« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

近況その2

いやいや、訃報から1日なかなかタキオンショックから覚めません
(´□`。)°゜。
競馬界の損失は大きいですね。まさに激震…


そのタキオンのライバルだったクロフネの子キャトルマンの近況です。

クラブコメント
『24日は美浦坂路で追い切りました(51秒7−37秒9−25秒0−12秒4)。
「今日は直接私が騎乗して状態を確認しました。動きは上々でしたし、大型馬ですが重苦しい感じはありませんんでしたね。馬体重も帰厩当初は550キロあったのが530キロくらいまで減っていて、引き締まった体になってます。状態アップとともに動きやすくなっているということなのでしょう。トレセンの坂路の方が馬場がウッドチップでより負荷がかかりますから、効果的な調教が積めています。汗もしっかりかけていますし、いい過程を踏めていますよ。当初はもう少し時間が掛かるかなと思っていましたが、今のコンディションと今日の追い切り時計から考えれば、そう遠くなく出走態勢も整ってきそうですね。来週の状態と相手関係を見てから判断しますが、今のところ福島の3週目か4週目を考えています」(斎藤師)
7月5日の福島競馬(岳特別・ダ1700m)か11日の福島競馬(三陸特別・ダ1700m)に柴山騎手で出走を予定しています。』

キャトルマン坂路もなかなかの時計で走破してるようです。
これが栗東での時計ならばすごいんですけどね。

もうちょい絞れて、もうちょい時計つまれば完璧!
復活の予定日も決まり期待が膨らみます。

ガリー追加
『今回は展開も合わなかったようで、厳しい内容になってしまいました。優先出走権も得られませんでしたし、馬体も多少寂しく映りましたから、一度放牧に出して馬体が回復したら、2回札幌を目指して再度入厩させたいと思います」(池添師)
25日にNF空港へ放牧に出される予定です。』


ガリーちゃん、子供時代に過ごした空港牧場で、一息いれてふっくらしてほしいです。


今週はこんな感じ!


クラブコメントはキャロットクラブの許可を得て転載さしてもらってマッスル。

2009年6月23日 (火)

タキオン…(´□`。)°゜。

アグネスタキオンが亡くなったことを、先ほどよしさんのブログみて知りました。

まじショックです。

タキオン大好きでした。

大好きランクでいうとあのオグリキャップに続く僅差の2位かな…それくらい好きな馬でした。

タキオンとの出会いは友達に新馬戦見に行こう!って誘われて行った暮れの阪神競馬場。
たしかその時、友達の目的はコンコルドの弟(アンライバルドの兄ちゃん)やロジータの子でした。

でも、パドックで
『うぉー!なんじゃこの馬!』
って一目惚れした栗毛くんがタキオンでした。
思わず単勝5千円買ったの昨日のことのように覚えてます。

結果はタキオン、レコード勝ちの圧勝!。


そして2戦目の伝説のラジ短。
あの、ジャンポケ、クロフネを一蹴!
これはマジ強い!史上最強クラスかもしれん。と完全に信者になりました。


その後弥生賞、皐月賞と連勝した後、屈腱炎で引退…僕は当時から皐月賞の時もはや症状出ていたんではないかと思ってます。


皐月賞勝つには勝ってるんですが、タキオンはあんなもんじゃないと…。伸びいうか、弾けかたがね。

引退した時は、そりゃもうショックでした。


でも種牡馬入りしてからも、いきなりロジックでG1獲り、そして、なんといってもダイワスカーレットにディープスカイという名馬を出して、ホントこれからって時の訃報です。


正月にみたグリーンチャンネルの番組で、マイネル軍団の岡田総帥が、タキオンとディープは間違いなく、世界最高の馬と大絶賛していたのをみて
『そやろ!タキオンそやろ!ディープと並ぶやろ!てか世界最高ってか!』
ってなんだかとっても嬉しく思いました。


ホントこれからって時にです(;>_<;)


今年のPOGもほぼタキオン一色になる予定でした。

大好きだったタキオン…
どうか安らかに…
(-人-)


父ちゃんのぶんまでガンバレ!カドデュソレイユくん!
そしてガンバレ!すべてのタキオン産駒たち!


あかん…ちょっと涙でそう…

三歳たちの近況

あぁ!とうとう昨日あつさに敗けて今季初のクーラーをつけてしまいました。

窓開け+扇風機で頑張ってたんですけどねぇ。昨日の強風+雨では…。

多分もう秋までクーラー無しではダメダメになるんでしょうね
(⌒〜⌒ι)


というわけで近況!


マーチくん

クラブコメント
『周回と坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。25日に山元トレセンへ移動し、その後ノーザンファーム早来へ移動する予定です。
「こちらでレース後の疲れを癒し、体調をジャッジしていましたが、特に調子自体は悪くありません。楽させた後なので、これから進めていくという段階なのですが、その状態を踏まえて調教師と相談した結果、いったん北海道へ移して様子を見ていきましょうということになりました。
夏の予定に関しては早来へ移動してからということになるでしょう」(GW担当者)』

あれ?結局北海道にいくんですね?
ちうことは、使うとしたら札幌かぁ…

カルちゃん

クラブコメント
『屋内周回コースでダク800m、ハロン22秒のキャンター1600mを行っています。
「いたって順調ということもあり、順当に負荷を高めることができています。実際に運動を行っていても活気に溢れており、いい感じです。この分なら秋競馬を目標にペースを上げていくことができそうです」(空港担当者)』


順調そうです!

ガリーちゃん

クラブコメント
『20日の札幌競馬では後方3、4番手の位置から終いの脚に賭けるが、前も止まらず9着。
「以前に乗せてもらったときより馬は良くなっていますね。ただ、行き脚がつきにくいのは相変わらずで、どうしても後ろからの競馬になってしまいます。2600mのレースで勝ち馬が34秒台で上がる決着になってしまい、展開に泣かされた結果になりましたが、ラストはしっかり脚を使っていました。距離は問題ありませんし、力の要る札幌の馬場も合っていそうです。これからどんどん良くなってくると思いますよ」(津村騎手)
「休みを挟んで馬体は成長しているのですが、今日減っていた分を見ると、輸送競馬はあまり良くないタイプかもしれませんね。このまま北海道に滞在したままの競馬の方がいいでしょうから、空港牧場での短期放牧を挟みながら使っていきたいと思っています」(池添師)
結果は奮いませんでしたが、調教師も騎手も成長を感じ取っており、次走が楽しみです。今後はNF空港へ放牧に出すことも含め、数日間様子を見てから検討していきます。』


(* ̄∇ ̄*)展開て♪
前々で競馬して勝ったディバインくんたちのほうが上がり速いやん♪

まずは減っちゃった馬体戻さなきゃですね♪

というわけで、まもなく3頭そろって北海道ということになるみたいです。

ええなぁ…北海道…

o( ̄ー ̄)o


( ̄¬ ̄)


♪(/ω\*)


ええなぁ…

2009年6月21日 (日)

ガリー9着(-。-;)

本日ガリーが札幌競馬8レース、積丹特別に出走しました。

結果は9着。勝ち馬はディバインくんでした。

テレビなのでパドックもちょっとしか映りませんでしたが、ガリーはまさかのマイナス10キロ!2ヶ月半も休養していて、先週放牧から帰ってきて、いきなり北海道に渡って、いきなり出走で、二桁マイナスはいくらなんでも予想外です!(;>_<;)

言葉わるいですが、一瞬
「あほかぁっ(*`Д´)ノ!!!」思いました。(スイマセン)


解説者もイライラしてるっていってましたし、見た感じ耳もクルクル、歩様もなんだか小さいような…。


レースは互角のスタートから、またいつものように最後方まで下がるのかと思って見てたら、案外下がりませんでした。


ディバインくんが先手をとりレースをひっぱり、ガリーは後ろからは後ろからでしたが思った以上に追走していました。


「おっ!成長してるか?」とも思いましたが、ハロン棒でラップみてみると、かなりのスローペースのようです。

「なるほど、そういうことね」


ガリーの行きっプリが改善されたわけではないのか…

結果は2,42,9で上がり3ハロン34,5。でディバインくんが見事優勝!


ま、ガリーの位置からでは33秒の鬼脚炸裂でもしなきゃ勝てるレースではありません。てゆうか突き放されてるしぃ♪


しかし9着とはいえ5着あたりとはそう差のない競馬をしているので、久々、10キロ減、等々を考えるとそんなに悲観した内容では無いように思いました。ないようではないよう…ププッ


調子が上がってくれば、掲示板にはのってくれそうです。


頑張れガリー!

2009年6月16日 (火)

今週の近況

今週のマイホースの近況です。

トライアンフマーチ

クラブコメント
『周回と坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。

「この中間から乗り出しています。現在はグリーンウッドの厩舎長が乗っていますが、状態は変わらずいいと言っていましたよ。馬の雰囲気自体も上々ですし、この調子で調教を積んでいきます。今のところ具体的な予定は聞いていませんが、場合によっては夏場に使うことも選択肢にあるようなので、対応できるように取り組んでいきます」(GW担当者)』

カルカソンヌ

クラブコメント
『屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター1200mを行っています。
「乗り出した後も疲れを感じさせることはなく、じわじわペースを上げることができています。軽めのキャンターではありますが、覇気が感じられます。この分なら理想的な形で負荷を高めていくことができるでしょう。馬体重は482キロです」(空港担当者)』

マーチもカルも乗り運動を開始したようです。


カルは多分秋までお休みでしょうけど、マーチはやっぱり夏場に使うのかなぁ?
確かに菊花賞以外の路線なら古馬混合になるから、賞金加算しないとですもんね。
それとも元々角居厩舎って、あんまし山元とか北海道とかに長期放牧出さない厩舎なのかなぁ。

まぁここは天下の角居先生にゼンプクの信頼をおくとします。


よし神さまのお膝元、山元トレセンで休養中だったキャトルマン。よし神さまのパワーをフル充電したようで、いつのまにやら美浦に帰厩してました。
(-人-)アリガタヤー


でも宮城は恐怖の大王、三毛神さまのお膝元でもあるんですよね…
((((;゜Д゜)))ダッシュツカ!


どちらにしろ、これでまたまた二頭が動きだしましたが、北海道と関東なので、まだまだ僕が忙しくなることはなさそうですね♪


\(*^▽^*)/クラブコメント転載はキャロットクラブの許可を得ていまーす

2009年6月15日 (月)

にさいば

にさいばの近況が更新されました

カドデュソレイユ

現在492キロ

クラブコメント
『右前球節に治療を施した後は順調に乗り進めることができ、現在は屋内坂路でハロン18〜20秒のキャンター1本を行っています。元気いっぱいに登坂することはできていますが、体質がまだしっかりしたとはいえないため焦らずじっくり進めています。脚元は安定しているものの念には念を入れて午前午後と1日2回のケアを行うなど細心の注意を払っています。併行してゲート練習を行っていますが、入り・駐立ともに何ら問題なく、今後もスムーズに進めていくことができそうです。』

インペリアルマーチ

現在526キロ

クラブコメント
『乗り運動を再開してからは右飛節の状態に後退は見られず、徐々に負荷を高めることができています。現在は屋外周回コースでハロン17〜18秒のキャンター2000mを行っています。右飛節の状態を考慮し、周回主体のメニューを組んでいますが、幸いなことに状態が悪化することはありません。休養を挟んだ分、走りに重たさがありますが、運動を継続していけば解消する程度のものなので心配は要りません。今後も脚元の状態を見ながら乗り進め、適切なタイミングで坂路入りさせたいと思っています。』

今週からいよいよ新馬戦が始まりますね♪
来年のクラシックを目指してにさいばたちが続々デビュー。

正直、僕は新馬戦が大好きです♪パドックなんかむちゃくちゃだし、一列に並んで入場。みんなで一緒に返し馬もなんかかわいいですよね♪


とにかくみんな無事にゲートに入れ〜。そして真面目に走れ〜。そして無事に帰ってこい〜。てなもんです。

一口始めてから、この瞬間までの苦労や一喜一憂などを知りました。だからこの舞台に立てるってことが、どんだけ嬉しいことかも。

馬券的にも、パドック眺めるだけで買えるから楽だしね♪


それはそうと、マイにさいば。やれ球節だ、やれ飛節だとやきもきさせてくれますが、まだまだ急ぐ時期でもないので、秋を目指して、しっかり治して欲しいですね。

2009年6月14日 (日)

ガリー復活っ!!!…カモ

未勝利勝ち以来休養していたガリーくんが20日の札幌競馬、積丹特別(芝2600m)に特別登録しました♪

こんな長い距離大丈夫?てゆうか、いくら牧場で乗り込んでたとはいえ、いきなり特別って大丈夫?500万ですよ!今週から降級馬もいるんですよ!なんて思ったりもしますが、ま、関係者がオッケーいうならオッケーなんでしゃう!

まだ、決定じゃないけど、出たら出るからにはがむばってちょーだいませ!

イタタタタタタ

今日はお家でだらだら競馬しています。

さっきの中京6レース。2番から5、11、16、17、18へ三連複で流したら、11、17、18がきて15万もついてたよ〜!

ボックス買いしときゃ良かったよぅ…

かなりやる気が無くなりますた
(;>_<;)

ちなみに現在完封されてます。

2009年6月 9日 (火)

今週のマイホース近況

近況といっても、現在みんな仲良く放牧中('◇';ゞ

書くことがありません。
とりあえずみんな順調です。


10日に栗東に帰厩予定だったガリーも阪神で会えるかな♪っと楽しみにしていましたが翌日に函館競馬場へ移動とのことです!あらまぁ…( ´△`)

でもマーチは近々乗り運動開始しそうで、秋までおやすみではなさそうな予感。
たしかに3000mの菊目指すのでなければ賞金欲しいところですしね。なんだかんだ言っても、まだ1勝馬ですもんね。

ウオッカ姐さん有り余る賞金わけて下さい。
( ̄∇ ̄*)ゞムリカッ

2009年6月 8日 (月)

密かな大人な趣味

実は僕、密かにこんな趣味があるのです。


それは

(/o\)キャッ


ミニカー集め!


しかもバイク!


なんでバイクかと言われるとなんででしょう?
免許持ってる訳じゃなし、高校の頃、原付乗ってただけだし。
友達がみんな大きいの乗ってたから憧れはあったんですけど、お金がね。

あと、多分、バリバリ伝説とか、あいつとララバイとかのマンガ読んでた影響かな。


とにかく未だにバイクってカッチョエエなって思うのです。


かといって本物は無理だし、プラモはちょっとめんどうだし…


と思っていたら、去年フラフラっと覗いたキッズランドのミニカーコーナーで、Z2のミニカー発見!
迷って迷ってゲットしたのが最初でした。


そして、昨日数千円勝ったことですし、ぼんやりしていて売り切れると再入荷って無いらしいので今日ゲットしますた!
買ったのはWIT'S製GSX1100S刀です。1万位しますた!




これでコレクションは4台目!
過去の3台は気が向けばおいおい公開します。


こいつはウオッカ号と名付けよう

あぁカッチョエエ
(* ̄。 ̄*)ウットリ

2009年6月 7日 (日)

安田記念

安田記念で久しぶりに馬券があたりました。

買い目は
ウオッカ→ディープスカイ→④⑨⑪⑬⑯⑱!

だけのはずが、気の弱い僕は1、2着逆パターンと、ウオッカからの馬連、馬単流しを押さえて勝ちが少なくなるというちょっと情けなーい結果でした。


しかし、ウオッカ姐さん強い強い!


マーチくんが調教で一瞬にして置き去りにされたときの破格の瞬発力を見たあたりから
『なんか今期のウオッカはまじで凄いぞ(;゜0゜)』
って思ってました。

なんか去年秋の天皇賞勝った時よりもはるかに強いってゆうか充実してるってゆうか…。とにかく絶好調って感じがします。


テレビでみたパドックも、とにかく素晴らしい♪もはや芸術的です。


前走、牝馬どうしで、大楽勝!
そして今回、先に後輩ダービー馬ディープスカイが抜け出したとき、まだ前が壁になって全く追えず…しかも前が開いてからも一瞬超口向き悪しで追えず…でも前向いた瞬間から抜き去るまでは一瞬でしたね♪
着差以上の楽勝でした。


これで史上初の10億円牝馬。そして史上初のG16勝牝馬の誕生です。

ウオッカ姐さんファンとしてはとっても嬉しい日となりました。
先週のマーチくんの無念をウオッカ姐さんが少し晴らしてくれた気がしました。


大好きなウオッカ姐さんへ。
これからも出来の悪いかわいい後輩マーチくんをよろしくお願いします。


(追記…後からパトロールみると最後の直線ウオッカ左右からボコボコによられてましたね。それを全部弾き飛ばしてました。その時のようすが口向き悪いように見えたみたいです。とにかく強いです!)

2009年6月 4日 (木)

東京競馬遠征記その4

昨日は眠くなって途中でやめてしまいました。
決してネタひーーーっぱろうというわけではありましぇん。
( ´艸`)


いよいよ第76回東京優駿のスタート!
マーチくんは少しのびあがるようなスタート…あらっと思いましたが、どうやらそのまま控えるのではなく今回は前に出していくようです。

予定通り無理矢理ターフビジョンから馬場に目を移しました。
想像以上のすごい光景♪
ダービー馬を目指す18頭が一団となって、こちらに向かってまっすぐ駆けてきます。

『うぉー!マーチ!マァァァァチィィィ!』

マーチはどうやら中段前目のポジションをとったようです。

ドドドドドッて18頭が目の前を通りすぎて行きました。
次に目の前に来るときは第76代ダービー馬が決まっています♪


『うぉー!マーチ!マァァァァチィィィ!いけぇぇぇ!』


もうそれしかありません!

1000通過59秒9と、この馬場にしては恐ろしく早い時計でジョーカプチーノがぶっ飛ばしていました。

なので実質の逃げは離れた2番手のリーチ、その直後にロジがつける展開でした。

このあたりでマーチは外外をまわり、中段から少しポジションを上げようとしているようでした。


『うぉー!ムァァァァァツィィィィ!勝ちに行くやんか!王者の競馬やんか!いっけぇぇぇ!』
とテンションがさらに上がりました!


残り600辺りから集団が逃げるジョーカプチーノを捕まえ、マーチくんも先団直後に上がって来ています!

『うぉー!モァァァァァァチュゥィィィィィ!』

一瞬、夢を見ました。

このまま馬場の真ん中から先頭に立ち…そして栄光のゴール…

うん、確かに一瞬夢を見ました。

でも現実にはマーチには、もう脚は残っていませんでした。

後ろを振り返りながら、ズルズル後退していきます。
はじめてみる完全に力尽きたマーチの姿にショックを受けました。
直線まるで声だせず、必死で馬群の中に見失ったマーチの姿を探していました。
遠くの方で『…ロジユニヴァース…ロジユニヴァース…』と場内アナウンスが連呼する声が聞こえていました…


ドドドドドドッっと一団が目の前を走りさっていきました。
僕はまだマーチの姿を探していました…


結果が結果なのでショック半分でもなんだかさっぱりした気持ち半分。不思議な脱力感でいっぱいでした。
いい夢をみたよってかんじでした。


ダートコースからみんなと一緒にマーチが帰るのを見届けた頃、ただ一頭、芝コースから生まれたてのダービー馬、ロジユニヴァースが帰ってきました。


やはり関東でのノリ騎手の人気というか信頼というか絶大ですね♪
場内大盛り上がりで、ダービージョッキーとダービー馬を目一杯の祝福で出迎えていました。


僕のいるところを少し過ぎたところで、ノリ騎手がロジをとめスタンドに向かって帽子をとって頭を下げました。

なんだかとっても感動的でした。


こんな感じで僕のダービー初体験は終わりました。


敗因については、距離、馬場、気性、経験、いろいろあると思います。
ただマーチだけへこんだのならショックですが、結果からいうと、皐月賞1、2着、朝日杯1、2着、マイルカップ1着が全員へこみました。


とにかく皐月賞とダービー。展開から時計から着順から、なにもかもが真逆の結果なので、この一戦でダービー上位組にはもうかなわないとも思いません
でもこの日の条件の中ではロジは圧倒的に強かったですね。


とにもかくにも、ここまでこれたこと、夢を見せてくれたこと。

角居先生や厩舎関係者のみなさん。クラブのみなさん。ハセさん、よしさん、三毛りん、パケさん、師匠はじめ応援してくれたお仲間のみなさん。そしてなにより、ここまで頑張って僕をダービーまで連れてきてくれたマーチくん。
本当に感謝感謝です。
\(*^▽^*)/ミンナアリガトウ!

レース後クラブコメント
『31日の東京競馬では中団やや前めの位置につけ、直線で先行馬を捕まえに行こうとするが最後は失速し14着。

「今日はごまかしなしの2400mの競馬をしました。
ダービーはそういう競馬をしないと勝てないレースですからね。道中はスムーズに運べていたし、思い描いたとおりの競馬ができました。最後は一杯になってしまいましたが、勝ちに行く競馬をした結果なので悔いはありません。
馬場悪化で特殊なレースになりましたし、今回だけでは距離などの適性に関しては判断できないと思います」(武幸騎手)

「前走後の疲れをしっかりとってキッチリ攻めて仕上げましたから状態は良かったと思います。また、直前の豪雨で馬場が悪くなってしまいましたが、この馬は後ろ脚で体を支える走法なので、こういう馬場は合うと思っていました。
道中の感じも悪くなかったですし、頑張ってくれたと思います。ジョッキーも言っていましたが、勝ちに行った分だけ直線は一杯になり、最後は歩いてしまいました。
未勝利勝ちからここまで成長をしてくれた馬ですし、まだまだこれから良くなる馬ですから、更なる成長を促したいですね。
これだけ悪い馬場を走った後ですから、多少なりとも疲れはあるでしょう。レース後の状態をしっかり見てあげたいと思います」(角居師)

粗削りな部分が目立ったデビュー戦から数カ月。ダービーに出走するまでに成長してくれました。
まだまだ心身ともに成長の余地を残している現状から、今後も大きな期待がかかります。
まずはレース後の状態をしっかりチェックしてから、今後の方針を決めていきます。』
クラブコメントはキャロットクラブの許可を得て転載しています
\(*^▽^*)/

東京競馬遠征記その3

いよいよダービー出走馬たちがパドックに入ってきました。

いつもなら僕なりのパドック印象書くところですが、ぶっちゃけ遠すぎてわかりません…
('◇';ゞアチャ〜

それでも無理矢理(笑)

遠目に見たマーチは2人びきでも、入れ込む様子はありません。でも尻尾フリフリはあいかわらずでマイペースです。
とりあえず、あんなにハードな調教してプラ8キロ、きっといい感じでしょ!
絶対そうに違いない!

皐月賞とまるで違ったのがロジ。あんなにボケッと歩いていた馬が最初は少し暴れ加減でした。


そうこうしているうちに、またまたなんか腰が痛くなってきたので、パドックを振り切り早めに馬場に行くことにしました。


予定通り1コーナーの最前列をキープしました。


待つこと十数分、先入れの馬が二頭ばかし入ってきた後、誘導馬の姿がターフビジョンに映し出され

あの『テェ〜テケッテッテッテッテッテェ〜♪ダァッ♪ダァッ♪ダァッ♪』です。

沈んでいたテンションが一気にマックスにはねあがりました!

そりゃそうですよね!これを夢みて、このためにここまで来てるんですもん。
(≧ ≦)Ωウォ〜ッ

返し馬、何頭かはこちらに来たんですが、肝心のマーチはあっさり向こうへ走り去ってしまいました。

でもその姿を見て、あのマーチが!もしかしてこの子アホ?ってデビュー戦いわれたあのマーチが!ついにダービーの舞台のターフを駆けてるんですよ!
ちょっと感動しちゃいました。


その後、麻生総理がターフビジョンに映し出されちょっと場内盛り上がり、そして真打ち!紋付き袴姿のさぶちゃんの登場により場内のお祭り気分は一気にマックスに!


ダービーを見計らったかのように、いつの間にか雨もやんでいました。


そしていよいよ運命のゲートイン!


眠いので明日につづく
(/0 ̄)ゴメンネ

2009年6月 2日 (火)

東京競馬遠征記その2

遠征2日目!

いよいよ来ましたダービーデー!
気合いの6時起きでしたが、うっかり二度寝してしまい、朝ごはん食べる時間無くしてしまいました。

今回のホテルは朝ごはんついてませんでしたが、宿の下にモスバーガーが入っていたので、朝食べよって思ってたのに…無念…


9時前には競馬場につきました。とりあえず座席ないかなと思いぐるって回ってみましたが、空いてるように見えた座席も全部新聞などで占領されて空きはどこにもありませんでした。これまた無念…。みんな早い!


まぁ、どうせうろちょろするからいいや♪って思い、まずは身軽になるために手荷物預り所へ。
荷物から解放され、さぁ競馬場満喫するぞ!って状態です。

1レースまでまだ時間があるので、ブラブラしていると、同じような赤いタオルを首に巻いた人をよく見かけました。
僕も!って思いとおりがかりのダービーグッズ販売ブースへ!みんながしていたのはダービーマフラータオル。僕もゲットしました。
くじがついてたので開けてみると、なんとB賞Tシャツが当たりました!やった!と思いましたが、よく考えるとさっき荷物を預けたばかり…これで手ぶらのはずが1日、袋をプラプラぶら下げて過ごすはめになりました…
(・。・)アリ?


とりあえず予定通り午前中は馬券買って過ごすことに。
結果は馬連なら当たってたのに〜の連発。
しかも結構な配当…

どうも流れがちぐはぐです。
('◇';ゞアリリリリ?

なので、早めにお昼を食べることにしました。
お昼はおにぎりと前々から興味があった関東風うどん!

はい、きつね!といって出されたうどんをみて…

『な、な、な、なんじゃこりゃ!!』

想像以上の汁の色の濃さにかなりビックリしました。もはや違う食べ物みたいです。

おそるおそる食べると汁の色から想像する辛さはなくぜんぜんオッケー!おいしくいただきました。

そして、正門前にいた馬を眺めてたりして5レースパドックまで時間をつぶしてました。

この正門前の馬のいるところがまた広い!馬も少し駆けたりしています。
『さすが東京!こんなところまで広いのか!』
と感心しながらも、よく考えれば、京都も阪神もぜんぜん場所余ってるんだからこれくらい広くしてあげればいいのにと思いました。

パドック行く途中、テレビの収録をしてる、すだたかおを見かけました。テレビで見るのと同じでした。隣に綺麗なお姉さんもいましたが誰だっけ?


そんなこんなで5レースパドック。
『これみたら内馬場行ってみよ♪』思いながら最前列でパドック予想…


しかし

ポツ

ポツ

ポツポツ

ポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツ!

『ヾ(>y<;)ノうわっ雨降ってきたよ!』

建物内に避難完了したころには本降りになっていました。

『そんなせっしょうな…』
せっかく東京まで来て雨降りとは…

『頼むから早くやんでくれ』
と思えば思うほど雨は激しさをますばかり。
しゃれにならんくらいのどしゃ降りになりました。

傘なんか持っていなかった僕にはもうお手上げです。
もはや内馬場なんてもってのほか、どこにもいけず、パドックさえも行けないので馬券買う気にもなれず。

みんなが建物に避難してきたので建物内はごったがえし。ちょっと移動するにもえらい面倒くさい。

立ちっぱなしなので腰がだんだん痛くなってくるし…非常階段みたいなとこのすみっこで座って時間をつぶしていました…

『(;>_<;)こんなの楽しくな〜い!』

1時半をまわり本来ならそろそろパドック確保しに行く時間なので外の様子を見るために少し移動しましたが、激しい雨は降り続いています。

馬場状態も稍重→重→不良へとあっちゅう間に変化していきました…僕の気分も稍重→重→不良へと変化していきました。

『皐月賞は楽しかったなぁ…』とか考えながら、やっぱり階段のすみっこを見つけて座っていました。
さっきのすみっことは違うのはパドックがよく見えるすみっこなのでした。
もうこのあたりでパドックみようと半ば開き直り、ダービーを待っていました…。

『こんな道悪マーチ泥が顔にピシャピシャ当たって走るの嫌になったりしないかな?
てか、ロジ頭の馬券買いたそかな…いやいや…それはいかん!
他の馬が苦にする分マーチ勝つかもしれん!
うぉーマーチ勝ったらどないしよ!
マーチィィィ〜!』
なーんてことを思いながら

そうこうしているうちに日本ダービーに出走する各馬が入場が近づいていました♪

この時僕はマーチが失速するなんてシーンは想像すらしていませんでした
( ̄q ̄)ウツラウツラ

つづく

2009年6月 1日 (月)

東京競馬遠征記その1

ダービー出走のマーチくんの応援に東京競馬場に遠征してきました。

当然初の府中です。

前回中山遠征の時は土曜日の夕方に『行くっ!』って決めたんですが、今回は皐月賞終わった瞬間に『行くっ!』って決めてました。
いや、一口生活始めた時から決めていましたと言ったほうが正解かも♪

ですが…

5月の始めに腰を痛め、追い打ちをかけるようなインフル騒動!
行くよ行くよと口では言ってましたが、内心ほんとに行けるのか?とビクビクしてました。


幸いインフル騒動も下火になり、腰の痛みもなんとか我慢できるかな…って状態になったので出発を決めました。夢のダービーだしね!


そこから宿を探しましたが、競馬場界隈ではもはや空き部屋はなく、結局、宿は国分寺という街でとれたのですが、僕としてはあいかわらず『国分寺ってどこ?てか府中ってどこ?』からはじまります。


みんなに聞いてまわったところ、だいたいは品川、新宿経由府中競馬正門前ルートか東京国分寺ルートを教えてくれたんですが、東京在住のお友達が、『新横浜府中本町ルート』という聞きなれない新たなルートを教えてくれました。

結局新横浜ルートで行ったんですが、いつも東京駅でプチ迷子になる僕としては、これがなかなか便利でして、キーワードは乗り換え駅の菊名と武蔵小杉のふたつ!後はどちら方面行きさえ間違えなければでしたから。
しかも菊名方面とか武蔵小杉方面って駅名がバッチリ出てたから迷うことなし!楽チンでした。

東京駅経由はいろんな線があるので何線とか何行きとかどこどこ方面とか色々考えないといけないし、そのために路線図眺めてる間に結構電車が行っちゃうんですよねぇ。
('◇';ゞ

でも横浜ルートのおかげでスイスイとすすみ3時前に府中本町につきました。

そのまま乗り継ぎすれば、国分寺方面にいくのですが、宿に行くにはまだ早いので、競馬場に行くことにしました。


府中本町駅から競馬場までは、屋根つき歩道で一本でした。
途中からすでに明日のダービーに備えて徹夜組が並んでいました。でも門はまだまだ先のようです。

『一体どこまでならんでんねん!てゆうか何時からいてんねん!』

あまりの徹夜組の長さに驚きました。
大阪ではめったに行列見ないですからね!


そんなこんなで歩くこと5分…いやもうちょいかかったかな?競馬場の門にたどりつきました。


いよいよ競馬場にはいると…

『うぉー!なんじゃこりゃ!』

目の前にどどーんと直線が開けています!
僕が着いた入り口は、1コーナー側から入ってくる感じなんですが、その1コーナーから見る景色は京都や阪神では馬場解放がない限りみることができない真っ直ぐ正面から直線が見通せる景色です。


『これが府中の直線600mか!』
『あれが府中の坂か!』

と思いながらも、でもいまいち馬場の大きさがピンと来ません。
確かに見慣れた阪神も直線500ありますが…。

でも、違和感の原因はすぐにわかりました。
スタンドです!スタンドがばかでかいのです!圧倒的な大きさです!

これこそなんじゃこりゃ〜でした。

そんなこんなで1コーナーでうろちょろしていたら、ちょうどレースが発走だったので、ちょっと見てみることにしました。


ダートのレースだったんですが、それでも坂下から頭が見えはじめ、そして横いっぱいに広がって真っ直ぐ馬がかけてきます。

『す、すごい光景ぢゃ!』
コマーシャルとかでしか見たことない光景でした。
大きなスタンドの大きな屋根に響いて歓声もすごいです。

『うぉー!芝のレースも見てみたい!』と思いましたが、どうやらこの日はもう芝レースはなさそうなので、『明日のダービーはここで見よう♪』と思い、他を探検しに行くことにしました。


その前にもうひとつの違和感…それは左回りです。
僕は右回りしか知らないので感覚が逆なんですよね。
あいかわらず慣れないエスカレーター左右逆くらいの感覚のズレがありました。


話を戻して、まずはパドック!
これが意外と見えにくい。1階?でみると階段状になってるところより後ろからでは見えない構造となっていました。見えるところまで来ると見やすい大きなパドックなんですけどね…


『こりは明日頑張って場所確保せねば!』


メインレースの馬券をちょっとだけ買って競馬場博物館に行きました。歴代の顕彰馬の絵や像が飾られていました。

大好きだったオグリもオペラもディープもちゃんとありました(当たり前か)

あと、昔からの宝塚記念のレープロが展示されていました。細長ーいレープロや今の半分くらいの小さなレープロがとっても懐かしかったです!

その後、トキノミノル像を探しに行ったり、ここほんまに競馬場?って感じの鯉のいる池みつけたり、競馬場探検を満喫していました。

そうこうしている間に5時前になったので、残りの探検は明日にしようと宿に向かうことにしました。

帰り際のターフィーショップで、皐月賞の時には完売していた、出走馬名前入りボールペンが売っていたので『こりゃ今買っとかなきゃ』と、お土産ように何本か買いました。


府中本町から国分寺までは2駅プラス1駅。そして駅の目の前に宿がありました。


駅に丸井があるような大きな駅だったので回りには食べ物屋さんもコンビニもあってとっても便利でした。

とりあえず、松屋で晩御飯をすませ、コンビニで新聞いっぱい買い込んで宿にもどりました。次の日の競馬場の予定を想像しながらドキドキワクワク状態でベッドに横になってました♪
『朝イチ行って、内馬場も行って、1時半にはパドック場所とり行って、レースはあの場所で、折角の東京競馬場大満喫してやろう!…あぁ中山は楽しかったなぁ!…あぁマーチ勝ったらどうしよう』なんて色々と想像を…


こうして1日目の夜はふけて行きました。


しかし、この時、僕はまだ大雨の接近に気づきもしていませんでした
(* ̄・ ̄*)…スヤスヤ


つづく

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »