかでしょう」(岸本助手)

25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に武幸騎手で出走を予定しています。』

○カルカソンヌ

クラブコメント
『7日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週速い時計を出していなかったので、今週は15−15程度から終い強めというつもりで追い切ったのですが、手元の時計で6ハロン86秒台、終い1ハロン12秒フラットと、思った以上にタイムは出ていました。ラストも目一杯に追っている感じではなくこの時計でしたから、一度レースを使って気持ちの面でピリッとしてきたのもいい方に出ているのかもしれません。今のところ、来週の競馬を考えています」(松田博師)

17日の京都競馬(鳴滝特別・芝2200m)に出走を予定しています。』

○ガリアーノ

クラブコメント
『7日は軽めの調整を行いました。

「先週のレースは久々ということもあって半信半疑な部分もあったのですが、なかなかいいレースをしてくれました。仕掛けが早く見えたのに、そこから最後までジリジリと長くいい脚を使いましたね。もうひとつダートか芝か分からないところがあったのですが、これはやはりダート向きですね。レース後は、少しカイバ食いが落ちているのが気になるものの、馬体は問題ありません。脚質的に小回りコースは向いていないでしょうし、中1週か2週あけて京都の番組を考えています」(池添師)』

○キャトルマン

クラブコメント
『7日は軽めの調教を行いました。

「連闘の強行策でしたが、プラスに働いてくれましたね。こういう競馬をしてほしいとずっと思っていました。ようやくこの馬本来の力を競馬で出すことができたと思っています。レース後から脚元など馬の様子を慎重に見ていましたが、特に変わりはありません。体調面を見ても、へこたれている感じもありませんし、予定どおりこのまま次走へ向かっていけそうですね。番組を見たところ東京の3週目にダートの2100mという条件がありますが、同じ週に京都のダート1900mというレースもあります。コース形態や馬の特性などを考えて、どちらかの競馬へ向かいたいと考えています」(斎藤師)

24日の東京競馬(3歳上500万下・ダ2100m)か25日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に出走を予定しています。』

カドデュソレイユ

クラブコメント
『屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロン14秒を計時しています。

「移動へ向けて、順調に日々のトレーニングに取り組むことができています。今後もトレセンでの調教にしっかり対応できるような体を作っていきます。馬体重は522キロです」(空港担当者)』

インペリアルマーチ

クラブコメント
『7日はゲート練習を行いました。

「今朝は坂路を軽く乗ってからゲート練習に行きました。寄り、駐立に関してはおとなしいですし、何の問題もありません。ただ、ゲートが開いてもまだ反応していないので、もう少し練習は必要ですね。素直なタイプなので、順調に進められると思います。大型馬なので、週末の軽めの調教では負担の軽いポリトラックを使うなど、工夫して体を作っていきたいと思います」(音無師)』

ボクコメント

カルちゃん…17日ですかぁ…困ったぁ…
その週だけは競馬場行けないんですよねぇ…
見に行けないけど頑張って欲しいです♪
できらば、翌週に…無理か。


そして、ガリーとキャトルのガチンコ対決の可能性が出てきました。24日の1800ダートか25日の1900ダート。かなり確率薄いとは思いますけどね…

でもこの開催から1900ダートがやたら増えた気がします。京都は元々1800ダートってイメージあるけど1900ダートって…何なの?この100mの違いは…あっ、そういえば、東京にも1300ダートと1400ダートってあるね。やっぱしこの100mは大事なのかな…

マーチ弟くんはポリトラックで調整ですか。そういえば、栗東にも新しく出来たんですよね♪元のDコースだったかな。ポリは脚元に優しいっていうしね。ウッドでビシッて追えるようになるまで、しばらくポリでしょうか。
でも、最近は牧場で仕上げてから移動っていうパターンが多いのに、厩舎に移動してから体をつくっていくては、もしや期待のあらわれか!
怪我のないようにゆっくり仕上げて欲しいですね。


というわけで、しばらくはマイホースたちの出走で楽しめそうです♪
\(*^▽^*)/


(クラブコメントの転載はキャロットクラブの許可を得ています)

2009年10月 4日 (日)

レース後コメント

いやはや、スプリンタースズステースク大接戦でしたね。なんでも1センチとか。

そんな今週は土曜日にガリー。今日はキャトルマンが走って、それぞれ三着、二着と大健闘!


馬券の方も、スプリンターズもあわせて3つとも馬券も当たって、なんとも楽しい週末でした!

○クラブコメント

ガリアーノ

『3日の阪神競馬ではスタート直後から最後方を追走し、向正面から徐々に進出。直線は外からよく伸びて3着。

「前半は砂をかぶって嫌がっていたので、向正面から外へ出して行きました。前回勝ったときと同様に、外に出してからは自らハミをとって行く気を出してくれました。3、4コーナーで仕掛けたときに少しズブさを見せましたが、直線は最後までバテずにしっかり走ってくれました。今日のような軽めの馬場よりも、もう少し力のいる馬場の方が合うかもしれません」(松山騎手)

「ダートは合っているね。砂をかぶると嫌がるところがあるから、外を回す競馬をしたのもよかったし、長くいい脚を使ってくれました。これからの馬だし、追って少しモタれるところがあったから、今後改善していきたいですね」(池添師)
昇級後2戦目、休み明けでしたが、ダートで次につながる走りを見せてくれました。次走はレース後の様子を見てからになりますが、権利のあるうちに出走を検討していきます。』

キャトルマン
『4日の中山競馬では仕掛けて中団の位置へ。向正面からマクり気味に進出すると、直線もジワジワ伸びて2着。

「ワンペースでしか走れないから、3コーナー手前から勢いをつけてマクっていきました。切れるタイプではないから、今日のような競馬の方が合っていると思います。最後まで頑張ってくれましたが、ちょっと乗り難しいところがありますね。拍車とブリンカーの効果もありましたよ」(内田騎手)

「金曜日にブリンカーをつけて乗ってもらいましたが、後ろからのプレッシャーを少しは感じてくれました。今日は拍車をつけて無理してでも前々に行ってもらうように指示しましたが、相変わらずズブさを出していましたね。それでも最後まで諦めないで走ってくれたし、ジョッキーとは手が合いますね。次走は間隔をつめて使っていった方がいいタイプなので、東京開催を使うつもりです」(斎藤師)

ジョッキーの渾身の騎乗で久々に好レースができました。この後は馬の状態を見てからになりますが、在厩で東京の長めの距離での出走を検討していきます。』

ボクコメント

ガリーは今回少頭数とはいえ、結構骨っぽいメンバー相手三着!大収穫でした。
勝った時と同じ条件とはいえ、ダート1走しかしていないし、持ち時計でもちょっと心配なところも正直ありました。
調教の時計の感じからも、いかにも休み明けって感じでしたし。
後でビデオ見ましたが、ジョッキー跨がってからは、かなりうるさくなってましたし。

それらを悪条件を全部吹き飛ばしての三着ですからね♪圧倒的1番人気だった勝ち馬ともそんなに差もないですし。これは価値ありです。
そして、重い馬場の方が合うとは嬉しい予想外のコメントのおまけ付き!

今後が楽しみです。


キャトルマンは、今日記事書いたし、だいたい予想通りのコメントですね。

東京長めのレースならば、11日と24日に2100mダートっていうんがありますね。さすがに三連闘はないでしょうから24日かな。もちろんウチパク騎手で!
こちらも楽しみですね♪


【クラブコメント転載はキャロットクラブの許可を得ています】

キャトルマン二着!

今日はお家でテレビ観戦。昨日はガリーが3着に頑張ったし、続いて欲しいところです。
ちなみに昨日のガリーのレースはまだ見てないから先にこちらから。


パドックでのキャトルマンはあんまり太めには見えないし、普段に比べて微妙に気合いものってるように見えました。

連闘効果か!ブリンカー効果か!
なんだかやれそうな気がする。


レースはスタートは互角。でも、いつものように二の足がなく…で、いつもなら後方まで下がってしまいますが、そこはウチパク。押して押して、ムチまでいれて…。なんとか中段後方での追走となりました。


そして、向こう正面。押しながら徐々にポジションをあげていきます!!

『さすがウチパク!そうこなくっちゃ!』

ここまで寝転んで見てましたが、思わず姿勢をただしました。


3、4角ではムチが入りながらはやくも先頭に並びかけるキャトルマン!

『キタァーッ!勝てるかもしれん!イケェ!』

しかし、逃げた3番の脚色が勝り、二着でゴールイン。でも三着には二馬身半の差をつけての二着でした。

これや!これですわ!

キャトルマンはこうでないと。

このプチヒシマサルみたいな競馬をしてもらわんと!


3歳のころも、こういう競馬を続けてて、徐々にいきっぷりが良くなってきたんですよね♪


とにかく、これで権利もとれたので馬体が大丈夫だったら多分続戦してもらえるはず!
次は広い東京だし、さらに楽しみです♪


とりあえず今日はお疲れ様。キャトルマン!
ヾ(^_^)

2009年10月 1日 (木)

いっちゃいば

1歳馬も近況が更新されました

まずは出資が確定したはずのハルーワソング08から

ハルーワソングの08

5e58bc032009930fa5fb9910090a8af_2

はじめまして!よろしくね!

クラブコメント
『9月25日にNFイヤリング遠浅よりNF空港へ移動しました。NFイヤリング在厩時は、9月に入ってから夜間放牧をしながら馴致を開始しました。普段から少しカリカリしたところのある性格ですが、意外とスムーズに鞍付けができました。今まで休まず放牧され続けてきた甲斐もあって、丈夫さがしっかり骨格に現れてきました。歩いている姿もディープ産駒のキビキビとした歩様に加え、どっしりとした踏み込みに変わってきており、力強さが備わってきた印象です。』

お次は結果待ちの二頭

アドマイヤサンデーの08

13bdadf72009930fa5fb991169d55d7

なんちゅうか、惚れ惚れするような馬体でしょ ( ̄¬ ̄)

クラブコメント
『現在ウォーキングマシンで1時間運動した後、屋内周回コースでハロン30秒程度のキャンター2000mの運動を行っています。NF早来に来てから、環境の変化に戸惑うことなく、順調に馴致をこなすことができましたので、すでにコースを使っての調教を行っています。身のこなしなど、随所に血統馬らしい風格を見せ、また徐々に全姉に似た雰囲気を感じさせるようになっており、益々期待が高まってしまいます。

ハナランマンの08

966074bc2009930fa5fb99172adc9ea

この子がハナランマンだよ

クラブコメント
『9月29日に早来FよりNF空港へ移動しました。早来F在厩時は、日中放牧を行っていました。頭部から背中を抜けてトモへ流れるトップラインが大きな瞬発力の源となりそうな本馬は、当歳のときから全身をよく使い、手先が軽くてバネのある走りを放牧地で披露しています。キリっとしまりのある小顔は強い意志を示しており、この兄弟の特徴である激しくて男っぽい性格も、今までの物わかりの良さを見る限り、良い方向へ導かれていきそうです。

今回の更新はこんな感じです。
みんなはやくタテジマファミリーに入ってほしいなぁ((o(^∇^)o))

【クラブコメントや画像の転載はキャロットクラブの許可を得ています】

マイホース近況

我らがタイガースが3位返り咲き!そして、楽天がソフトバンクを下しついに2位にたちました!もし、宮城でCS開催されたら、よしさんは応援にいくのでしょうか!
いいなぁ( ̄¬ ̄)


そんなわけで今週のマイホース近況っす。


トライアンフマーチ

クラブコメント
『30日は軽めの調整を行いました。

「神戸新聞杯は久々の分もあってか少し引っ掛かる素振りをしていました。レース後は特に問題ないので、菊花賞に進む予定です。
馬の後ろに入れば折り合いに不安はないタイプですし、3000mはどの馬にとっても未知の距離ですから、うまくレースを運べればチャンスもあると思います」(角居師)

10月25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に武幸騎手で出走を予定しています。』

カルカソンヌ

クラブコメント
『30日は軽めの調整を行いました。

「久々のレースで疲れが出たようなので、先週末少し楽をさせました。今週はまだキャンター程度しか乗っていません。少しずつ動かしていけば問題ない程度なので、京都開催で使うつもりで調整していきます」(松田博師)』

ガリアーノ

クラブコメント
『30日は栗東坂路で追い切りました(55秒6−41秒2−27秒6−13秒9)。

「水曜日は坂路で追い切りました。普段のキャンターなどでは掛かっていくほどの行きっぷりなのですが、追い切りになると思うように動いていかないのは気になるところですね。ただ、体調に関しては問題なく良さそうです。
北海道ではなかなかカイバを食べてくれず、馬体も減りがちだったのですが、そのころに比べればだいぶ食べてくれています。もう少しカイバ食いが良くなってくればもっと馬体もしっかりしてくると思うので、そのあたりの成長がほしいですね」(川端助手)』

3日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に松山騎手で出走いたします。』

キャトルマン

クラブコメントその1
『30日は軽めの調教を行いました。
「レース後は脚元含めて特に変わりありません。まったく走っていないし、レース後もケロッとしていたくらいですから疲れは見られません。
調教でも後ろから他の馬につつかれると走るけど、そうでないとただ淡々と走るだけで、それ以上頑張って走ろうとしないところがあります。
能力があるのは間違いないですから、気持ちの面で刺激を与えなければいけませんね。調教とレースを重ねることでピリッとした部分を引き出したいと思いますので、今週の中山に連闘することも視野に入れていきます」(斎藤師)』


コメントその2
『「昨日の午前、午後、そして今日と慎重に馬の状態をチェックしていますが、脚元をはじめ気になるところはありません。獣医の診断で脚元や体の筋肉、心肺面も良好ということを確認できましたので、今週の競馬へ向かうことにします。
先週の競馬は調教のようなものになってしまったので、馬も疲れていませんし、体調面は心配要りません。連闘策で気持ちの面でもピリッとしてくるでしょう。今回はブリンカーも着用するつもりなので、変わり身を期待します」(斎藤師)
4日の中山競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に内田騎手で出走いたします。』

インペリアルマーチ

クラブコメント
『30日に栗東トレセンへ入厩しました。
1日は軽めの調整を行いました。
「今朝は坂路からゲートを見せる程度。かなりの大型馬で、いかにも緩そうな印象を持ったのですが、乗ると意外なほどしっかりしていて、いいキャンターをしていますね。来週から本格的にゲート練習を進めていきます」(東田助手)』

僕コメント

今週は2頭が出走!
久しぶりのガリーは阪神で、連闘で挑むキャトルマンが中山で走ります。

ガリーは初勝利の時コンビを組んでた松山騎手です。まだまだ調子は上がってきてない感じですが、無事に走ってきてほしいです

そして、キャトルマンは気合いの連闘!ブリンカー!そして今度は名手うちぱく騎手!

条件はでそろいました!

変わり身を期待したいですね♪
次は東京開催だし、なんとか出走権を得てほしいです。


そしてインペリアルマーチが無事に入厩。大型だし、少し時間はかかりそうですが、ゆっくり仕上げて欲しいですね!


今週はこんな感じ!
頑張れガリー!頑張れキャトルマン!


ちなみにソレイユ忘れてるわけじゃないよ♪あらたな更新がないだけです。


【クラブコメントはキャロットクラブの許可を得て転載しております】

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »