« 速報 | トップページ | 中山競馬遠征記2日目 »

2009年4月20日 (月)

中山競馬遠征記1日目

今回の遠征は仕事が忙しくて最後までいけるかどうかわからず、『これは行ける!』ってわかったのはなんと前日の夕方!どうしようかと一瞬迷いましたが、やっぱし今から行かなきゃ後悔するって思い、必死で宿探し…と思いきや案外あっさり見つかりました♪


新幹線もすんなり乗れて午後8時過ぎには東京駅にいました♪

『僕もやる気になりゃできるやん』

しかーし、東京なんて過去二度、しかも仕事できただけなので、当然のようにここからが落とし穴にはまります。


親切なお友達の人に東京駅から中山競馬場のある船橋法典までの行き方は教わっていたんですが…急きょとった宿は船橋…駅員さんに聞くと乗る電車もなんか違うらしい('◇';ゞマジデ
堺と堺東みたいなもんか?早くも混乱しています

『ソウブセン?なんやそれぇ』
(;´д`)

駅で頭をかかえること約15分、ようやく路線図を見つけなんとなく理解できました。

『なるほどー。こっちがこう来て、こっちがこうくるのね♪』

ようやく総武線の駅にたどり着き、来ていた電車は成田行き…?快速…('_'?)

『しまった…どこ行き乗ったらいいのか見るの忘れた…てか、快速って船橋止まるの?』

電車は発車寸前だったので、とりあえずやり過ごし、ちょっと調査…。その間にまたホームに電車が…でも誰も乗らない…発車もしない

『…はて(´・ω・`)?どないなっとるの?』

頭をかかえること約5分…とりあえずその次に来た電車に乗ってみました♪


これが正解!なんか来る電車はすべて快速のようです。


無事船橋にたどり着き、駅を出て携帯で宿の地図をみると…

『ええと…全くわからん!』

まわり大きな建物だらけで現在地、方向、等々全く状況がわかりません!

『えらいこっちゃなぁ…とりあえず駅員さんに聞こう』

と思い、その前にとりあえず一服
Oo。.(^。^)y-〜

その間にためしに携帯のGPSアプリ立ち上げてみると、なんとはしっこに宿の名前が!

『ラッキー!見っけ!』

というわけで、宿に着いた頃には午後9時半をまわろうとしていました…。


急きょ予習なしに行ったのでえらい時間がかかってしまいました。


翌日は初中山競馬場!ちょっと不安ですが、新たにお友達から船橋から船橋法典への行き方も伝授してもらったし、なんとかなるでしょうということで慌ただしく1日が終わりました。


ちなみにこの日すでに2回エスカレーターの罠にはまっています。

『なんで東京左側止まってんの!普通エスカレーターは止まる人は右側で追い越しが左側やろっ』って大阪生まれ大阪育ちの僕は思うのですよ!
( ̄~ ̄;)ナゼギャクナノ?


つづく。

« 速報 | トップページ | 中山競馬遠征記2日目 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

愛知は左側が止まりで、右側が歩きです。東京と同じですね。

二日目の日記が早くみたいですo(^-^)o

ハセさん

愛知もですか!どこから変わるんでしょうね♪

2日目は多分前後編にわかれます!引っ張りますよ!

日本の真ん中から、すべて分かれているみたいです!

エスカレーター、うどん等のスープの色、いなり寿司の形等々ね!


地下道長かったでしょう(笑)


東京競馬場は東京競馬場線が走っているし駅と競馬場がすぐだからわかりやすいんですけどね〜

中山競馬場は遠いからね〜


さぁ次はダービーですね!


次は東京競馬場ですよ!


東京競馬場は広いですから気持ちいいですよ!

エスカレーターは滋賀県でわかれるみたい。いなり寿司もそうだったような。

よしさん

あぁ!2日目のネタを先に書いちゃダメですよぅ〜

地下道…ええ、長かったです。

東京競馬場線??またまた聞いたことない線の登場ですか…調査しなきゃ…。

よしさん
ハセさん

? (;゜ ゜)ノ?エッ
いなり寿司って違う形あるんですか?
もしや、ご飯の中にアゲさんかっ!まさかね?

タテジマ

いなりは俵型と三角(おにぎり型)の違いかな。愛知は俵のはず。

正確には京王競馬場線だったと思います。

いなり寿司はハセさんの通りです。

ハセさん
よしさん

なるほどー…そういや丸っこいですね。でも最近はコンビニとかで三角も見かけるような、見たことないような…

とにかく言えるのは、いなり寿司は大好物ということであります(`◇´)ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090989/29199580

この記事へのトラックバック一覧です: 中山競馬遠征記1日目:

« 速報 | トップページ | 中山競馬遠征記2日目 »